かがりチャンのクソブログ

<本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!>ストレス発散するためのクソブログです。他人の悪口を書いたり誹謗中傷することが大好物ですので、最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

星野源は、安倍晋三の政策を国民に浸透させることに貢献した。ミュージシャンもYoutuberも大本営発表を垂れ流すだけのゴミばかり。

令和2年(2020)の緊急事態宣言中、星野源が「うちで踊ろう」というクソ曲を発表し、ステイホームを呼び掛けた。

ヒカキンなどのUUUM所属のユーチューバーも、小池百合子と退団したり、大事な人を守ろうと言って自粛を呼びかける動画を製作した。

なんで日本のミュージシャンや芸能人は、こうも政府の命令に忠実に従うのだろうか。

奴らは政府の命令の拡散・宣伝に協力しているだけだ。

こういう姿勢はロックでもなんでもない。ただの政府の犬である。

星野の動画に安倍晋三がのっかり、ステイホームを呼び掛ける動画を製作したところ、星野のファンは「政治利用するな!」と安倍を叩いた。その様子を見て私は失笑してしまった。

いや、星野の方が、安倍の呼び掛けたことをわざわざ歌にして、宣伝に協力してあげているじゃないか。安倍はここぞとばかりにそれに乗っかっただけ。つまり、星野は安倍政権の政策を補強しているのであり、政府の命令に従いなさいと歌っているのだ。

星野がどう考えてあの歌を製作したのかは知らない。しかし、いずれにせよ、星野は安倍の政策を国民に浸透させることに貢献した。コロナ騒動を大きなものにしたA級戦犯のひとりにあげていいのではないか。

戦時中も、芸能人や文化人が大東亜戦争完遂を訴え、政府に協力した。

藤田嗣治戦争画を描き、横山大観は絵の売上金で戦闘機を献納したし、宝塚歌劇団国威発揚をテーマにしたミュージカルを演じ、円谷英二は戦争映画の特撮を担当し、政岡憲三瀬尾光世は戦争アニメを制作し、仁科芳雄湯川秀樹は原爆の開発に関わった。

みんなみんなみ~~~~~~んな揃って、戦争に協力していたのだ。

そして、現代もそれとまったく同じことが行われている。星野源はコロナ禍において、国策にもっとも協力した文化人の筆頭と言えよう。

もし北朝鮮がミサイルを東京に落とし、戦争が始まったら、ミュージシャンやYoutuberはどうするだろうか。

北朝鮮をぶっつぶせ!」

「戦争に協力しよう!」

「銃後の守りを固めよう!」

「ぜいたくは敵だ! 自粛しよう!」

・・・こういうテーマを歌にしたり、動画にしたりして、広めようとするに違いないのである。

 

うちで踊ろう

うちで踊ろう

  • 発売日: 2020/05/07
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

エピソード

エピソード

  • アーティスト:星野源
  • 発売日: 2011/09/28
  • メディア: CD