かがりチャンのクソブログ

<本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、他人の悪口をはじめ最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

社民党や日本共産党はトップをそろそろ替えろよ。

社民党が分裂するそうです。

といってももはや議員も党員もほとんどいないようなゴミみたいな政党なので、分裂したところで政局に与える影響はゼロに近いでしょう。

というかゼロですね

前身の社会党野党第一党だった時代があるなんて、現在の惨状を見ると信じられないですね。平成元年(1989)の参議院議員選挙土井たか子が「山が動いた」という名言を残し、マドンナ旋風が吹き荒れたほど、かつては勢いがあった。

まあこのときは自民党が消費税導入で叩かれまくり、リクルート事件などいろんな事件をやらかしまくっていた状況だったので、マグレで勢いを得てしまったのかもしれませんけど、とにかく勢いはあった。

今では瀕死の状態です。

なんでこんなに急激に勢いを失ってしまったのでしょうか。

学生時代に全国模試でトップをとったこともあるというお勉強が死ぬほどできる東京大学卒の福島瑞穂大川隆法大先生のイタコ芸で茶化されまくっていますが、今回の分裂劇で身内からも批判されています。

そして、彼女は平成15年(2003)からトップの座についているんですね。なんと17年間もトップが替わっていないのだ!!

なげーーーーーーよ!!!

これは日本共産党にも言えることで、志位和夫は平成12年(2000)から委員長の座にあります。こっちはなんと20年間!!!!

ありえません!!! 長すぎます!! あと5年で四半世紀ですよ!!!!

菅義偉が総理大臣になったときに、安倍晋三の劣化版コピーだと叩いているバカ左翼がいましたが、社民党日本共産党はコピーどころかずっと変わっていません。しかし叩かれない。まあそれだけ存在感が薄れているのかもしれませんし、左翼は基本的に自分たちに甘いので見て見ぬふりをしているのでしょう。

仮にどんなに魅力的な政策を打ち出しても、トップが替わらないと有権者は新鮮味を感じません。さらに、ジジババがトップにいるようでは、若い世代はなおさら魅力的に感じないでしょう。

なにより、福島瑞穂にせよ、志位和夫にせよ、党勢がまったく拡大しないどころか衰退しているのはこいつらのせいであるはずなのに、まったく責任を取ろうとしないのです。

まさにA級戦犯であるはずなのに、一向に更迭される気配はないし、権力を手放そうとしない。どこまでゲスくて権力欲にまみれた連中なのだろう。

責任を取らない。

冷静に組織の現状を分析できない。

辞めない。

典型的な、他人に厳しく自分に甘い人間だし、そういう甘い組織です。

こういう人たちが与党を批判する資格などあるのでしょうか。まずは自分たちがトップの座を降り、若い世代に道を譲るべきでしょう。そうしなければいつまで経っても人材が育ちません

 

日本共産党 噂の真相

日本共産党 噂の真相

  • 作者:篠原 常一郎
  • 発売日: 2020/09/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
日本共産党(新潮新書)

日本共産党(新潮新書)