かがりチャンのクソブログ

<本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、他人の悪口をはじめ最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

日本学術会議には研究者としてオワコンのジジババしかいない。

スガッチ日本学術会議に6人の研究者(私はこの人たちがどんなに凄い人なのかぜんぜん知らない)を任命しなかったということで、野党が文句を言っていますが、この件、マジでどうでもいいですね。

さらに言えばモリカケ桜を見る会もマジでどうでもよくて、野党がこのレベルのしょーもないことを未だにブーブー言っているあたり、本気で彼らが政権を取る気がないということがわかりますね。

野党でいる方が楽だからね。給料も出るし。

さて、日本学術会議とはそもそもどんな組織なのかというと、要は研究者としてはオワコンになっているような年齢の老人たちが、権威と、名誉が欲しくて、居座っているような組織です。

ここで何か具体的な研究が行われているわけでもありません。よって、学問の自由を侵害しているなどと言っている日本共産党志位和夫や、それまで日本学術会議の人事なんて1ミリも興味なかったくせに急に騒ぎ出しているプロ市民の指摘も、ことごとく誤りです。

こんな組織に6人が任命されなかった程度で、学問の自由が侵害されていることにはつながりません。

むしろ、日本学術会議の会員が内々で決めた人事を、今まで総理大臣が何も異論を唱えずにぜんぶ認めていたわけです。この方がはるかにヤバいと思います。

私は、日本学術会議が若手で第一線で活躍している研究者で組織されているなら、まだこの組織は重要だと思えますが、研究者としてオワコンで、むしろさっさと引退して余生を過ごしてほしいような連中しかいないからね。

そんな連中が上に立って牛耳っていることが若手が育たない最大の問題です。

そういう連中がいつまで経っても退かないから、若手研究者が出世できません。なかなか教授職になれなくて、ブラックな働き方を強いられているのです。学問の自由を語るなら、若手に道を譲ることの方が賢明です。

日本学術会議は組織として何の意味もなく、国民の生活を豊かにしてくれるものでも何でもありません。ぶっちゃけ要らないので、さっさと解散してほしいものです。