かがり美少女の中の人のゴミのようなクソブログ

<本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、他人の悪口をはじめ最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

【謎ルール考察】正規店で時計を買ったことを、なぜツイッターに書いちゃダメなのか?? 意味わかんないですけどw

▼店名を載せると迷惑なのか?

「手に入れにくい時計を正規店で手に入れたけど、ツイッターにUPしたら店に迷惑ですかね?」

何人かから、こう相談されたことがあります。

エッ? どうして? と聞き返したら、理由は「お店に迷惑がかかるかもしれないから・・・」と言われました。

あまりにこの質問が一時期多かったので、発生源を調べてみました。すると、そう話す人はほぼ100%、ロレックスのデイトナなどのスポーツモデルを探し求める、デイトナランナーのツイッターやブログを見ていることがわかりました。

ある人は、「デイトナランナーは嫌い」と言っているのに、デイトナランナーを過剰に意識し、ツイッターを何度も何度も見返し、ある種の嫉妬(なんで俺には売ってくれないんだ!)のような感情を抱いていました。

そりゃ、それだけ何度も見たら影響されないわけがありませんね。笑ってしまいました。

 

▼他の時計界隈では聞かないルールだ

私は、「正規店で買ったことを言っちゃダメ」という謎ルールは、デイトナランナー界隈をきっかけに広まったものだと考えています。

というのも、他の時計界隈ではまず聞かないルールだからです。

オーデマピゲのロイヤルオークやパテックフィリップのノーチラスのステンレスモデルも最近買えなくなってきているので、その界隈の一部にも飛び火しているようです。しかし、ロイヤルオークの時計の場合は「ヨシダ」と「直営のブティック」でしか事実上買えませんし、ノーチラスは一見に売らないので、そもそも隠す意味がありません。

ロイヤルオークやノーチラスに関して、店名を書かないようにしている人はもともとデイトナランナーだった人が多いです。

したがって、買えた店を書かない…というのはデイトナランナー界隈、特有のルールなのです。

 

デイトナランナーに影響を与えたもの

 デイトナラソンなるものは、それまでは細々と行われているものでした。ところが、ランナーの急激な増加を招くほど影響を与えたのは、FASHIONSNAP.COMというサイトで連載されていた、「デイトナラソン日記」という記事です。

 

記事一覧 - デイトナマラソン日記 FASHIONSNAP

 

この連載が与えた影響は非常に大きかったと思います。それまで「デイトナなんて正規では絶対に売ってくれない」と都市伝説的に考えていた人が、「買えるんだ!」とわかった途端、一斉にデイトナラソンを始めたのです。

その後、ツイッターで「デイトナは正規店で買えるか?」さんという方がデイトナラソンを開始しました。この方のツイートのスタイルは、後続のランナーにも影響を与えています。

デイトナは正規店で買えるか?さんが広めたツイートのスタイルは、以下の通りです。

・行った店(つまり買えなかった店)の店名は書く

・その店が何軒(回)目なのかを書く

・買えた店の名前は書かない

この方も苦労の末に買えたため、ランナーが雨後の筍のように生まれることになったといえます。

そして、「買えた店(正規店)の名前を書かない」というスタイルを後続のランナーもとったことによって、いつの間にか広まったのでしょう。どんな分野でもそうですが、後続の人は先駆者のスタイルに倣いますデイトナランナーも然り、ということですね。

 

▼むしろ店名を書いた方がいいのでは?

さて、買った店の名前を書くと、本当に店に迷惑なのでしょうか。店員に、確かめたことがある人は、まずいないと思います。みんな、暗黙の了解のような形で、店名を書かないようにしているのです。

特にデイトナランナー界隈は横のつながりが強く、ツイッターでもランナー同士で相互フォローし合います。そして、5ちゃんねるの時計・小物板で叩かれたり炎上したりすることも多いため、界隈のルールから外れた行為をしたがらない傾向があります。

もし店名を報告しようものなら、コロナ禍の中でマスクをしていない人みたいに袋叩きにされるでしょう。

そもそも、デイトナラソン自体が迷惑行為である、ということに誰も触れないのが不思議なのですが。

店名を書かなかったところで、あるロレックスの正規店には1日あたり200件以上のもの電話がかかってくるそうですし、ランナーもひっきりなしに訪れます。既に、充分に迷惑が掛かっているといえます。

こんな状況下では、むしろ店名を積極的に書くことで「買える店と買えない店をはっきりさせる」方がいいのではないか、とすら思います。そうすれば、外商にしか人気モデルを販売しない店の負担は減るでしょう。隠すことでかえってマラソンを加熱させ、店に負担をかけているように感じます。

 

ゼロからわかるロレックス 3 /改訂版 (CARTOPMOOK)

ゼロからわかるロレックス 3 /改訂版 (CARTOPMOOK)

  • 発売日: 2020/08/31
  • メディア: ムック