かがり美少女の中の人のゴミのようなクソブログ

<本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、他人の悪口をはじめ最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

日本政府は、『鬼滅の刃』の作者と集英社に勲章を贈った方がいい

▼記録的ヒット作『鬼滅の刃

鬼滅の刃』の記録的・歴史的なヒットが続いています。

コミックスは累計1億部を突破。映画もわずか10日で興行収入100億円を突破しています。

 

鬼滅の刃 22 (ジャンプコミックスDIGITAL)

鬼滅の刃 22 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

ローソンやJRをはじめ、大手企業とのコラボも凄まじい数、行われています。

コロナ禍で日本経済が危機的な状況に陥る中、鬼滅のおかげで支えられている産業は計り知れないはずです。今の日本経済の柱と言っていいでしょう。

 

▼勲章を贈るべきだ

日本政府は、今すぐにでも、作者と集英社に勲章でも贈った方がいいですよ。

たった1つの漫画がこれほど莫大な金を動かし、雇用を支えているのです。鬼滅人気にあやかった商品は、それこそ鬼のように大量に出ています。これほど経済に貢献しているコンテンツは他にありません。

 

 

そもそも、経済学者や、政府のインテリが考えたアイディアで、これほど経済に貢献できたものなんて、ありますか? ないですよね? そういう人たちが偉そうにふんぞり返っている。

鬼滅のヒットを見て実感しますが、漫画ほど爆発力があるコンテンツはありません。漫画は衰退しているといわれますが、ここまでいろいろな産業に波及する力をもっています。

 

▼地下資源がない国だからこそ…

こういった漫画を未だに小馬鹿にする人や、政治家や市民団体の中には表現に規制をかけようとするゴミのような奴らがいます。そいつらが漫画家以上の仕事ができるなら僕は許しますが、まあそういう馬鹿は文句ばっかり言うだけで何もできないでしょう。

1人の作者のアイディアがここまで経済を動かし、社会に影響を及ぼしている。

コンテンツの力、そして個人の創造力の凄さを目の当たりにできて、僕は感動しています。

日本は化石燃料などの資源がないからこそ、個人の発想力や創造力を大切にする国であってほしいです。そのためには政府は余計な口出しをするのではなく、表現が自由にできる環境を整備すべきです。

そして、漫画家が何か凄いことをやったら、正当に評価し、せめて勲章ぐらいは出すべきだと思っています。

 

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)