かがり美少女の中の人のゴミのようなクソブログ

<本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、他人の悪口をはじめ最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

食料自給率なんて、低くてもまったく問題がない。

カロリーベースの食料自給率を持ち出して、相変わらず農林水産省が国民を煽っています。結論から言えば、カロリーベースの食料自給率なんて、低くてもまったく問題がないです。

コロナは陽性者数が多いと報じて不安を煽る。

食料自給率は低いと言って不安を煽る。

数字なんていくらでも操作できますからね。そもそもカロリーベースの食料自給率は日本の農林水産省が独自に計算している(他国の数字も!)もので、国際的には生産額ベースで考えるのが食料自給率の基本です(これだって意味がある数値とは思えないが)。

日本の食料自給率は、カロリーベースだと2019年度は38%

ところが、生産額ベースだと66%もあります。

この生産額ベースを発表せずに、低いカロリーベースをメインに発表するあたり、かなり意図的なものを感じます。

そもそも、ダイコンやキノコやこんにゃくみたいなカロリーが超絶低い野菜類は、どんなに大量に生産しても食料自給率アップにはまるで貢献しないことになりますよね。さらに、いわゆる食品ロスで廃棄される食料はカウントされません。そして、牛や豚の飼料が外国産であれば、なんと国産としてカウントされないのです。

謎です。

こういう意味のない数字を造って世論を煽るのが農林水産省の役人です。

では、本当に食糧危機が起きるのでしょうか。外国から農作物は入ってこなくなると、日本の食はやばいことになってしまうのでしょうか。

そう思うのであれば、スーパーに行って売り場を見てください。外国産の農産物なんて大量にないですよね? ほとんど国産です。

30%台で食料自給率が低い、食糧危機が来るなどというのであれば、相当な量が外国産になっていないとおかしいですよね。でも、そうなってない

数字がうさん臭いことは、現場を見ればわかるのです。

 

「食料自給率」の罠

「食料自給率」の罠