かがり美少女の中の人のゴミのようなクソブログ

<本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、他人の悪口をはじめ最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

安倍晋三が嫌いなくせに国の自粛要請に素直に従う人々

安倍晋三の言いなりになる人々

このブログを書いている現在、コロナウイルスの感染拡大が進んでいます。

僕は本当に不思議に思うのです。

あれだけ安倍晋三が嫌いと言っている連中ですら、マスクをみんなつけるし、さらに保障がしょぼくても国の要請には協力して店を閉めて自粛するのです。

保障と自粛はセットにしろ、生活が苦しいなどと言っているのに、大嫌いな安倍晋三様から命令が出たら素直に従う。安倍晋三が自粛しろと言えば自粛し、自粛解除と言えば一斉に外に出るのです。日本国民はまるで政府の操り人形で、行動がコントロールされているかのようです。

これって奇妙だし、おかしすぎる

なんでいつもは威勢のいい左翼の連中は、ここぞとばかりに反発して、マスクをとり、店を開けないのでしょうか?

コロナの象徴といえるアイテムが、マスクです。

現在、外出するときはマスクが必須のようになっていて、マスクをしていない人に「マスクを着けろ!」と文句を言うマスク警察なるバカが出没したりしています。

マスクが飛沫を防ぐ効果もなければウイルス予防に効果もないという実験結果もあるにもかかわらず、右も左もとにもかくにもマスクは絶対的な存在と考えています。さらに百貨店や公共施設では、入場にはマスク着用が必須というところまで現れています(というか過半数がそうです)。

 

▼なぜみんなマスクをするのか

ラサール石井のようなゴミ芸能人が、先日「電車で半数の人がマスクを着けていない」など書いていましたが、大嘘です。

僕は毎日、都内のいろんな路線に乗りまくっていますが、みんな、このクソ暑い中にもかかわらず、マスクを過半数の乗客がつけています。ラサールが本当に半数がマスクを着けてない光景を目にしたのであれば、きっと異世界の電車に乗っていたのでしょう。

そもそも、この7月の猛暑の中でマスクをするのは、自ら熱中症にかかりに行っているようなもので、きわめて危険であり、命にかかわります。厚生労働省もこれを危惧していて、一定の距離が取れていればマスクはとってもいいと言っているにもかかわらず、です。

おや?

国の組織がそう言っているのに、マスクをみんな外さないのです。

なぜでしょうか?

周りの大多数がみんなマスクをしているからです。

あまりの暑さに、マスクをとりたいと思っている人も多いことでしょう。さらに私のように、感覚過敏でマスクを長く着けると皮膚がかぶれる人もあります。

にもかかわらず、周りに合わせないと怖いから・・・ということでマスクを着けている人は確実に多いと思います。

 

▼市民の圧力が人々を苦しめている

おそらく、戦時中もマスク警察みたいなのがいたのでしょう。戦争に協力しない奴を「非国民だ」と罵り、密告していたのは、悪名高い特高のようなものではなく、そのへんにいる市民だと思います。

非常事態においては、国家による強制力よりも、市民の圧力の方が強いのです。間違いなく、あの戦争を泥沼化させたのは東条英機A級戦犯ではなく、一般国民だと思います。今回のコロナの問題でとてもよくわかりました。

百貨店や公共施設も同調しています。障害者に対しては手厚く対応する施設も、マスクでかぶれるという人には厳しいのです。

個人個人の違いを認め多様性を重視する・・・そんな社会はどこに行ったのでしょうか?

まあ、うさん臭いものだということがよくわかりました。

 

コロナの時代の僕ら

コロナの時代の僕ら