かがりチャンのクソブログ

<本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、他人の悪口をはじめ最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

店員からひどいことを言われる? だったら行かなきゃいいだけじゃん!

▼本当に店側が悪いのか

百貨店時計店の店員からひどいことを言われたと、いちいち御丁寧に店の名前まで書いてTwitterに書いて報告する人がいる。しかもその人は、違う店でも胸にグサっと刺さるようなひどいことを言われているらしい。

1回言われただけなら、店側に問題がある可能性も否定できない。

しかし、何回も何回も、違う店でもいろいろ言われるという人がいた。この場合、私はそれは店が悪いのではなくて、100%そいつが悪いんじゃないのかと思っている。

私はそれこそ日本中の百貨店や時計店に行っていると思うのだが、そのようなことを言われたことは、ほとんどない。まあ確かにひどい店員はいるのだが、それでも最低限必要十分な対応はしてくれる。

商品の使い方について注意されたことはある。しかし、それは明らかにこちら側に非があったことだから、店を責めるようなことはできない。

 

▼嫌なら行くな

店員の発言が気に食わなかったとしよう。まずTwitterに早急に書くのではなく、あなた自身の振る舞いや服装が、店にふさわしかったかどうかを一度検証してみるべきだ。

商品を許可を得ずに勝手に触ったり、立入禁止のブースに入ったり、はたまた高級店にふさわしくないような小汚い格好で行ったり、わけのわからないことを言ったりするようなことがなかったか、考えてみるべきである。

そもそもなぜそんなに嫌な思いをしているにも関わらず、百貨店なんかに行くのか。その感覚が私には1ミリも理解できない。

行かなければいいだけではないか。

今や商品などいくらでもネットで通販はできる。もしくは自分の立ち振る舞いを改善すればいい。もしくはいい店を探して全国回ればいい。そういったことをろくにせずに、店側にしょうもない難癖をつけるというのは傲慢ではないのか。

 

神対応される必殺技

なお、店員がとてつもなく丁重になる方法がある。簡単だ。店に莫大に金を落とせばいいのである。

たびたびこのブログで書いているが、一見とお得意様は差別されて当然だ。1円も金を使っていない奴と1,000万円使っている客に、なぜ平等なサービスをする必要があるのだろう。公平なサービスを求めるのはモンスターカスタマーである。

だから手っ取り早い方法は、とにかく課金をすれば良いだけである。もしくは、自分の服装をそういった高級店にふさわしいようにすればいい。髪を美容室で切ってもらうついでに、美容師にファッションのアドバイスをしてもらうとか、いくらでも方法はある。

そして、百貨店のやり方が気に食わないのであれば、潔くネット通販にすればいい

繰り返すようだが、過剰なサービスを受けたいのであれば。とにかく課金をして店側から一目置かれるような存在になることだ。これしかないのである。

 

プロ法律家のクレーマー対応術 (PHP新書 522)

プロ法律家のクレーマー対応術 (PHP新書 522)

  • 作者:横山 雅文
  • 発売日: 2008/05/15
  • メディア: 新書
 
ネット予約時代の困ったお客のトリセツ

ネット予約時代の困ったお客のトリセツ