頭のネジが手巻きで止まっている かがり美少女の中の人ブログ

<本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、他人の悪口をはじめ最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。このブログを読んで不快になったり、便秘になったり、ウンコが下痢便になったりなどのトラブルが生じても、クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

「炎上」は才能だ。

SNSの普及に伴ってネットで問題になっているのが、炎上だ。いわゆるバイトテロは炎上の典型だが、何の気なしにUPした画像、動画、ツイートなどが火種となって炎上してしまうケースも後を絶たない。

ネット炎上の研究

ネット炎上の研究

 

 私が一時期、ツイッターで繋がっていた大学生のA氏は、たびたびツイートが炎上していた。動画を掲載したところ何万リツイートされ、まとめサイトまで作られたうえに、袋叩きにされまくったケースがある。

それ以前から、彼が質問箱を開設すると、いわゆるアンチコメントが膨大な量寄せられていた。私はそれを受けて彼のツイートをチェックしてみたのだが、これでは炎上して当然だと思えた。

A氏は「自分のツイートがなぜ炎上するのかわからない」とツイートしていた。しかし、外から見ると、炎上する要素が満載なのだ。とにかく、言葉の一つ一つが癪に障るし、いわゆる“余計な一言”が多い。

極めつけは、炎上のたびに彼は謝罪するのだが、その謝罪の仕方もびっくりするくらい下手くそである。相手に謝っているようで、実は謝っていない。自己保身のコメントばかり、長々と書いているだけだ。これでは火に油を注ぐ結果になってしまうだけだ。

こうした一連の流れを見て、私は「炎上する人って本当に自覚がないんだなあ」と思った。

大企業のトップが何かをやらかし、謝罪会見を開く例は多い。ジャパネットたかた山一證券のように、謝罪によって評価を上げた企業も存在する。しかし、大抵の謝罪会見は失敗に終わる。そしてA氏は、世論に叩かれる経営者のやり方を、ことごとく再現してしまっているのだ。

一昔前なら、こうした空気を読めない人は日本社会では虐げられていた。学校ではいじめのターゲットにされてきた。

ところが、今や炎上は金になるのだ。炎上させることによってアクセス数を稼ぎ、(禁則事項です)するビジネスが存在する。

私は別に炎上ビジネスをするつもりは無いのであるが、A氏のツイートを検証し、実験のつもりで炎上を意図したツイートを作成してみたことがある。

ところが、ちっとも炎上しない。何度も何度も繰り返したが結果は同じだ。「いいね」が1個、最高でも5個つくとか、そんなもんである。アンチコメントなど皆無だ。

A氏は炎上の天才なのである。

そして、炎上のセンスは真似できない。真似して磨けるものではないのである。まさに天性のものといえよう。

A氏は、大学生だという。将来の就職先として、前述のような炎上ビジネスにこそ向いているのではないか。繰り返すようだが、なんでもかんでも炎上させることができる人は稀有である。

炎上商法で1億円稼いだ男の成功法則

炎上商法で1億円稼いだ男の成功法則

  • 作者:シバター
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2019/12/16
  • メディア: Kindle
 

こういう本まで出ているのだ。

確実に、特定の業界では求められる逸材だ。本気で、才能を生かして欲しいと思う。