かがり美少女の中の人ブログ

<本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、他人の悪口をはじめ最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

クリエイターは性格がクズでも、作品が面白ければ許される。

f:id:kagariugo:20191231110856j:plain

しばし、ネットで叩かれ、ツイートが炎上することも多いアニメーション映画監督・山本寛氏がこのようなことを書いています。

この件に関しては、私もその通りだと思います

作家がどんなにクズでも、薬物やってようとも、前科者でも、精神病んでても、ツイッターで暴言吐きまくろうとも、作品さえ面白ければそれでいいと私は思います。

以前、こんな記事も書きました。

だいたい、作品が面白ければ、ファンは作家がどんな人だろうと気にしません。この構造は昔から変わっていないように思います。現に手塚治虫氏や宮崎駿氏だって、性格は相当に屑でしょう。

芸能界なんか表と裏が極端な人は、腐るほどいます。かつてはそういった情報は一部の業界関係者しか知り得ないものでしたが、今やネットを通じて一般人やファンにも知られるようになっています。

それでも、良いものさえ提供してくれればファンはつくのです

売春して逮捕され、漫画が打ち切りになっても、また新しく連載を立ち上げてアニメ化まで持っていった漫画家がいます。

みんな大好きな、ご存知、週刊少年ジャンプの連載作家・島袋光年大先生です。『世紀末リーダー伝たけし!』はその人気ゆえにアニメ化も計画されていたそうですが、島袋先生がやらかしたことで打ち切り

しかし、島袋先生は諦めずに漫画を描き続け、『トリコ』を連載開始。アニメ化も実現し、大ヒットとなりました。

トリコ モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

トリコ モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

このように、クリエイターの世界は極めて公平です。

芸能人が薬物をやらかして復帰した後、問題なく活動できている人も、消えてしまった人もいます。その違いは単純で、そいつが面白いかどうか。ただそれだけです。

大事なことなので何度も言いますが、面白けりゃなにもかも許されるんですよ。

そもそも作家の人間性に興味を持ってアニメや漫画を見てる人なんて、どれだけいるのでしょうか。調べたことないけど、ごくごく少数だと思います。子どもは特にそうですが、ほとんどの人が作品を評価する基準は、面白いか、つまんないか、の二択でしかありません。

では、山本寛氏がなぜ、叩かれるのか?

本人は絶対に認めないと思いますが、要は作品が(以下略)・・・ということなのだと思います。

世の中は非常にシンプルであり、公平なのです。しかし、頭でっかちな人ほど責任を他者に転嫁して、頑なに現実を認めようとしないのです。もっとも、そういった要素こそが、クリエイターらしいなあと言えなくもないのですが。

私は山本寛氏の作品にも人間性にも興味がありませんが、(同じことを繰り返しますが)面白いものを作ってくれれば、それで構わないと思います。

 

薄暮(はくぼ)

薄暮(はくぼ)

  • 作者:山本 寛
  • 出版社/メーカー: アイズクライム文庫
  • 発売日: 2017/09/01
  • メディア: 文庫