頭のネジが手巻きで止まっている かがり美少女の中の人ブログ

<本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、他人の悪口をはじめ最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。このブログを読んで不快になったり、便秘になったり、ウンコが下痢便になったりなどのトラブルが生じても、クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

ロレックスは10年前まではイオンの時計屋でも売っていた。

ロレックスの正規店は、今やデイトナランナー(スポロレランナー)にとって聖地巡礼の地のような存在になっています。近年はだいたい1~2都道府県に1店程度しかないので、正規店自体がレアなものになっています。

しかし、こう書くと、20代の若いデイトナランナーなどは驚くかもしれませんが、一昔前まで、ロレックスの正規店はそれこそどこにでもありました。そもそも、街の小さな時計屋だってれっきとした正規店だったのです。

現在でこそ10万人以下の都市に残るのは「三重の名店」ただ1店になってしまいましたが、かつて1万人以下の「村」にだって正規店はありました。

イオンの中に入っている時計屋だって正規店でした。

クロックハウス」はその代表的な店ですし(クロックハウスで売られたステンレスデイトナやデイデイトを見たことあります)、それこそ田舎のイオンやダイエー、サティなどのショッピングモールに入っている地元資本の時計屋でもロレックスを扱っていました。

現在、ロレックスの正規店は資本力のある大型店、もしくは百貨店へと集約が進み、昨今、一段落したように思います。パテックに肩を並べようとしている・・・のかは知らないですが、高級化への足掛かりにしようとしているのでしょう。

しかし、かつては大衆的なブランドであり、比較的入手が容易だったのです。田舎の時計屋にだってサブマリーナーやGMTマスター2はあったし、なんならかつては超不人気モデルだったスポロレは、ショーケースの隅で埃をかぶっていたのです。

でも、そのころはみんなが「安く買える」並行店に目を向けていて、正規店なぞには目を向けませんでした。ある「元」正規店店主が言っていましたが、「正規で買うなんてあほらしい」と言われたことが多々あるそうです。

別の「元」正規店の店員が言っていたことですが、みんな正規店で買っていれば、もっと正規店が残ったかもしれません。しかし、それでは希少性がないわけで、みんな目を向けなかったでしょう。正規がなくなると、みんな正規に価値を求めるようになりました。そして、正規で買えたことがステータスのようになったというわけです。

わずかな期間で、価値観は変わるものです。

 

Watchfan.com 永久保存版ロレックス 2019-2020 Winter (GEIBUN MOOKS)

Watchfan.com 永久保存版ロレックス 2019-2020 Winter (GEIBUN MOOKS)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 芸文社
  • 発売日: 2019/11/25
  • メディア: ムック