頭のネジが手巻きで止まっている かがり美少女の中の人ブログ

<注意事項というか義務! 本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!!!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。このブログを読んで不快になったり、便秘になったり、ウンコが下痢便になったりなどのトラブルが生じても、クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

「きっこ」はなぜ、薬物をここまで擁護するんだろう? ~昔が良かったから今もOKという理屈が通るわけないだろ!

f:id:kagariugo:20191122114251j:plain

↑ 現在ではNGな薬物が昔は売られていて、新聞や雑誌に広告が出まくっていました。中でもヒロポンは多数の中毒者を出し、現在であれば当然逮捕されます。 ※画像はこちらのサイトから引用。

 

▼本気で頭がヤバいきっこさん

きっこはいつもアホなことをツイートする代表的バカ左翼の一人ですが、最近はこんなことを書いていました。

f:id:kagariugo:20191122115336j:plain

「エクスタシーなんて昔は良かったじゃん!」と、まるでエリカ様を擁護するような謎発言をしているのです。そんなこと言ったら、どんな薬物だって昔は良かったじゃないかという理論がまかり通ってしまうのですが。

現在では禁止されているマジックマッシュルームだって、それこそ覚醒剤だって、かつては合法でしたよね?

昔だったら売春は大丈夫だったじゃないかとか、戦争に必要な兵器を所持してもいいじゃないかとか、際限なくいくらでも謎理論を唱えることができてしまいます。

f:id:kagariugo:20191122115356j:plain

それにしても、ここまできっこが薬物を擁護する理由はなんなのだ。安倍晋三を叩きたいのはわかるが、言っていることがとにかくむちゃくちゃだ。ひょっとしてこいつも薬物中毒者だったりするんじゃないだろうかと邪推してしまいます。

自分から関心を逸らすために、薬物を擁護する発言をしていたりして・・・ね。

 

▼安倍政権と芸能人の逮捕はまったく関係ない(当たり前です)

f:id:kagariugo:20191122120147j:plain

それにしても、安倍政権が様々な政治の問題から国民の関心を逸らすために芸能人を逮捕しているとか、陰謀論を出張するバカが異常に多いことに驚きます。そして、政治家のことは責めるが、芸能人を責めずに擁護する。いや、明らかに悪いのは薬物をキメた奴だろ。

町田ナントカラサール石井、そしてきっこ。こいつらなんなの? いくら安倍晋三だって、芸能人をタイミングよく逮捕させるような、そんな権力あるわけねえだろ。

民主党政権の時代だって芸能人の薬物逮捕は普通にあった。今回だって、たまたまだろ。そんなたまたまをたまたまと認識できない、薬物中毒者みたいにラリッているバカがなんでこんなに多いの?

おまえら、マジで頭、大丈夫か??????

本気でそんなこと思っているなら、マジでヤバいぞ。

 

▼合法だった覚醒剤

先程もちょっと触れましたが、今でこそ覚醒剤非合法ですが、かつては合法でした。というか、ほんの70年ほど前までは普通に薬局で販売されていた時期がありました。

覚醒剤を製造していたのは、現在の大手製薬会社です。大日本製薬(現在の大日本住友製薬)がヒロポンという名前で、武田長兵衛商店(現在の武田薬品)がゼドリンという名前で発売し、“疲労の防止と回復の薬” として使われました。今で言えばエナジードリンクのような類だったと思います。

受験生は受験勉強の眠気覚ましに、覚醒剤を服用しました。神風特攻隊の隊員には、覚醒剤をキメて特攻して行った人が結構いたそうですし、軍需工場の労働者が疲れを軽減するために服用したと言われます。

さらには作家にも愛用者がいました。坂口安吾ヒロポンをキメまくっていたといわれます。

現在もエリカ様をはじめ、クリエイター系の人に薬物中毒者が多いのは、納得がいきます。作家の倉本聰は典型的な超ヘビースモーカーでニコチン中毒者ですが、「マイルドラークのおかげで『北の国から』が書けた」と発言しています。薬物をキメることで創作の神が降りてくるという考えが、一部の人にはあるからです。

 

▼中毒者が続出して、禁止された

ともあれ、戦中・戦後は覚醒剤の副作用がそれほど問題視されていませんでしたし、知られていませんでした。疲労回復に効果がある便利な薬という程度の、軽すぎる認識だったと思います。

特に覚醒剤の乱用が盛んだったのは戦時中と戦後の約10年間です。特に、戦後になって軍需物資が世間に放出されると、戦後の殺伐とした世相も影響してヒロポン乱用が起こります。闇で製造されたヒロポンも出回るようになり、中毒者が続出しました。中毒者による犯罪も相次ぎ、社会問題となりました。

こうした事態を重く見た日本政府は急遽、1951(昭和26)年に「覚せい剤取締法」を施行して、本格的な取り締まりを始めたというわけです。

その後も法の抜け穴となるような合成麻薬など、数々の合法ドラックなるものが誕生しては乱用されてきましたが、相次いで禁止されています。MDMAも、マジックマッシュルームも、近年NGになった代表的な薬物です。

日本は法治国家です。昔はOKだったとしても、今ダメならダメなのです。そんなシンプルなことが理解できない人が、安倍政権がどうのこうのと言っても説得力がゼロなんですけど・・・(汗)

 

▼少しでもダメなものはダメだ

さて、きっこのツイートに戻ります。きっこは安倍晋三が嫌いなのはまあいいんですが、感情的になりすぎて、「たった一錠」という言葉を書いていることです。これはかなり危険なことだと思います。

恐ろしすぎます。薬物を舐めすぎですね。

たった一錠でも中毒、依存症になるから薬物は危ないし、禁止されているのです。軽い気持ちで手にした一錠が地獄の入口だってことは、小学校とか中学校などに警察官が来て行われる特別授業の中でも、言われますよね。

一錠の怖さを自覚しているのでしょうか。していないんだろうなあ。

安倍政権叩きは結構なことですが、もう少しちゃんと理論武装してから批判しようぜ。感情的になり、薬物を許すような発言をするなど、あってはならないことです。こういう詰めが甘いから、左翼はいつまで経ってもバカにされまくってしまうのだと思います。

 

薬物依存症 【シリーズ】ケアを考える (ちくま新書)

薬物依存症 【シリーズ】ケアを考える (ちくま新書)

 
合法ドラッグ[新装版](1) (角川コミックス・エース)

合法ドラッグ[新装版](1) (角川コミックス・エース)