頭のネジが手巻きで止まっている かがり美少女の中の人ブログ

<注意事項というか義務! 本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!!!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。このブログを読んで不快になったり、便秘になったり、ウンコが下痢便になったりなどのトラブルが生じても、クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

建築家の異業種とのコラボが流行っている理由は?

某はみんぐ!氏から教えてもらいましたが、安藤忠雄がブルガリの時計をデザインしたり、隈研吾がアシックスのスニーカーをデザインしたり。なぜか最近、立て続けに、建築家が建築以外のものをデザインした商品が発表されているようです。

そういえば、藤森照信伊東豊雄がメガネをデザインしたこともありました。

正直、めっちゃ微妙でしたが(爆)。

こうしたコラボが増えている背景には、日本ではクソつまんない建築新国立競技場とか新国立競技場とか新国立競技場とか新国立競技場とか新国立競技場とか新国立競技場とか新国立競技場とか新国立競技場とか(以下略)ばっかり求められるようになって建築家の仕事が無くなっている・・・

・・・ということではなく、建築のデザインと、工業デザインの壁が無くなっているということなんだろうなあ。

本来、建築のデザインというのはそこまで縛りが無い世界です。これまでだって、村野藤吾丹下健三も、建築家が椅子や照明などのデザインをする例もありました。フランク・ロイド・ライトル・コルビュジェだって、工業製品のデザインをいくつもやっています。

その逆で、芸術家の岡本太郎が建築をデザインした例もあります。「マミ会館」がそうだし、「太陽の塔」だって建築のようなものです。

それにしても、マミ会館って・・・ 中に入ったらお菓子の魔女に食われて、もれなくマミることになりそうだな。外観も劇団イヌカレーがデザインしたみたいで、そのまま「魔法少女まどかマギカ」に出せそうですね。どうでもいいですけど。

話を元に戻します。

とにかく、建築家の仕事の幅が、いろんなジャンルに広がっているのです。これは歓迎すべきことですし、どんどんやっていただきたいですね。

ちなみに、私が考える建築家と異業種のコラボの最高傑作は、南海電鉄の「ラピート」だと思います。岡部憲明妹島和世など、建築家が鉄道車両をデザインする例はその後も何件かありましたが、これを超えるインパクトのものって、なかなか出ないですね。

 

安藤忠雄 仕事をつくる―私の履歴書

安藤忠雄 仕事をつくる―私の履歴書

 
なぜぼくが新国立競技場をつくるのか

なぜぼくが新国立競技場をつくるのか