頭のネジが手巻きで止まっている かがり美少女の中の人ブログ

<注意事項というか義務! 本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!!!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。このブログを読んで不快になったり、便秘になったり、ウンコが下痢便になったりなどのトラブルが生じても、クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

「秋田県は災害が少なくて安全だ」は嘘だッ!!

全国的に大きな被害をもたらした、2019(令和元)年の台風19号秋田県は隣県と比べると圧倒的に被害が少なくて済んだため、「秋田県は安全だ」と言っている人がツイッターに結構いました。

実は2011(平成23)年の東日本大震災の時にも秋田県は被害が少なかったため、「秋田県は安全だ」と言っている人が、あろうことか、自治体の職員やお偉い立場の人にもいました。

とんでもないめちゃくちゃなことを言う人たちがいるものです。

いったい何を言っているんでしょうか。

秋田県も災害いっぱい起きているんですけどね(汗)!?

この方々は、1983(昭和58)年5月26日に発生した、日本海中部地震を忘れているのでしょうか。5月26日の「県民防災の日」がなんであるのか、わかっているのでしょうか。

県民防災の日が近づくと、秋田魁新報や県内メディアで報じられますし、役所では防災訓練を行なったりしています。しかし、最近はそれも形骸化していて、何のために実施しているのか分からない人も増えています。現に若い人に話を聞くと、知らない人が結構いるんですよね。いやはや。

それに、秋田県が降るでしょうが。これを災害と言わずして、何と言うのでしょうか。

日本は基本的にどこだって災害のリスクがあります。ここだから安全ということは無いんです。「大きな災害が起きていないよ」というところに限って、調べてみると実は大きな災害に遭っていたりします。慢心せず、自然災害には常に警戒したいものです。

なお、日本海中部地震に関しては、秋田県出身の漫画家の矢口高雄大先生が『激濤』という漫画を描いています。下にリンクを貼っておきますので、ぜひ一読をおすすめします。

 

激濤 マグニチュード7.7 (1)

激濤 マグニチュード7.7 (1)