頭のネジが手巻きで止まっている かがり美少女の中の人ブログ

<注意事項というか義務! 本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!!!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。このブログを読んで不快になったり、便秘になったり、ウンコが下痢便になったりなどのトラブルが生じても、クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

デイトナランナーは接客業に対する最低限のリスペクトを持つべきだ

▼モラルの無いデイトナランナーが増えている

お金を払えば、下品なことをしても、何でも許されると思っている人がいます。

そういう人が、昨今の日本で社会問題化している過剰なサービスを要求するモンスターカスタマーモンスタークレーマーとなり、接客業、販売業、さらには企業に深刻な悪影響を及ぼしているのでしょう。

一部のデイトナランナー(誰とは言いませんが)に、あろうことか、ロレックス正規店の店員を茶化して、それをいちいちツイートしている人がいます。

そしてそれに、「いいね」をつけている人がいっぱいいる。

おい!!

過去に( ↓ )こういう記事を書いた時は、一部のランナーから逆ギレされて、ブロックされまくったけれど(別に俺はどうだっていいんだけど)、状況はさらに悪化しているじゃねえか。なんなんだ!

 

▼一緒になって騒ぐ奴らも同罪だ

率直に聞きたい。

店員バカにして楽しいかい?

そういったツイートに「いいね」をつけたり、リプをつけたりして一緒に楽しむ連中も同罪です。その感覚、はっきり言って異常だと思いますね。

ロレックスを本当に愛する者同士であれば、行き過ぎた行為をするランナーがいたら、少しは忠告するなりして止めろよ。なんでそれができねえんだ。面白がって騒いで、店員に迷惑かけて、それがランナーのモラルなのかい?

とにかく唖然としました。

そんなことしたら誰も店員やりたくなくなりますよ。人材が定着しなくなって、店員の質がどんどん下がって、みんなが困るよ。それでいいのかい?

 

▼店員を茶化すのは弱い者いじめだ

自分に対してお目当てのモデルを出してくれない腹いせだと思いますが、この手の迷惑行為をするランナーはかなり悪意をもって、そういうことをしています。

特に入社したての若手社員は、転売防止のためにも、人気モデルを一つ売るにしても上司の許可が必要です。ランナーはそれをわかったうえで、茶化すようなことをやっている。わかってやっているからタチが悪いのです。

これは鉄道会社の駅員コンビニ店員に対して高圧的な態度をとったりする、モンスタークレーマーと似ています。駅員に対する暴力行為威嚇行為が後を絶ちませんが、職員が立場上、反抗できないとわかったうえで、やっているのです。

そういうクレーマーはじゃあ、「頭にヤがついて、最後にザがつくお仕事の人」相手に同じ行為ができるかというと、できないでしょう。つまり、簡潔に言えば弱い者いじめなのです。

接客業に対する最低限のリスペクトを持つべきです。昔の偉い人の言葉にもあったけれど、自分がされて嫌なことは人にしてはいけない、のです。

 

▼有名デイトナランナーは講習会を開け!

勘違いしている人もいるようですが、私は別に、デイトナランナーを全否定しているわけではありません。暇と金があって、やりたいなら、ご自由にやっていいと思うのです。純粋に時計が欲しくてやっている人だっているわけですから。

ただし、ツイッターでそういった情報発信をする側が、モンスターカスタマーになりつつある今の状況は、芳しいものではありません。

本来であれば、フォロワーがたくさんいてランナーの指導者になっているような人が、ランナーたちの行き過ぎた行為について自重を求めなければいけないと思うのです。オフ会を開いたりチャットルームを作っている人もいるようですが、だったらその中で、ランナーのマナー講習会でもやりゃあいいと思うのです。

ところが、私をブロックした某ランナーを筆頭に、どうもそういうことができない人ばっかりらしい。むしろ、フォロワーを煽って、同じことをやりなさいと言っているようにすら感じられます。

 

▼このままでは全体のイメージが悪化する

彼らがやっていることは、たびたびニュースを騒がせる、暴徒化している一部の撮り鉄のように、純粋に趣味を楽しんでいる人たちにも迷惑をかける行為です。こうなれば、趣味の界隈全体のイメージが悪化してしまいますよ。それでもいいんでしょうか。

私自身、時計屋の店員からいろいろな話を聞くことが多くなりましたが、高級品を扱っているお店が無法地帯のようになりつつあると感じます。こんな状態が続いたら、いつか、大きな問題になります。

その前にロレックスの相場が暴落して、ランナーが正規店に見向きもしなくなるのが先か、どうなるのかは知りませんけど。

いずれにせよ、時計を愛する人であれば、店員に対しても同じようなリスペクトの精神をもって接したいものです。

 

ゼロからわかる ロレックス アンティーク編 (CARTOPMOOK)

ゼロからわかる ロレックス アンティーク編 (CARTOPMOOK)