頭のネジが手巻きで止まっている かがり美少女の中の人ブログ

<注意事項というか義務! 本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!!!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。このブログを読んで不快になったり、便秘になったり、ウンコが下痢便になったりなどのトラブルが生じても、クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

伝説の時計販売員Hさんは本当に凄い

▼カリスマ店員Hさんは健在だ

私はこれまで全国各地の時計店を正規・並行問わず訪問しまくり、雑誌に載ったりしている有名店員にも会ってきていますが、その中でも凄いなあと思った店員の1人がG県のI店のHさんです。

こないだ行ってきた国産時計の展示会でも、某社や某社の社員がHさんのことを話していました。知る人ぞ知る知名度は健在だなあと実感しました。

最近は、諸事情により、Hさんが店頭に立つ機会が減っています。本人も「時計に興味がなくなった!」「最近の時計はわからない!」と言っているのですが、それでも、最近のブログを見ると審美眼の高さが感じられます。

f:id:kagariugo:20190911065934j:plain

f:id:kagariugo:20190911065949j:plain

これはHさんのブログのスクショです(無断でごめんなさい)。

Hさんはこの前後で、セイコーのことをさんざんディスっていて、特にグランドセイコーを猛烈に批判しています。グランドセイコーはクォーツの精度がクソでぼったくり、アストロンなどの電波時計はトラブルが多い… と書いた一方で、ちゃんとセイコーのおすすめのモデルをすすめているのです。

 

▼お客さんを迷わせない、時計選びのプロ

買うべき時計、買っちゃダメな時計

しっかり自分の目で見極め、お客さんにすすめる。

これって簡単にできるようで、できないんですよ。

百貨店に行くとわかりますが、基本的に店員は売り場の商品をディスりません。なんでもかんでもすすめてきます。初めて時計を買う人は、次から次へと商品をトレーに乗せられ、話を聞いているうちにどれもよさそうに見えてしまい、何を買えばいいのか迷ってしまいます。

Hさんの販売手法は明快です。お客さんを迷わせません

ちなみにHさんの能力は数字にもちゃんと表れていて、何しろG県内でロレックスの販売実績トップクレドールに至っては専門店部門で全国3位という、想像を絶する販売実績を挙げています。Hさんが勤務する店に行くと、こんな小さな街の時計屋がなぜ、と衝撃を受けると思います。

Hさんはロレックスを扱っていた時も、スポーツモデルではなく、一般的なデイトジャストなどのドレスモデルを売りまくって驚異的な販売実績を作ってしまった人で、「デイトナなんか犬でも売れる。あんなもん売って威張っているのは大した店員じゃない」とサラッと口にするほどです。

 

▼時計愛が凄く、視野も広い

はじめてHさんのブログを見た時は、なんだこれ、めっちゃくちゃな店員だなあと思ったものですが、読み込んでみるとなるほどと思うことばかり。そして実際にお会いしてみると、さらに驚かされました。時計業界の現状も的確に分析され、何より時計のことが好きなんだなあと伝わってきました。

そして私がHさんが凄いと思うのが、幅広い価格帯の時計を語れる、視野の広さです。ロレックスやクレドールの高価格帯商品を売れる人が、ちゃんとドルチェ&エクセリーヌなどの求めやすい価格帯のおすすめ時計を挙げることができるのです。これも・・・意外とできる店員が少ないです。

特に百貨店の店員に多いのですが、自分の担当するブランド以外、さっぱり知識がない人ばかりですからね。昨今、特に都市部の店員のスキルが落ちてきています。Hさんのような方が業界に旋風を巻き起こして欲しいです。

ユーザー目線に立った時計選びをしてくれるHさんは、本当に頼もしい店員だと思います。最近お会いしていないのですが、職場にぜひ復帰していただきたい。そしてまた数々の伝説を作って欲しいと願っています。