頭のネジが手巻きで止まっている かがり美少女の中の人ブログ

<注意事項というか義務! 本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!!!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。このブログを読んで不快になったり、便秘になったり、ウンコが下痢便になったりなどのトラブルが生じても、クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

山本太郎「れいわ新選組」は日本共産党や立憲民主党の票を食って、野党共倒れ

f:id:kagariugo:20190824100428j:plain

▼タイトルの通りです

山本太郎の政党「れいわ新選組」が注目されています。

こないだの参議院選挙でも2議席を獲得。障害者を国会に送り出すと言う、いかにも芸能人らしいパフォーマンスで話題を呼びました。こうした劇場型政治の手法は、かつての自民党小泉純一郎を髣髴とさせるものがあります。

それにしても、山本太郎はあれだけ福島をディスっていたくせに会津藩と縁の深い新選組の名を名乗るとか、何かのギャグとしか思えないのですが、まあ一種の炎上商法なのかもしれませんね。

そんな山本太郎とれいわ新選組に、日本共産党志位和夫などがあからさまに共闘を持ちかけています。野党共闘を盛り上げて、安倍政権を倒そうという浅はかな考えをもっているようです。

 

▼れいわ躍進でダメージを受けるのは野党

では、れいわ新選組が注目され、これから躍進していくと、野党が勢いづき、安倍政権にとってダメージになるのでしょうか。

答えはNOです。ダメージを喰らうのはむしろ野党の方でしょう。すなわち、考えが近い日本共産党立憲民主党の票をれいわ新撰組が食ってしまうのです。そして野党共倒れになる可能性が激しく高いのです。

左翼が大好きな雑誌『金曜日』では、れいわ新選組に期待する識者の記事などが掲載されています。山本太郎は、左翼の英雄になりつつあります。

日本の政党、特に野党なんか、金太郎飴のように似たような政策になっています。とりわけ、れいわ新選組の考えていることって、日本共産党などと大差ないんですよね。

このページの最初にのっけた画像を見てください。消費税廃止、辺野古の件や原発の件にしても公約がいかにも左翼好みの内容ですし、だいたいこれまで野党の連中が訴えてきたこととほとんど同じでしょう。劣化版コピーです。

 

▼党首は顔と若さが重要

では、なぜ、大して真新しい政策を訴えているわけではない、れいわ新選組のようなしょーもない政党が注目されているのでしょうか。それは山本太郎のパフォーマンスの上手さと、顔、若さゆえだと思います。

政党の党首は顔や若さが重要です。同じような中身の政策を訴えている政党が2つあったろしたら、有権者は間違いなく、カッコよくて、若い方を選びます。山本太郎がかっこいいのかどうかは知らんですが、少なくとも他の野党の党首よりは3453200倍良いと思います。

日本共産党なんて志位和夫がいったい何年トップをやっているんでしょうか。立憲民主党民主党でやらかしまくって顰蹙を買った枝野幸男という冴えないオッサンです。すなわち、とっくに過去の人オワコンの人がいつまでもトップにしがみついているわけですね。

こんなジジイとオッサンがトップをやっているみすぼらしい政党よりだったら、間違いなくれいわ新選組の方が支持を集めます。特に日本共産党はいい加減、志位和夫を下ろせよ。トップを変えないと、新しさは感じられません。

 

▼必死過ぎるオワコン野党

日本共産党立憲民主党なんてまあカスみたいな政党ですし、安倍政権の独走を許している原因が自分たちの体たらくにあると、気づいていません。

いや、気づいていなかったらさすがにバカでしょう。気づいていないふりをしている。気づいているんだけど、考えないようにしているのでしょう。

だから、話題の人物に乗っかって、なんとかして党勢を守ろうと必死なんですね。でも、中身のない奴ら同士がまとまったって、安倍政権に対抗なんて不可能です。もっとNHKから国民を守る党のように、わかりやすく、具体的で、庶民目線の政策を訴えていかないと、野党共倒れになってしまいますぜ。

 

僕にもできた! 国会議員

僕にもできた! 国会議員