頭のネジが手巻きで止まっている かがり美少女の中の人ブログ

<注意事項というか義務! 本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!!!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。このブログを読んで不快になったり、便秘になったり、ウンコが下痢便になったりなどのトラブルが生じても、クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

セイコー・プレザージュ37万8000円(税込)は、いくらなんでも高すぎる!!

f:id:kagariugo:20190706161534j:plain

↑ プレザージュは文句なしでいい時計だ。それは間違いない。ただ、この価格はどうなのか。というかグランドセイコーの立場は????

 

グランドセイコーの謎のブランド化戦略

国産ブランドの最大の問題点は、ブランド化戦略がとにかく異常に下手くそな点にある。その筆頭が、ご存知、セイコーだ。

セイコーはフラッグシップであるグランドセイコーを、セイコーブランドから切り離し、独立ブランドにした。ここまではいい。

それまでグランドセイコーといえば、最高の普通というイメージで売り出してきた。それが、ここにきて、ドレスウォッチっぽいものや、スポーツモデルっぽいモデルを積極的に出し始めた。つまり、セイコーが抱えている他のブランド、クレドールとか、ガランテとか、プロスペックスなどと、イメージが被ってしまうモデルが出現したのだ。

最高の普通という個性を打ち出してきたはずのブランドが、なんかロレックスっぽいモデルも出るようになり、あれだけデザイン文法として打ち出してきたセイコースタイルでもはや説明できないような、従来のイメージを覆すようなモデルが登場している。

セイコーグランドセイコーをしっかり育ててきた。しかし、世界戦略に当たり、今まで創り上げてきたブランドのイメージをリセットするような手法をとってしまったのである。

 

▼中級ラインのプレザージュの下克上

セイコーには膨大なブランドがあるのだけれど、近年までグランドセイコーが最上級で、プレザージュが中級、WIREDなどが入門的なポジションだったと思う。

ところが、中級ラインだと思っていたプレザージュに、なんと30万円超えのモデルが出現したのだ。税抜35万円、税込で37万8000円という高価格帯だ。

文字盤は琺瑯で、ムーブメントが新しくなったのはいいのだが、いくら機械式といっても、グランドセイコーのクォーツ(20万円台)より高い。これに数万円足せば、グランドセイコーの40万円台の機械式が買えてしまうのだ。

ちなみに、機械式グランドセイコーで定価最安のSBGR253は、税抜40万円、税込43万2000円である。税込でも価格差が6万円以下だ。

これ、ひょっとしてプレザージュの七宝とか漆の文字盤で、新型ムーブメント載せたモデルが出たら、グランドセイコーの機械式の最安モデルと肩を並べるか、定価を抜く可能性も出てくる。プレザージュの下克上みたいになってしまい、セイコーの中でブランド同士が喧嘩してしまう状況だ。いったい何を考えているのか???

 

▼収拾が付かず、ごっちゃになっている

グランドセイコーにもクレドールみたいな華やかなモデルができたし、さらにプロスペックスみたいなスポーツ系のダイバーズモデルもできた。そして、以前にクレドールで出していたようなクロノグラフもできた。

もはや、収拾がつかなくなっている。場当たり的にモデルを出しまくっている印象が拭えない。

この調子で今後のブランドの世界戦略など、うまくいくのだろうか。不安しかない。僕は、はじめはグランドセイコーの世界進出を歓迎していた。しかし、それはきっちりとブランド化戦略ができることが前提であった。ここまで迷走して、日本のブランド化戦略のダメっぷりを露呈するとは、夢にも思わなかった。

こんなんだったら、今まで通り、国内でしっかり堅実に腕時計を売っていた方が、良かったような気がするのだが・・・