かがり美少女の中の人ブログ

かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内が、好き勝手なことを書いてストレス発散するためのクソブログです。最低最悪なクソな内容多し。「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね( ^ω^ )。たまに(いや、かなりの頻度で)嫌な感じのことを書きますが、ゆるしてニャン☆

幻冬舎が謝罪したが、まったくの的外れな謝罪だ

f:id:kagariugo:20190523195603j:plain

↑ 幻冬舎が公式ホームページで今日発表した謝罪文。令和早々、同社は出版史に残る大失態をやらかしてしまった。しかし、この謝罪では何も解決していない(詳細は本文にて)。

 

▼何も解決していない謝罪

幻冬舎が公式ホームページで津原泰水に謝罪した。

しかし、謝罪文を読んで、なんじゃこりゃと思った。まったく意味のない謝罪なのである。

当ブログでたびたび書いている通り、一連の騒動は、百田尚樹の著書「日本国紀」のコピペ疑惑に端を発する。そして、未だ決着していないコピペ疑惑こそが、出版界を揺るがす最大の問題なのである。

「日本国紀」は、発売直後からネット上でwikipediaからのコピペが疑われてきた。そのコピペ疑惑をツイッターで指摘した一人が、津原泰水なのである。

津原は決して販売妨害をしようとしたのではない。むしろ幻冬舎のためを思って、発言したものだと思う。しかし、幻冬舎は指摘を受け入れることなく、津原の文庫本を発売中止にしてしまった。

そして、津原が発売中止になった旨をツイートしたところ、幻冬舎社長の見城徹がこれに応戦。「あなたの本は『日本国紀』と比較して、こんなに“売れていない”んですよ」と言わんがために、実売部数を公表した…という流れである。

 

▼問題の本質はコピペ疑惑

謝罪文を読めばわかるように、今回は見城が実売部数を公表した件に関する謝罪なのである。これを読んだ一般人の中には、「実売部数を公表することの何が問題なの?」「そんなに騒ぐようなことなの?」と思った人もいた(ツイートでそう言及している人が結構いる)。

幻冬舎は、そうした反応を狙っているのかもしれない。しかし、見城徹が実売部数をツイッターで公表したことは、一般人の反応が示すように、大した問題ではない。問題の本質は、あくまでも「日本国紀」のコピペ疑惑なのだ。

幻冬舎は増刷の度にコピペが指摘された箇所などをこっそり修正して流通させているが、“事故本”の初版は未だに回収されていない。正誤表も一切公表されていない。そして、あろうことか、初版と3刷と6刷が混ざって書店に並んでいるのだ。

これは、読者に対し、極めて不誠実な対応と言うほかない。というか、事故本と修正版を一緒に並べて売る出版社など、あっただろうか。ここまで酷い対応はそうそうないし、私がこの業界にかかわっている10年間でも最悪レベルである。

 

▼右か左かはどうでもいい

「日本国紀」の支持者は、右寄りの思想の持ち主が多い。ツイッターを見ると、彼らの中には、コピペ疑惑は“アンチによる攻撃”だと言っている者がいる。百田もそうした支持者を煽り、論点逸らしに必死になっている。

しかし、そもそもコピペは書籍の信頼を揺るがす問題であり、どのような思想の持ち主であろうと、やってはいけないのである。思想が右か左かとか、そんなことは関係ない。右側の人間がやろうと、左側の人間がやろうと、同様に非難される問題なのである。

私は神社の家系に生まれたこともあり、どちらかといえば右寄りの思想だ。慰安婦南京大虐殺大東亜戦争などについて、百田の主張に共感できる部分はむしろ多い。しかし、それでもやはりコピペは認めるわけにはいかない。思想とは切り離して考えないといけないのである。

繰り返すが、出版界の慣例に反して部数を公表したことは確かに問題であるのだが、一連の流れからすれば些細なことである。「日本国紀」のコピペ疑惑に対する回答を、一向に行わない隠蔽体質が批判されているのだ。

 

▼コピペだけは頑なに認めない

今回の謝罪文でも、コピペ疑惑には一切触れていない

幻冬舎以外の出版社は、コピペが判明すれば回収し、交換対応をするケースが一般的だ。その対応には莫大な手間と金がかかるし、ひとたび認めれば、出版社の信頼は失墜してしまう。だから、幻冬舎は頑なにコピペ疑惑を認めたくないだろうし、これからも隠蔽に努めるかもしれない。

しかし、ネットでこれほど疑惑が明らかになってしまっているのだ。ネット社会のご時世、いったいどこまでシラを切ることができるのだろうか。

むしろ、今回の謝罪文でコピペ疑惑も併せて謝罪してしまえば良かったのである。そうすれば、ツイッター住民や読者も赦してくれたはずだ。だが、残念ながらコピペ疑惑には一切触れられなかった。

幻冬舎は巧妙に幕引きを図ろうとしたのかもしれないが、これでは赦されるはずがない。鎮火する気配はないし、このままでは再び謝罪に追い込まれるのも時間の問題ともいえる。

 

▼歴史の本を作ったのに、歴史に学ぼうとしない

いつまで経っても「日本国紀」のコピペを認めなかったために、見城の実売部数公表があったし、今回の謝罪に繋がったといえる。

しかし、繰り返すが、謝罪はしたもののコピペ疑惑に関する謝罪ではないから、まったく解決していない。きっとどこかで、再び大炎上するだろう。

雪印乳業船場吉兆などがそうだが、問題に向き合おうとせずに逃げ回った挙句、鎮火が遅れ、崩壊してしまった企業はたくさんある。過去の事例と比較しても、幻冬舎の隠蔽体質は凄まじいものだ。ひとたび鎮火手段を誤れば崩壊しかねない状況に陥っていることは、誰の目にも明らかであろう。

それにしても、歴史に学ぼうとしない見城はじめ幻冬舎、そして百田が歴史の本を出すなど、ギャグでしかない。歴史は年号を暗記したり、昔はよかったとセンチメンタルな気持ちに浸るために学ぶものではない。過去の失敗を現代に生かすための学問なのだ。

幻冬舎が今後どうなるか。それは読者が判断することである。しかし、読者に対して舐めた態度をとり続けているツケは、かなり大きいと覚悟すべきだろう。

 

日本国紀

日本国紀