かがり美少女の中の人ブログ

かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内が、好き勝手なことを書いてストレス発散するためのクソブログです。最低最悪なクソな内容多し。「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね( ^ω^ )。たまに(いや、かなりの頻度で)嫌な感じのことを書きますが、ゆるしてニャン☆

暑い中、物販に並びたくない。公式は通販をしてくれない。だから僕は潔く転売屋から買う。

f:id:kagariugo:20190513125940p:plain

▼列に並ぶのがとにかく嫌

僕は転売全肯定論者です。特にコンサートやアニメイベントなどで、数量限定で発売されるグッズの転売に関して、転売屋にケチをつける人の気持ちが1ミリも理解できません。

以前のブログで転売屋を肯定する理由として、秋田県に住んでいた時は交通費と宿泊費をかけて行くのが大変だし、むしろ転売屋から買った方が交通費などの諸経費を考えると安いためと書きました。しかし、埼玉県に住んでいる今も、ほぼ、グッズは転売屋から買っています。

転売屋からグッズを買う理由は、この記事のタイトルのとおりです。とにかく物販に並ぶのが嫌だからです。

僕は身体が弱く人混みが苦手なので、炎天下の元、何時間も並ぶと確実に体調を崩します。あの過酷さを味わうくらいなら、最初から転売屋から買った方がコスパがいいと考えるためです。また、メールをいただいたのですが、「自分は車椅子生活で会場に行けないので、転売屋から買っている」という方もいます。

 

↓ ※これまでに書いた転売肯定論

“転売屋”は本当に“悪”なのか? - かがり美少女の中の人ブログ

しつこく書きますが、転売を規制するな!!!!! - かがり美少女の中の人ブログ

フリマサイトでの転売を僕はまったく悪いとは思わない - かがり美少女の中の人ブログ

買ってすぐ飽きてすぐ売る人は“転売屋”になるのか? - かがり美少女の中の人ブログ

 

▼行けない人への救済策が無い

基本的に公式は、様々な事情があって現地に行けないけれど、グッズがどうしても欲しいという人に対策をしてくれません。僕は可能な限り対策をとって欲しい旨を、公式にメールしたことがあります。しかし、一切、無視されています(当然でしょうけど)。

確かに、公式側の事情も理解できます。在庫を抱えるのは大きなリスクですし、通販となればそれだけの人手も時間もかかるでしょう。それに、いわゆる限定商法でプレミアム感を持たせて売るのは、商売の基本なのです。

しかし、公式はそんなに転売屋を毛嫌いするのであれば、やはり行けない人への救済策としてグッズの通販をするべきだと思います。ですが、そうした対策がなされることは稀ですから、僕はもう公式に対策を求めることを諦め、潔く転売屋から買うわけです。

 

▼転売を禁止したら公式の負担が増える

何度も言いますが、転売屋が発生するのは公式側の問題に起因するところが大きいです。需要の読み違いによる少ない生産数、安すぎる価格、現地に来れない人への救済策の不備、会場のキャパシティの問題などが挙げられます。

しかし、一部のファンは最初から転売屋から買うと割り切っているので、こうしたクレームを公式に入れませんでした。

もし、グッズの転売を規制すると、間違いなくクレームの量は増えるでしょう。「通販を必ずしろ!」という要望は確実に増えます。公式の負担は今以上に増大することは間違いありません。転売を禁止するのであれば、前述の対策を万全に行ったうえで行っていただきたいものです。

 

▼容認しなくていいので黙認して

以前にこうした話をブログに書いてツイッターで発表したら、そこそこ反響がありました。現地に行かないような奴はそもそもファンじゃないという意見もいただきました(選民思想的な人っているんですね・・・)。

ですが、繰り返しますが、現地に様々な事情があって行けない人もたくさんいるのです。外に並ぶのが辛い人だっているのです。けれども、どうしてもグッズが欲しい。こういった純粋な気持ちは、責められるようなものなのでしょうか。そんなに悪いことなのでしょうか。

公式は通販をしてくれません。イベントに行けなかった人の救済策をとってくれません。ですから、事実上の購入代行業者である転売屋から、通販で買うわけです。

さんざんこのブログで書いていますが、念のために説明しますと、僕は転売を積極的にしなさいと言っているのではありません。転売屋から買える道を残しておいて欲しい、転売を容認しなくていいから黙認して欲しいと言っているのです。ただそれだけです。

 

町おこしin羽後町

町おこしin羽後町