かがり美少女の中の人ブログ

かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内が、好き勝手なことを書いてストレス発散するためのクソブログです。最低最悪なクソな内容多し。「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね( ^ω^ )。たまに(いや、かなりの頻度で)嫌な感じのことを書きますが、ゆるしてニャン☆

しつこく書きますが、転売を規制するな!!!!!

 

f:id:kagariugo:20190503194235p:plain

▼転売屋がいるメリットは大きい

昨今、ツイッターやネットでも、転売屋叩きが盛んです。

とにかくメルカリやヤフオクに、売値よりちょっとでも高い値段で出品する奴が出てくれば、「転売屋だ!」と言って叩きまくるのです。みんな物凄い正義感ですね。感心します。

さて、このブログで前にも書きましたが、僕は転売全肯定論者です。

理由は簡単です。

転売屋のおかげで助かっている人がいるからです。

そもそも、転売屋がいなくならない理由も、これです。

転売屋からは、金さえ出せば目当てのものが確実に買えるからです。

 

▼地方在住者は転売屋から買う方が安い

限定のアニメグッズを例に話をしましょう。

僕は秋田県の田舎に生まれました。交通の便が激しく悪く、東京や仙台のイベントに行く交通費、さらに宿泊費だけでも数万円かかる環境でした。さらに、現地に行って行列に並んでも、目当てのものが確実に買えるかはわかりません。僕は身体がもともと弱いため、人込みや行列が苦手で、炎天下のもと並んだりすると病気になりやすいリスクもあります。

こういった事情がある僕にとって、転売屋は神様のような存在でした。交通費や宿泊費を出して東京に行くよりも、転売屋から買った方が安く、時間も体力も浪費せずに済みます。さらに売り切れのリスクがなく、確実に買えます。つまり、転売屋から買う方が、現地に行くよりも遥かに楽でリスクも少ないのです。

現地に行くという行為は、かなりハードルが高いものです。会場の近くに住んでいるため、数百円、数千円程度の交通費で行くことができ、イベントが行われるタイミングを狙って仕事や学校を自由自在に休める(こうしたホワイト企業に就職できている人はそもそもセレブです)人なら、何ら問題ないでしょう。

しかし、誰もがそんな都合よく予定を調整できるとは限りませんよね。様々な事情で当日に現地に行けないけれど、どうしても欲しいグッズがある人だっています。しかし企業(公式)がそうした人を救済してくれることは、滅多にありません。よって、転売屋から買うという選択肢は残されるべきなのです。

 

▼企業側の商売の仕方にこそ問題がある

世論を味方につけ、企業も、そして政治屋どもも転売屋撲滅に躍起になっています。しかし、それならば企業側には相応の対策を求めたいです。そもそも、僕は転売屋が発生する原因は、企業の売り方に問題があるためだと考えています。

企業はプレミアム感を出すためにグッズの量産をせず、通販もしない例がたくさんあります。さらに、売り出す期間は極めて限られていたりします。これは、金も時間もかかる地方在住者にとっては極めて不公平と言わざるを得ません。

まず、限定ではなく受注生産に切り替えるなど、注文を受けた分は確実に生産するようにしていただきたい。そして、前述のとおり、現地に行けなかったけれど欲しいという人の救済策を講じていただきたい。要は、その場所でしか買えない、数が100個限定など、プレミアムが付く要素があるので転売屋が発生するのであり、需要に見合った数が市場に行き渡れば、転売屋は自然に消滅します。

僕は、転売屋を生み出してしまう限定商法にこそ根本的な問題がある気がしてなりません。

それにしても、アンチ転売屋の皆さんは、大して儲からない転売屋を叩く一方で、限定商法で巨額の利益を上げている企業を叩かないのはどうしてなのでしょうか。転売屋を叩きたくなる気持ちはわかりますが、感情論だけで叩くのは、止めて欲しいものだと思います。 

 

▼転売屋という言葉を言い換えよう

そもそも、転売屋もリスクがあります。品物を手に入れるのは並大抵の苦労ではありません。例えば、先日の令和元年初日の明治神宮御朱印なんか、転売屋は数時間並んで1枚手に入れて、転売してもたった数千円しか儲かっていないのです。

これはむしろ、行けない人のために並んでくれたボランティアと言っていいレベルです。以前のブログにも書きましたが、僕は転売屋に対し、「あなたが苦労してくれたおかげで楽に手に入るんだ、ありがとう」と、労いの言葉をかけてあげたいほど感謝することが多いのです。

繰り返します。

交通費と宿泊費をかけて現地に行き、さらに朝イチで数時間も並ばされ、体力と時間を浪費し、それでも買えないことがある。僕の場合は体調を崩して数日間寝込む危険性もある。こうした数々のリスクを考えたら、転売屋に払う数万円の上乗せなんて屁のような額です。ぜんぜん安い安すぎると僕は思うのです。

転売屋という言葉にはかなり悪意が込められています。僕は、この言葉は適切ではないと思います。購入代行業者とでも言い換えるべきだと考えます。

 

町おこしin羽後町

町おこしin羽後町