頭のネジが手巻きで止まっている かがり美少女の中の人ブログ

<注意事項というか義務! 本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!!!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。このブログを読んで不快になったり、便秘になったり、ウンコが下痢便になったりなどのトラブルが生じても、クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

田舎の山菜&キノコ採りのマナーは最悪だ

f:id:kagariugo:20190421145954p:plain

秋田県人は山菜が好きすぎる

ですね。山菜シーズン真っ只中になってきました。秋田県の人々は山菜がなぜかめちゃくちゃ好きです。日常的に食卓に上がるため、若い人も食いまくります。

僕も好きです。というか、小学生のころから、家族と一緒に山菜採りをしまくっていました。じーさんは名人でしたし、親戚のおじさまも上手かったです。ワラビやゼンマイ、ミズ、タケノコ、タラノメなどなど。食卓には山菜が並びました。

んで、いつしか僕も単独で山に入るようになり、そのおかげで余計な知識がいろいろと付きました。高校時代にテストで赤点をとった時は、某教師にキノコを賄賂として贈呈して追試を免れるという最悪な闇取引を働いたこともありました(爆)。

そんなこともあって、山で遭難しても、食える植物とダメな植物の見分けくらいは楽勝でつく・・・はずです。

 

▼山菜採りはえげつない世界だ

小学生の頃から山菜採りとキノコ採りをやっていますが、当時の羽後町の山菜採りの人はマナーが最悪でした。

タラノメやコゴミを根こそぎ採る、他人の家の土地に勝手に入るなど、やりたい放題やっている奴がたくさんいました。というか、厳密に言えば山菜採り自体が、他人の土地に入って採っているケースがほとんどなので、かなりのグレーゾーンなんですけどね・・・(爆)

特に、マツタケマイタケなどのレアキノコ熾烈な争奪戦が展開されていました。まあ、マツタケやマイタケって採れるポイントをおさえれば見つかるので、実際はそんなにレアではないんですけどね・・・ でもブランド価値があり、食べたい人の需要があるのでレア扱いされているのです。ロレックスのデイトナのようなポジションのキノコですね。

んで、小学生のときにマイタケを採って籠に入れて下山していたら、麓から上ってきたくそじじいに「よこせ!」と恫喝されたこともあります(爆)。もちろん、僕が入っていた山はそいつの土地ではないのですが、子ども相手にえげつないことをする奴が、めちゃくちゃたくさんいました。

自然に親しむロハスな山菜&キノコ採りのはずなのに、羽後町の山で幾多の戦いを繰り広げて、大人、というか年寄りがクソな連中ばっかりだということを良く学びました。大人社会の嫌な面を見せつけられ、ろくな思い出がないのですが、それでも大量の収穫があると親が褒めてくれて、金をくれたり、漫画を買ってくれたので嬉しかったですね。

 

▼山菜をパクる悪い奴らが多い

羽後町のお隣、東由利で行われている黄桜すいプロジェクトの中の人が、このようにツイートしました。

何をいまさら・・・という感じでした。

というのも、これら、ぜんぶ我が家で経験済みなんですよね(爆)。

ゼンマイは外の日当たりの良い場所に干すので、しょっちゅうパクられていました。というか、田舎の家なんてカギもかけませんでしたし、近所の人が勝手に敷地に入ってきたりしていましたから、畑のものも盗られたりしていました。

 

▼大らかで寛容な精神も田舎の特徴

ただ、うちのじーさんはゼンマイをパクられても、また採ればいいやという感覚でした。今だとこういう行為がばれると、ツイッター公開処刑されるでしょう。しかし、一昔前まではこういった悪質な行為に対しても寛容といいますか、大らかな心で許す風土があったように思います。

それもある意味、田舎の特徴だと思います。

今はどうなっているか知らんですが、黄桜すいの中の人が書いているくらいですし、田舎の壮絶なマナーの無さやモラルの欠如は、相変わらずなんだなあと思います。僕は埼玉に住んで10年くらいですが、こんなこと、埼玉では一度も経験していないです。

田舎暮らしが注目されていますが、こうした田舎の風土が苦手と言う人は、田舎に住むべきではないと、強く念を押したいと思います。