かがり美少女の中の人ブログ

かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内が、好き勝手なことを書いてストレス発散するためのクソブログです。最低最悪なクソな内容多し。「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね( ^ω^ )。たまに(いや、かなりの頻度で)嫌な感じのことを書きますが、ゆるしてニャン☆

秋田県唯一の国宝を見たことある?

f:id:kagariugo:20190418121109j:plain

↑ 「水神社」にある「線刻千手観音等鏡像」。千手観音の像が刻まれている鏡。写真は、大仙市「ドンパル」に展示してあるレプリカ。画像:じゃらんの水神社紹介ページより引用

 

秋田県にも国宝はあるよ

秋田県には国宝が一つだけあります。大仙市の「水神社」にある「線刻千手観音等鏡像」です。平安時代に制作されたといわれ、神社の御神体として祀られています。

しかし、たぶん秋田県民の多くが、神社の名称すら答えることができない上に、そもそも実物を見たことない超マイナー国宝だと思います。見たことある人、どれだけいるんだろうか・・・? 

詳しくは下記のサイトを見てください。

この鏡ですが、毎年8月17日に行われる神社の例大祭で、しかも極めて限られた時間(約1時間)しか見ることができません。写真撮影も確かダメだったはずで、ネットにも画像はほとんど載っていません。おまけに最寄り駅からも遠いため、訪問のハードルは高いといえます。

僕は一度しか見たことがありませんが、お隣・岩手県の「中尊寺金色堂」などと違い、これほど全国的にも、さらに県民にも認知されていない国宝は珍しいといえるでしょう。

 

重要文化財第1号を知ってますか?

ちなみに、秋田県重要文化財第1号は何なのか、ご存知ですか?

これまた大仙市にある「古四王神社本殿」が正解です。明治41年(1908)に指定されています。秋田県南の住民のオアシスでありみんな大好きなイオンモール大曲の近くにあるのですが、地元の人じゃないと知らないですよね・・・(汗) 

f:id:kagariugo:20190418122044p:plain

↑ 飛騨の宮大工・甚兵衛の手による独創的な社殿で、室町時代の建築。画像:大仙市観光協会のサイトより引用

 

建築家・建築史家の伊東忠太が「奇中の奇、珍中の珍」と絶賛し、建築史家の天沼俊一も「和・唐・天を超越した天下一品の建物」と評価したと言われます。・・・が、知名度はいま一つです。いや、今一つどころではないか。ぜんぜん知られていないレベルです。

ちなみに、友人がこの神社にポケモンを捕まえに行ったと言っていましたが、社殿はまったく見てこなかったそうです。一応、奥羽本線の車窓からも看板が見えるのですが、ひっそりと佇んでいるので、これが凄い建築だとはわかりにくいのかもしれません。

 

▼観光にかかわる皆さん、勉強して!

だいぶ前に、秋田県の観光を考える会議に出たことがありました。会議に出ていた県の職員と話した時に、「秋田県って国宝が一つもない。京都や奈良みたいになれば、いろんなことができると思うが・・・」と言われました。

いやいや、国宝はあるんですよ。

さらに言えば、重要文化財も京都や奈良ほどではないけれど、ぼちぼちある。さらに言えば、「西馬音内の盆踊」なども含まれる国指定重要無形民俗文化財にいたっては、なんと17件もあり、全国1位なのです。しかし、そのことを県民の多くは知らないですよね。県がぜんぜん宣伝していないので、全国的な知名度も極めて少ない。地域資源をぜんぜん生かし切れていないのです。

こうした事実を知らず、さらに文化財などを見に行かずに、観光の議論なんかできっこありません。秋田県の観光で一番重要なのは、まずは観光に関わる人たちがもう少し地元のことをちゃんと勉強することだと思うのですが、いかがでしょうか?

 

秋田の有形文化財

秋田の有形文化財