かがり美少女の中の人ブログ

かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内が、好き勝手なことを書いてストレス発散するためのクソブログです。最低最悪なクソな内容多し。「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね( ^ω^ )。たまに(いや、かなりの頻度で)嫌な感じのことを書きますが、ゆるしてニャン☆

アンチ安倍晋三の人たちは、実は安倍晋三を愛している!

f:id:kagariugo:20190310113301p:plain

安倍晋三のせいにする人たち

僕は、自分の仕事ができない原因を他人のせいにする人が嫌いです。

特に、「安倍晋三のせいで苦しんでいる」「安倍晋三がいなくなれば平和になる」みたいなことを言っている奴らとは、どうも話がかみ合いません。

僕は安倍晋三が好きでもないし、嫌いでもありません。ぶっちゃけ、どうでもいいです。選挙にもいかないので、国が何をやろうと、知ったことではありません。まあ、安倍さんは凄くよく頑張っていると思います(知りませんけど)。

僕はそもそも政治に関心がありません。自民党が政権をとろうが、日本共産党が政権をとろうが、普通に生きていくだけです。政治の力を実感することが、良い面でも、悪い面でもほとんどないためですね。

 

▼野党が政権をとって、何が変わるの?

少なくとも言えるのは、安倍晋三をバッシングしている奴らは、仮に日本共産党が政権をとろうと、立憲民主党が政権をとろうと、何もできないし、生活は変わらないということです。

現に、民主党政権は3年も続きました。政治の力が生活に直結するほど大きいのであれば、アンチ安倍の奴らは、その間に何か一発逆転を狙うことはできたはず。彼らはその間になにをやっていたのでしょうか。何もできなかったということは、しょせんその程度なのです。

ましてや、立憲民主党なんか、民主党の劣化版のような団体です。国民民主党なんて、チンカスのような団体でしょう(そもそも存在が忘れられている)。日本共産党なんて憲法9条がどーたらこーたらと連呼するだけの無能な連中の集まりです。

そいつらが政権をとったところで、世の中が劇的に変わるのでしょうか?

彼らは政権交代があれば、次の敵を見つけてバッシングを開始するでしょう。安倍晋三枝野幸男に替わったり、志位和夫に替わるだけです。中身なんてないんです。

 

▼アンチ安倍は、実は安倍LOVE!?

そもそも、駅前で安倍晋三辞めろ~~とか言っている奴らに言いたいのは、そんなことやって楽しいのか? ということです。美味いものを食ったり、趣味の時間を楽しんだりする方が絶対に有益です。エロビデオを見てオナニーするのも、健康にいいと思います。

・・・いや、ひょっとすると、彼らは安倍叩きが趣味なのかもしれない。だとしたら、アンチ安倍と称しておきながら、安倍晋三のことが♡好き♡で仕方ないのです。安倍晋三が生きがいになっているのかもしれません。

僕だったら、嫌いな奴の名前を連呼するだけでも嫌ですからね。ところが、彼らはわざわざ国会議事堂の前まで時間と金をかけて旅行してまで、安倍、安倍、安倍と連呼できるのです。沖縄旅行をして、基地反対運動というバカンスを楽しんだりしている。セレブですね。

さらには「アベ政治を許さない」とでかでかと書いてあるクソダサいTシャツを着てまで、いつも安倍晋三のことを想えるのですから、これをと言わずして、何と言えばいいのでしょうか?

安倍晋三が総理じゃなくなったら、彼らは生きがいを失って、家に引きこもってしまうかもしれない。

僕は、彼らの生きがいを奪わないためにも、安倍晋三は総理を続けて欲しいと願っています。

 

日本共産党の研究(一) (講談社文庫)

日本共産党の研究(一) (講談社文庫)

 
新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)

新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)