頭のネジが手巻きで止まっている かがり美少女の中の人ブログ

<注意事項というか義務! 本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!!!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。このブログを読んで不快になったり、便秘になったり、ウンコが下痢便になったりなどのトラブルが生じても、クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

鉄道会社は車内販売を廃止してはいけない

f:id:kagariugo:20190218201011p:plain

▼消えゆく車内販売

車内販売は鉄道旅の醍醐味です。僕は新幹線の中でアイスを食べるのが楽しみです。

しかし、鉄道会社各社が、車内販売を廃止もしくは縮小する傾向で動いているそうです。現に、新幹線でも車内販売がない列車は少なくありません。特急に至ってはまったくないという路線もあります。

驚きなのが、温泉地などへ向かう観光主体の列車からも、車内販売がなくなりそうなのです。

ジュースや弁当は駅ナカのコンビニなどで買い求める人が多く、車内販売はコスパが悪くなったためでしょう。

 

ななつぼし成功の秘密

鉄道会社各社は、富裕層やインバウンド狙いで、乗車料金が数十万円する豪華列車を運行しています。

中でも、JR九州が各社に先駆けて運行したのが、「ななつぼしin九州」です。現在も予約待ちで大人気ですが、成功したのには様々な理由があります。

同社が運行していた特急「つばめ」は、博多~西鹿児島(現:鹿児島中央)を約3時間50分で結んでいた長距離列車でした。この列車にはつばめレディなるアテンダントがいて、きめ細やかなサービスを提供していました。

僕は「ななつぼし」をはじめ、「つばめ」の車両をデザインした水戸岡鋭治氏にインタビューしたことがあります。水戸岡氏は、つばめレディで蓄積されたノウハウが「ななつぼし」に生かされたことが、成功の要因の一つと言っていました。

つまり、一般のお客さんが利用する列車の経験無くして、富裕層が利用する「ななつぼし」の成功はなかったのです。質の高いサービスは一朝一夕に生まれない、ということがわかります。

 

▼人材育成の場に活用せよ

ところが、そんなJR九州までもが、率先して車内販売を廃止しようとしています。

豪華列車向けに専任のアテンダントを育成するつもりなのかもしれませんが、どうせなら車内販売を人材育成の場として活用してはいかがでしょうか。

豪華列車はお客さんが高いお金を払いますので、最上級のサービスが求められます。マニュアル以上のホスピタリティ溢れる対応をしなければ、そっぽを向かれてしまうでしょう。

一方、新幹線や特急の車内販売はあらゆるお客さんが利用します。こうした場で経験を積んだ人材を登用することで、質の高いサービスが生まれると思います。

 

▼鉄道旅がつまらなくなる

何より、車内販売が無いと、鉄道が単なる移動手段の一つになってしまい、鉄道旅が相当に味気ないものになってしまうと思います。

新幹線から食堂車はとっくに消滅しました。鉄道旅の醍醐味が、高いお金を出さないと味わえなくなってしまうのは、寂しい気がします。

前回、このブログで、若者のファッション離れは人件費のコストカットが原因である旨を書ききました。昨今、日本ではあらゆる業界で、コストカットしてはいけないものをコストカットしているせいで、モノが売れなくなる悪循環に陥っていると思います。

車内販売の消滅で、「鉄道旅離れ」が進まないか、心配です。

またあなたから買いたい! カリスマ新幹線アテンダントの一瞬で心をつかむ技術

またあなたから買いたい! カリスマ新幹線アテンダントの一瞬で心をつかむ技術