頭のネジが手巻きで止まっている かがり美少女の中の人ブログ

<注意事項というか義務! 本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!!!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。このブログを読んで不快になったり、便秘になったり、ウンコが下痢便になったりなどのトラブルが生じても、クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

正規店はロレックスとパテックフィリップに依存するべからず

▼2大ブランド頼みの時計店

某地方の正規販売の時計店に行ったら、店員さんが「うちはロレックスとパテックフィリップを正規で扱えなくなったら、正直、終わりです」と言っていました。

今や腕時計は生活必需品ではありません。若者は明らかに腕時計を着けなくなりました。かつては華やかだったこの時計店も、それだけ経営が苦しくなったということなのだと思います。

しかしながら、ロレックスとパテックは時計界の巨頭であり、黙っていても売れるブランドです。

f:id:kagariugo:20181012105812j:plain

ロレックスに関しては前に記事に書きましたが、多くのお客にとってはデイトナが出てくれば自販機でもいいし、ペッパー君でもいい、ぶっちゃけ店員イラネという状態だと思います。

既に人気のあるブランドの知名度や人気に乗っかっているだけでは、店員の存在意義がなくなってしまいます。

 

▼独自にブランドを発掘している店もある

例えば、奈良県橿原市の「小柳時計店」は、独自に店主が発掘したブランドを数多く扱い、県外にも顧客がいます。

栃木県宇都宮市にある「カマシマ」は、店主がバーゼルワールドに出かけ、ブランドと直接交渉してケレックなどの正規代理店になりました。

また、「ハンダウォッチワールド」は普通の時計店では扱いたがらない、奇抜で、独特なコンセプトを持った時計を扱っています。これは社長に高い審美眼があるからこそできる業です。

知られざる腕時計の魅力を伝えることに、時計店の真価があります。特に正規店は、既存の海外ブランドが取扱い店を絞っている現状だからこそ、独自にブランドを発掘する気概を持つべきだと思います。

 

 

REAL ROLEX(21) (CARTOPMOOK)

REAL ROLEX(21) (CARTOPMOOK)

 
REAL ROLEX(20) (CARTOPMOOK)

REAL ROLEX(20) (CARTOPMOOK)