かがり美少女の中の人ブログ

かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内が、好き勝手なことをつぶやいています。たまに嫌な感じのことを書きますが、ゆるしてニャン☆

腕時計の広告に美少女キャラクターを起用してくれ!

僕はいちおうフリーライターをやっていますので、国内の腕時計メーカーのマスコミ向け発表会などにご招待をいただいています。そういう場で、いつも感じることがあります。

なんで、腕時計の広告はどこもスポーツ選手か女優ばっかりなんだろう、ということです。

国内メーカーだと、セイコー大谷翔平綾瀬はるか天海祐希など。シチズン大坂なおみ北川景子など。海外ブランドでも、タグ・ホイヤー、ウブロ、リシャール・ミル・・・などが、スポーツ選手をメインの広告に起用しまくっています。

僕はスポーツにぜんぜん興味ないので、全部同じに見えます。

続いて、幻冬舎の「GOETHE」などの雑誌を見てみましょう。経営者やスポーツ選手が登場して、腕時計の魅力を語るような記事が毎号毎号出ています。「腕時計で闘争心に火をつけろ!」という感じで、読者を鼓舞する記事もあります。腕時計を身に着けて闘争心・・・なんでそんなにくたびれないといけないのかなあ(汗) この雑誌を作っている人たちはみんなMなんでしょうか???

高級腕時計を持っていれば成功者とか、そんなのず~~~~~~~~っと昔からあるイメージですよね。もちろん、それはそれで一つのパターンでいいと思うんですが、バブルの頃とか、大昔に使い古されたイメージを継続しているにすぎません。

僕は腕時計で闘争心とか絶対に嫌です。気合と根性みたいな大昔のイメージではなく、現代に即した、もっと気軽に腕時計を楽しむ視点を提示してほしいものです。

それにしても、大物の女優やスポーツ選手を起用しているのに、今、腕時計を身に着ける人がどんどん減っています。数字だけを見れば、こうした広告展開は、果たして成功しているといえるのかどうか。確かに、かつてはみんなが野球を見て、サッカーを見ていたのかもしれません。しかし、今の人たちの趣味嗜好は多様化しています。

これまでの広告のイメージでは、腕時計離れは加速する一方なのではないでしょうか。

そこで、アニメや漫画の美少女キャラ、キズナアイなどのバーチャルユーチューバーを広告に起用してみてはいかがでしょう。これまで腕時計に関心を持たなかった人も、取り込むことはできるのではと思います。

f:id:kagariugo:20181009104146j:plain

↑ ツイッターに、GENEVEさんという方が立ち上げた #時計とフィギュアの会 のハッシュタグがあります。腕時計とフィギュアという、なかなか結び付かなかったものを組み合わせ、新しい楽しみ方を提示してくれたと思います。


タグ・ホイヤーが日本の漫画「ONE PIECE」とのコラボモデルを出しました。日本の高級腕時計ブランドでも、セイコーのガランテが「鉄腕アトム」や「ブラック・ジャック」とのコラボモデルを出した先例はありますが、漫画・アニメ王国の日本では心許ないレベルの数の少なさです。

ぜひ、どこかのブランドが、10万円以上する本格的な仕様で、美少女キャラクターをあしらった高級腕時計を出してほしいものです。

特にキズナアイは今、大人気です。キズナアイモデルのグランドセイコーとか、まさに日本のイメージにふさわいい腕時計です。こうした独自のコンテンツやデザインこそが、世界の腕時計愛好家を惹き付けるのではないかと思います。

いかがでしょうか????

 

GOETHE(ゲーテ) 2018年 08 月号 (雑誌)

GOETHE(ゲーテ) 2018年 08 月号 (雑誌)

 
GOETHE(ゲーテ) 2018年 12 月号 [雑誌]

GOETHE(ゲーテ) 2018年 12 月号 [雑誌]