かがり美少女の中の人ブログ

かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内が、好き勝手なことをつぶやいています。たまに(いや、かなりの頻度で)嫌な感じのことを書きますが、ゆるしてニャン☆

バーゼルワールド開催期間中、地方の時計店は冷めきっていた

スイスで世界最大級の時計見本市「バーゼルワールド」が開催真っ只中の2019年3月22日~23日、僕は地方の時計店を巡っていた。 #chanel の置き時計。約1億4000万円也。#baselworld2019 これから二日目の取材スタート! pic.twitter.com/wLsluZJJny — 二本柳陵…

ロレックスが高くなりすぎ&モノが無すぎて、友人に“布教”できないのは辛い

このブログでロレックスの話をいろいろ書いたら、「山内さんはロレックス嫌いなんですか?」「嫌いなら語るな」という趣旨のメッセージが来ました。 そんなわけないでしょ!!!!!!!!!!! 嫌いだったら、そもそも買いませんわ!!!!!!!!!!!…

デイトナを買いに来た客に、デイトジャストを売れるか?

▼地方の時計店の天才販売員 僕は47都道府県にある主要な時計店は、ほぼ訪問しています。それ以外の小さな時計店も相当数、行っています。これまで訪問してきた中で、何人ものカリスマ店員といわれる方々に会ってきました。 その中でも凄いと思っている店員の…

世界遺産になるべきだった長野県の岡谷市

▼富岡と岡谷 2014年、群馬県富岡にある「富岡製糸場」が世界遺産に登録されました。僕はこのとき、セットで登録されるべきだったと思った地域があります。それが長野県(信州)であり、特に岡谷です。 岡谷は日本の絹産業・製糸業を牽引した都市でした。建築…

新興宗教のライバルは、ネトゲ、アイドル、既存の宗教

▼座談会が“敬老会”と化している 大学時代は独自に新興宗教の研究をしていたので、創価学会の座談会を冷やかしで見に行くのが趣味でした。 10年くらい前ですが、都市部はまだ若い人がそこそこいるのですが、田舎だと老人しか参加しておらず、座談会が敬老会…

教科書に載らない江戸時代の仏像、実は凄い!

▼注目されない“江戸時代の仏像” 葛飾北斎の展覧会が開催されるなど、江戸ブームが起こっています。江戸文化の再評価が進んでいますが、一方で、ぜんぜん評価が進んでいないのは江戸時代の仏像彫刻です。 日本史の教科書を開くと、仏像彫刻が紹介されるのは鎌…

グランドセイコーは量販店での販売を止めないと、ラグジュアリーブランド化は永遠に無理

↑ グランドセイコーは日本人の職人技の粋が集まっている、非常に素晴らしい腕時計なのですが・・・ ※写真の時計は中の人の私物です。 ▼歓喜が一転、微妙な心境に 2017年、グランドセイコーの本格的な世界進出と、ラグジュアリーブランド化の発表を聞いた僕は…

ロレックスの相場は近いうちに崩壊する

↑ 僕自身もロレックスは好きでいろいろ買ってきているのですが・・・ ※写真の時計ケースと時計は中の人の私物です。 ▼興味ない人も投機目的で買うロレックス 僕は、ライターの取材で腕時計を着けています。そうすると、相手が「山内さん、いい時計着けていま…

漫画家の死後、原画は誰が管理するのか?

▼漫画原稿の昔と今 今では想像できないことですが、1970年代頃までは、漫画の原画の管理は極めて雑でした。要は、本になってしまえば、原画は不要になるためです。 アニメのセル画も同じです。産業廃棄物扱いであり、スタジオ見学に来た子供たちにタダであげ…

韓国は日本企業をバッシングして何が面白いの?

う~~~ん・・・ 率直な疑問なのだけれど、こんなくだらない条例を作って、教育現場に持ち込んで、何が面白いんだろう?? 反日政治家のオナニーでしかないと思うのだが。小物感満載な条例と言わざるを得ない。韓国の政治家は、アンチ日本の姿勢を貫けばそ…

“貯信”の時代を生き残るには

キングコングの西野亮廣さんが著書で“貯信”の話をしています。 貯信とは、信用を貯めることです。 これからの時代は信用がお金、財産になる時代である、ということを指摘しています。 僕はライターの仕事をしています。一昔前のライターであれば、例えば大し…

戦時中にひもじい体験をしていない地域もある?

▼我が家では食うに困らなかった 小学校のとき、第二次世界大戦の戦時中の暮らしをじいちゃんばあちゃんに聞いて、レポートにまとめるという課題がありました。 ところが、困ったことに、僕のじいちゃん(大正15年生まれ、2年前に死去)はいわゆる学校が喜ぶ…

デイトナは3割引きにしても誰も買わなかった ~あるロレックス旧正規店の証言

↑ ロレックスで人気のモデル/コスモグラフデイトナ。※写真の時計は中の人の私物です。 現在、ロレックスでもっとも人気のあるモデルと言えば、ステンレスのコスモグラフデイトナでしょう。その後に、GMTマスター2や、サブマリーナーが続くと思います。 正…

“制服のおさがりNG”の学校はがめつい

▼制服のおさがりがダメなの? 格差社会が問題になっています。格差は教育にも及んでいます。金銭的な事情から、高等学校に行きたいけれど行けないという生徒がいるそうです。 なかには、制服の値段が高いため、中学校の制服を着て高校に行っていいかと相談し…

国宝の日本刀を「人切り包丁」と呼ぶな!

▼国宝の購入は無駄な出費か? 「刀剣乱舞」の人気により、空前の日本刀ブームが到来しています。 若い人たちにも愛好家が増え、日本を代表する工芸・美術品である日本刀への関心が高まっています。 ゆかりの地である岡山県瀬戸内市では、国宝「山鳥毛里帰り…

西武百貨店のザ・シチズンコーナーが雑すぎる件

▼西武の時計売り場のやる気のなさ 池袋の西武百貨店と言えば、以前にロレックスの転売問題がネットで話題になった百貨店なのですが、問題はそれだけではありません。 時計コーナーが、いつ行ってもやる気が感じられないことです。 ロレックスとは運営母体が…

アンチ安倍晋三の人たちは、実は安倍晋三を愛している!

▼安倍晋三のせいにする人たち 僕は、自分の仕事ができない原因を他人のせいにする人が嫌いです。 特に、「安倍晋三のせいで苦しんでいる」「安倍晋三がいなくなれば平和になる」みたいなことを言っている奴らとは、どうも話がかみ合いません。 僕は安倍晋三…

「雛人形は譲らずに捨てろ」だと!? ふざけるな!

▼雛人形のお下がりはNGですって? 日本人形協会という人形屋の団体が、ネットにUPした漫画が話題になっています。曰く、「雛人形や五月人形は自分だけのお守りであり、子や孫に引き継ぐのはNG」だ、などとほざいているのです。 はああああああああああ…

“転売屋”は本当に“悪”なのか?

▼転売屋をすべて悪と見做していいのか? 近年、転売屋が叩かれています。 転売屋が転売するものは多種多様です。コンサートのチケットを定価で買って高額で転売したり、ロレックスのステンレスのデイトナなど滅多に手に入らない品物を転売するなど、いろんな…

バイトテロは低賃金と関係が無い

▼新たな社会問題“バイトテロ” バイトテロが社会問題になっています。 くら寿司でバイトがごみ箱に捨てた魚を拾って調理したり、セブンイレブンでバイトがおでんを口から出すなど、まあ子どものいたずらみたいなことをやっては、動画を撮影し、ネットにUP。大…

羽後高校の志願者数激減の衝撃

▼羽後高校、異次元の定員割れ 少子化に伴い、地方の市町村では学校が維持できなくなり、統合や廃校の道を辿るケースが多くなっています。そして、それは我が故郷の秋田県羽後町も例外ではありません。 羽後町唯一の県立高校、羽後高等学校の一般入試の志願者…

望月衣塑子によれば、俺はなんと「国民の代表」らしい!

「違和感覚える」と #菅義偉 #官房長官 は言及したが、不当な抗議文に強い違和感を感じたのはこちらの方だ選挙で選ばれた政治家はどんな民意でも踏み潰せると思ってるのか#東京新聞「記者は国民代表して質問」 #官邸 「代表の根拠示せ」 「選挙経た議員こそ…

鉄道会社は車内販売を廃止してはいけない

▼消えゆく車内販売 車内販売は鉄道旅の醍醐味です。僕は新幹線の中でアイスを食べるのが楽しみです。 しかし、鉄道会社各社が、車内販売を廃止もしくは縮小する傾向で動いているそうです。現に、新幹線でも車内販売がない列車は少なくありません。特急に至っ…

店員の質の低下が、若者のファッション離れを招いている

▼機械的な仕事しかしていない店員 ファストファッションのお店に行くと、いつも思うことがあります。 店員が機械的な仕事しかしていないのです。 客に「サイズ違いはありますか?」と聞かれて、サイズを持ってきたり。レジを打ったり。商品の陳列や品出しを…

かがり美少女イラストコンテストは“地元有利”か?

▼「かがり美少女イラストコンテスト」とは 私が主催している「かがり美少女イラストコンテスト」は、あくまでも羽後町という田舎の商店街のお祭りの中で、個人が開催しているイベントです。 いわゆる大手出版社が主催する新人賞や、企業が大々的に開催するコ…

シンプルな造形を再現するのは難しい

昨日息子の大好きなくら寿司に行ってきた。鬼のやつが可愛いからと息子がウキウキしながら頼んだら出てきたのが下のやつ。息子が、見た瞬間「何これ!全然違う!」って叫んだ。ツノが四角でっていうか角ですらない。頭の毛もハゲ散らかしとる。目も虚ろで酷…

正規店はロレックスとパテックフィリップに依存するべからず

▼2大ブランド頼みの時計店 某地方の正規販売の時計店に行ったら、店員さんが「うちはロレックスとパテックフィリップを正規で扱えなくなったら、正直、終わりです」と言っていました。 今や腕時計は生活必需品ではありません。若者は明らかに腕時計を着けな…

雑誌で腕時計の企画を作るのは難しい

▼腕時計に興味のある人とない人 僕はニートであると同時にライターもやっていたりするのですが、主に建築や旅行やサイエンス関係の仕事がメインなので、時計専門の時計ライターではありません。 けれども、趣味が高じて腕時計の企画をいろんな雑誌に持ち込ん…

JAうご「美少女あきたこまち」成功の要因と、JA全農あきた「釣りキチ三平」あきたこまちが短命だった理由

▼ あきたこまちなのに、男子?! 以前、JA全農あきたは、あきたこまちの米袋に「釣りキチ三平」を使っていました。作者の矢口高雄さんが秋田県出身であるためです。 売上が下がっていたあきたこまちの認知度を上げる取り組みとして、全面モデルチェンジを…

スピードと量を重視する出版は現場の疲弊を招く

▼スピードと量を重視する出版 “スピードは熱を生み、量は質を生む” これは、今を時めく幻冬舎の編集者・箕輪厚介さんの本『死ぬこと以外かすり傷』に収録されている言葉です。 死ぬこと以外かすり傷 作者: 箕輪厚介 出版社/メーカー: マガジンハウス 発売日:…