かがり美少女の中の人のゴミのようなクソブログ

<本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、他人の悪口をはじめ最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

店員からひどいことを言われる? だったら行かなきゃいいだけじゃん!

▼本当に店側が悪いのか

百貨店時計店の店員からひどいことを言われたと、いちいち御丁寧に店の名前まで書いてTwitterに書いて報告する人がいる。しかもその人は、違う店でも胸にグサっと刺さるようなひどいことを言われているらしい。

1回言われただけなら、店側に問題がある可能性も否定できない。

しかし、何回も何回も、違う店でもいろいろ言われるという人がいた。この場合、私はそれは店が悪いのではなくて、100%そいつが悪いんじゃないのかと思っている。

私はそれこそ日本中の百貨店や時計店に行っていると思うのだが、そのようなことを言われたことは、ほとんどない。まあ確かにひどい店員はいるのだが、それでも最低限必要十分な対応はしてくれる。

商品の使い方について注意されたことはある。しかし、それは明らかにこちら側に非があったことだから、店を責めるようなことはできない。

 

▼嫌なら行くな

店員の発言が気に食わなかったとしよう。まずTwitterに早急に書くのではなく、あなた自身の振る舞いや服装が、店にふさわしかったかどうかを一度検証してみるべきだ。

商品を許可を得ずに勝手に触ったり、立入禁止のブースに入ったり、はたまた高級店にふさわしくないような小汚い格好で行ったり、わけのわからないことを言ったりするようなことがなかったか、考えてみるべきである。

そもそもなぜそんなに嫌な思いをしているにも関わらず、百貨店なんかに行くのか。その感覚が私には1ミリも理解できない。

行かなければいいだけではないか。

今や商品などいくらでもネットで通販はできる。もしくは自分の立ち振る舞いを改善すればいい。もしくはいい店を探して全国回ればいい。そういったことをろくにせずに、店側にしょうもない難癖をつけるというのは傲慢ではないのか。

 

神対応される必殺技

なお、店員がとてつもなく丁重になる方法がある。簡単だ。店に莫大に金を落とせばいいのである。

たびたびこのブログで書いているが、一見とお得意様は差別されて当然だ。1円も金を使っていない奴と1,000万円使っている客に、なぜ平等なサービスをする必要があるのだろう。公平なサービスを求めるのはモンスターカスタマーである。

だから手っ取り早い方法は、とにかく課金をすれば良いだけである。もしくは、自分の服装をそういった高級店にふさわしいようにすればいい。髪を美容室で切ってもらうついでに、美容師にファッションのアドバイスをしてもらうとか、いくらでも方法はある。

そして、百貨店のやり方が気に食わないのであれば、潔くネット通販にすればいい

繰り返すようだが、過剰なサービスを受けたいのであれば。とにかく課金をして店側から一目置かれるような存在になることだ。これしかないのである。

 

プロ法律家のクレーマー対応術 (PHP新書 522)

プロ法律家のクレーマー対応術 (PHP新書 522)

  • 作者:横山 雅文
  • 発売日: 2008/05/15
  • メディア: 新書
 
ネット予約時代の困ったお客のトリセツ

ネット予約時代の困ったお客のトリセツ

 

 

日頃から十分に備蓄することが防災の基本です。~アベノマスクを寄付して本当に大丈夫か?

▼防災意識を高めることは重要だ

私は東日本大震災の被災地を2~3年ほど取材した。あの凄惨な現場を見て、避難生活をしている人々に話を聞きまくった経験があるので、おそらく普通の人よりも防災意識がかなり高いと思う。

非常食や防災用品は日頃から常備している。ミネラルウォーターやカップラーメンやカップライスやレトルトカレー、懐中電灯やヘルメットや簡易トイレや消毒薬や絆創膏、そしてマスクなども普段から十分な量を蓄えてある。

新型コロナウイルスの蔓延でマスク不足が社会問題になったが、私はコロナの流行前から100枚くらい備蓄していたので、一切買いに走らなくても済んだ。もし仮に都市封鎖が起きたとしても(もちろん日本でそんなことができないのは知っているが)、問題ないレベルの食料は常に家にある。

マスコミは有益な情報を流さないと批判する人がいるが、そんなことはない。防災に関する情報は、以前からずっと報じられているように思う。日本は地震も台風も多い。未曽有の災害が近年多く発生している。そのたびに防災に詳しい専門家が、日頃の備えを呼び掛けているではないか。

 

▼災害を他人事だと思っていないか?

しかし、多くの人は災害を他人事だと思っている気がしてならない。日頃から備蓄をしている人は果たしてどれだけいるだろうか。ギリギリになるか、問題が発生してから食料や防災用品を慌てて買いに走るケースが多いのではないか。

昨年の台風19号のときも、スーパーからミネラルウォーターやカップラーメンが一斉に消えた。今回のコロナもマスク転売買い占めが起こっているが、そもそも十分に数があるときに備蓄をしていれば、あれだけの騒ぎにはならなかったはずだ。通常の10倍もの値段で買うことにもならなかっただろう。

とにかく、十分に数があるときに備蓄しておくことが防災の基本だ。非常事態になってから買うようでは遅すぎるのである。

 

▼第二波が来たらどうするのか

現在、コロナの問題がおさまりつつある。マスクも十分に行き渡ってきたとして、アベノマスク不要論が言われている。寄付する人が相次いでいるという。私はこういったニュースを見るたびに、はぁ~~~・・・とがっくりしてしまう。

もし、第二波が来たら、どうするのだろう。またマスクを求めて、ドラッグストアに並ぶのだろうか。

官房長官はマスクを備蓄しておくことを薦めている。第二波を警戒しての発言だろう。

確かに現状では配達の遅れなどもあり(現在も配達がぜんぜんできていない)、役に立っているとは言い難い。だが、仮に第二波が来た時は確実に役に立つ

マスクを十分に備蓄している人なら問題ないのだが、ほとんど持ってない人が感情的に安倍晋三が嫌いだとか、マスクなんて行き渡っているからいらねーという理由で安易に寄付をするのは賛同できない。わが身を守るために備えておくことが大切だ。

 

▼寄付よりも備蓄が大切だ

私はマスクが大量にあるけれど、アベノマスクは寄付せずに備蓄する。いつか役に立つ日が来るかもしれない。寄付した人が後でマスク不足で泣くようなことが、なければいいのだけれど。

第二波が来ると、第一波よりも深刻な流行になると予測している研究者もいる。そうなると、確実にマスク不足が起こるだろう。繰り返すが、数が十分にあるときに備蓄しておくことが、いざと言う時に慌てずに済むし、身を守ることに繋がるのだ。

 

三立 ホームサイズカンパン 475g

三立 ホームサイズカンパン 475g

  • メディア: 食品&飲料
 

 

アベノマスク配布は意味のある政策だ。

f:id:kagariugo:20200530113724j:plain

↑ 埼玉県内の我が家にもようやく届いた(5月29日)アベノマスク。

 

新型コロナウイルスの流行が依然として続いているが、安倍政権の支持率が、新聞各社の世論調査では著しく低下してるらしい。支持者もだいぶ見放し始めたという意見もある。

安倍政権のコロナ対策の中で特に議論を呼んでいるのが、各家々に布マスクを2枚配布する支援、いわゆる“アベノマスク”だ。

アベノマスクに関しては、右側の人間も左側の人間も、総じて批判的である。

たった2枚では意味がないとか、わけのわからない企業が受注しているとか、十分にマスクなんか出回るようになったとか、さらには重箱の隅を突いたようなことまで探し出して総バッシング状態である。

SNSなどを見ても、このマスクについて賞賛するツイートはほぼ見かけない。

しかし私は、アベノマスク配布は意味がある取り組みだと考えている

それは、マスクが入手困難な、地方の田舎に対しても公平にマスクを配布できる点に、意味があると考えているためだ。

首都圏で生活しているとなかなか想像ができないことだが、日本にはドラッグストアやコンビニエンスストアが近くにない集落や家はごまんとある。最寄りのコンビニに行くまで、車で1時間走らなければいけない人も、決して珍しいものではない。

そして、このご時世だ。時間をかけてマスクを探しても、手に入らないこともあるだろう。確かにマスク2枚はしょぼいし、作りもチープだ。しかし、洗って再利用できるのだから、ある程度の日数は使える。マスク難民の人々を救済できると考えれば、アベノマスクは決して無駄な取り組みではないのである。

そもそも、基本的に国の政策や公共事業は公平かつ平等であるべきだ。収入の格差で差別してはいけないし、居住地によって差別するようなことはあってはならない。

ところが、芸能人や文化人の間にも、アベノマスク(というより安倍晋三)憎しで感情的になり、平気で差別的な意見を言う人がなんと多いことだろうか。彼らに根本的に欠如しているのは想像力だ。アベノマスクなんか要らないと言っている人は、マスクがいつでも入手できる恵まれた環境にいることを自覚していない。

最寄りにドラッグストアがない人。

足腰が弱くてマスクを買いに行けない人。

インターネット環境がなく、マスクをネット通販できない人。

こうした社会的弱者に対する目線が欠けている。私からすれば、美しい日本の復興を唱えている右翼も、弱者にやさしい政治をと叫ぶ左翼も、実態は弱者に対して冷淡な点で同じである。芸能人や文化人の意見は、ことごとく東京目線だ。田舎に住んでいる人を切り捨て、見捨てようとしているとしか思えない。

さらに安倍憎しの連中には、感情的にアベノマスクをわざわざ送り返す人までいるようだ。そんなことをしたらますます余計な手間がかかるだろうに。社会を本気で良くしたい、人を救いたい(そして自分も助かりたい)と思うのであれば、現場の迷惑を顧みない行為は慎むべきだろう。

マスクの配布の遅れは大問題だが、これはまた別の議論に譲りたい。また、そもそも布マスクに限らず、「マスクなんぞにウイルスを防ぐ効果があるのか?」という議論もあるのだが、この話題も書くと長くなるので省略する。

少なくとも言えるのは、「マスクがウイルス予防にある程度の効果がある」という前提で話を進めると、現在、感染症予防を首都圏から田舎まで隈なく平等に行う上では、アベノマスクは決して無駄な取り組みではないということだ。

ところで、首都圏の病院の医療崩壊や患者受け入れ体制の逼迫が、たびたびニュースで報じられているが、そこに地方目線の報道がないのが気がかりだ。

田舎には、病院はもちろん、医者すら1人もいないという自治体もあるためである。無医村が社会問題になっているのは承知の通りだ。こういった地域にコロナウイルスが入り込むと、大パニックに陥る。田舎は高齢化率も高い。住民全員が死に至るという、最悪のケースも十分にあり得るだろう。

こうした事態を未然に防ぐ意味でも、アベノマスクは現在取り得るもっとも効果的な政策だと私は考えている。

 

【Amazon.co.jp 限定】快適 使い切り 不織布 マスクふつうサイズ 50枚入

【Amazon.co.jp 限定】快適 使い切り 不織布 マスクふつうサイズ 50枚入

  • 発売日: 2020/04/13
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

安倍晋三が総理大臣をやめても世の中はそんなに変わらない。

タイトル通りです。

 

安倍晋三がやめれば世の中が良くなると本気で思い込んでいる人がいるようですが、そんなわけねえだろ。

世の中そんな単純ではありません。

 

総理 (幻冬舎文庫)

総理 (幻冬舎文庫)

  • 作者:山口 敬之
  • 発売日: 2017/04/11
  • メディア: 文庫
 

誹謗中傷が怖い芸能人はSNSをやらなければいいのだ。

▼誹謗中傷への対応策

SNSで芸能人やスポーツ選手に対する誹謗中傷が議論になっています。

誹謗中傷に対する超簡単な解決方法があります。

SNSをやらなけりゃいいのです。

僕の知り合いの漫画家は、SNSの意見を見るのが怖いと言うことでネットすらほぼ見てない人がいます。自ら、神経をすり減らすようなところに飛び込むのは、よほどのMでもない限り危険です。

なのに、なんでSNSが苦手だ、叩かれるのが苦手だという人も無理してやるのでしょうか。別に、やらなくていいと思うんだけどなあ。

自分の宣伝のためですか? ・・・それならもっと別のいい方法があるはずです。

 

▼誹謗中傷は昔からあった

SNSの広がりで誹謗中傷が増えたと言っている人がいました。しかし、はっきり言って、著名人への誹謗中傷なんて昔からありました。最近になって急に増えたとは僕は思いません。

しかし、かつては、マネージャー編集者がそういう誹謗中傷を全てはねてくれていたわけです。つまり、彼らがフィルターの役目をしていたわけですね。だから本人に届かなかったのです。

それが今は、SNS経由で直接本人に届くようになっちゃった。その違いです。

漫画家で編集者不要論を唱える人がいますが、そういう人に限って編集者の存在意義を理解していません。編集者は、原稿を見るだけが仕事ではありません。例えばファンレターをチェックして、誹謗中傷の手紙を見せないようにしてくれるのです。

これだけでもありがたい存在です。漫画家を守ってくれているんだよね。

このように、芸能人がどうしてもSNSをやりたい、でも誹謗中傷が怖いという人は、マネージャーが検閲するシステムを導入すればいいと思います。

 

炎上

炎上

  • 発売日: 2015/09/21
  • メディア: Prime Video
 

 

ネット炎上の研究

ネット炎上の研究

 

安倍政権の暴走よりも怖いのは一般人の暴走です。

▼自粛警察の出動が盛んだ

今回の新型コロナウィルスの騒動を見て感じたことなのですが、とにかく安倍政権の暴走よりも恐ろしいのは一般人の暴走です。

いわゆる自粛警察が各地で出動しています。

彼らは自粛要請が出ているにもかかわらず開けている店に対し、抗議の電話をかけたり、ショーウインドウに張り紙をしたりします。他県のナンバーのクルマが目に付くと、クルマに傷をつけるなどの嫌がらせをしたり。

東京の戸越銀座の商店街も、人出が多いとニュースで報じられたら、すぐさま自粛警察が出動。抗議の電話をかけまくり、多くの店が閉店に追い込まれました。

自粛警察の連中こそ、外出なんかしないで家にいろと思いますけどね。よっぽど暇なんだと思いますが。

 

▼戦時中も同じ雰囲気だったはずだ

ホリエモンがこうした風潮を揶揄していますが、日本人は本当、横並びで同じことをするのが好きなようです。

そしてルールに少しでも逆らい、違うことをしようものなら、とことんバッシングする。集団で、精神的に病むまで追い詰める。田舎だといわゆる村八分にする。実に陰湿だなあと思います。

私が思うに、昭和16年(1941)に始まった大東亜戦争の最中も、日本中に今回のコロナと同じような風潮が蔓延していたんだろうなぁと思います。戦争に少しでも協力しない人間は非国民だと罵っていじめる。これって自粛警察がやっていることと同じです。

そもそもあの戦争は、東條英機は開戦に反対でした。しかし、朝日新聞などのマスコミと、それに乗せられた世論が戦争をしろしろと煽り、泥沼の戦争に突入した経緯があります。

そして、戦時中に東條は『少年倶楽部』の表紙になるほどアイドル的な人気があったにもかかわらず、戦況が悪化するとじわじわと人気が凋落、戦後になるとバッシングの対象になりました。結局、いつの時代も一般人は権力者を叩くことで安寧を得るわけですね。

 

▼人類の歴史は同じことの繰り返し

人類は考えの違う者に攻撃を加えたがります。ガリレオ・ガリレイが「地球は回っている」と言ったら裁判にかけられたし、ダーウィンは進化論を唱えると「おまえもオランウータンか?」と中傷されました。

そして、どれだけ科学技術が進化してもみんなデマに騙されます。

大正12年(1923)の関東大震災の後は「朝鮮人が井戸に毒を入れた」とデマが広がり、罪のない人たちが殺されました。昭和48年(1973)には電車内のJKの「豊川信用金庫が危ない」という一言がきっかけにデマが広がり、取り付け騒ぎに発展しました。

令和2年(2020)、ツイッター上ではしょ~~~~~~~~~~~~もないデマが蔓延し、それに騙されるアホが続出しています。

人類の歴史上、何回同じことが繰り返されてきたんでしょうか。

人間の本質って、本当に変わらないんだなぁと痛感しました。

 

ダーウィンの「種の起源」: はじめての進化論
 

 

アジアを解放した大東亜戦争―連合国は東亜大陸では惨敗していた

アジアを解放した大東亜戦争―連合国は東亜大陸では惨敗していた

  • 作者:安濃 豊
  • 発売日: 2020/03/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

PCR検査をしてもらわないと、そんなに不安なのかい。

新型コロナウイルスに関連して、マスコミはPCR検査をやれととにかく強調しまくっています。

ツイッターを見ても、一般人もそれに乗せられて検査を拡充しろ、日本は検査が他国より少ないのはおかしいと右翼も左翼もそろって騒ぎまくっている。

あのねえ、アメリカにしろヨーロッパにしろ、検査数を増やしすぎたせいで医療崩壊が進んだわけですよ。日本が水際で医療崩壊が起きていないのは、余計な検査数を増やしていないことが大きい。

コロナが心配な人は、

・外に出ない。

・会社に行かない。

・人が集まる場所に行かない。

これらを徹底すればいいだけのことです(他の感染症でも同じです)。

それに、検査をあちこちの病院で解禁したら、どうなるでしょうか。それこそジジババが病院に殺到して、三密な状態を生み出してますますコロナを広げてしまうでしょう。

若者は感染してもほとんど亡くなることはありませんが、老人の感染者は死亡率が高い。にもかかわらず、老人は暇なので、自分から三密な空間に行きまくってしまう。うちの近所のドラッグストアだって、朝からマスクを求めて並んでいたのは転売屋ではなくてジジババが中心でした。

自分から危険な場所に行きたがるとか、Mなんですかね?

私にはわかりませんが、本気で老人福祉を考え、そいつらを生かしたいなら、絶対に余計な検査をやっちゃダメです。

それにしても、そんなにみんな検査をしてほしいのかねえ。

自分の体調の良しあしが、第三者に判断してもらわないとわからないとか、人間として終わっているんじゃないですか。猫だって自分の体調がわかるのになあ。

 

「新型コロナ恐慌」後の世界

「新型コロナ恐慌」後の世界

  • 作者:渡邉哲也
  • 発売日: 2020/03/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)