かがりチャンのクソブログ

<本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、他人の悪口をはじめ最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

ロイヤルオークが売れなかった時代に頑張って売っていた時計屋こそが、真のロイヤルオーカーだ。

 

 

僕はまったく知らなかったのですが、オーデマピゲのロイヤルオークという時計を好きな人を“ロイヤルオーカー”と呼ぶそうです。

ある時計愛好家が、時計ジャーナリストの某氏のことをツイッターでディスっていました。たった3本しか買っていないのに、自分をロイヤルオーカーなどと名乗るな、ということなのでしょうか。よくわかりませんけど。

それはさておき、じゃあどんな人がロイヤルオーカーにふさわしいのでしょうか。

たくさん数を買っている人でしょうか?

僕は、「ロイヤルオークが売れなかった時代に頑張って売っていた時計屋」こそが、ロイヤルオーカーだと思います。

ロイヤルオーク、現在は予約が殺到し、一部のモデルには並行店でプレミアがついています。ツイッターやインスタには世界中の人がロイヤルオークを載せています。

ところが、わずか30年前くらいまでは、とにかく売れない時計でした。同様に不人気だったロレックスのデイトナよりも売れない時計だったと言う人もいます。

1972年に発売された当時は、オーデマピゲがこんなスポーツウォッチでしかもステンレスの時計なんか作るのはくそダサいと考えられていたと、某時計店のA氏は言っています。

今でこそ、ジェラルド・ジェンタの傑作だと、評価する人は大勢います。しかし、かつては評価が正反対だった時代があったのです。当時は富裕層が手にする時計といえば金無垢のドレスウォッチが全盛で、ステンレスの時計は見向きもされませんでした。

問屋さんも困っていました。とにかくどこの店も置いてくれないので、頼み込んでようやく扱ってもらえるレベルだったといいます。

そんな中でも、ロイヤルオークをかっこいいと思い、積極的に仕入れて、売りまくっていた時計店は確かに存在します。ものすごい先見の明がありますよね。

今は流行っていますから、お金がある人はいくらでも買うでしょう。店側も扱えるならどんどん扱いたい商品です。しかし、富裕層も愛好家もほとんど見向きもしなかった時代、人にすすめるのは勇気がいります。それを頑張っていた時計店、かっこいいですなあ。

しかし、こうした時計店は軒並みオーデマピゲを扱えなくなり、正規扱いを切られてしまいました。私が知っている、田舎の人たちにロイヤルオークを売りまくった時計店も、今ではテクノスのロイヤルオークもどきを売っている有様です。

非常に残念です。

 

クロノス日本版 no.088

クロノス日本版 no.088

 

 

死ぬこと以外かすり傷・・・ではなかった箕輪厚介は最高にダサい

 

死ぬこと以外かすり傷

死ぬこと以外かすり傷

  • 作者:箕輪 厚介
  • 発売日: 2018/08/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

▼自称カリスマ編集者大炎上

幻冬舎の自称・カリスマ編集者の箕輪厚介が文春砲に撃たれて炎上しています。

 

この文春砲は当初はエイベックスの松浦勝人大麻使用疑惑だったのですが、いつの間にか箕輪に飛び火しています。箕輪が、告発者のA子さんをライターにして松浦の本を作ろうとしていたため、一緒に暴露されてしまったようです。

一言でいえば、箕輪くそキモいな~~~ やらかしたな~~~ です。とにかく箕輪のダサさが際立っています。

業界には編集者としての箕輪を評価している人なんてほとんどいないと思うのですが、まあ本当にいろんな面で終わっているなあと感じました。

 

▼かすり傷どころか重症

な~~~にが、「死ぬこと以外かすり傷」だ。ぜんぜんかすり傷じゃないじゃん。

重症じゃねえか。

この程度の文春砲をかわせないようじゃ、ぜんぜんダメです。文春の記者の電話にも、会社からこの件についてはしゃべるなといわれていると答えたようです。本当にダサい。会社に守ってもらって、ぬくぬくと生きてんじゃないよ

会社の命令なんか無視して、文春の記者に正々堂々と立ち向かえ。言いたいことを言え。好きなだけ言いまくって、あとで見城に怒られたらそれでいいじゃねえか。結局、会社という組織に守られている、見城徹の犬でしかない。すさまじくダサいリーマンです。

弱い犬ほどよく吠えるといいますが、こういった偉そうなことをいう人は、本当に打たれ弱い。見城がそうでしたが、箕輪はさらに弱いです。

箕輪はツイッターのアンチコメを、どうやらブロックしたり表示されないようにしているみたいです。さらにアンチコメントがつかないようにと、ホリエモンの本に関するツイートをひたすらリツイートしてごまかしています。せこいし、逃げてばっかり。どんだけメンタルが豆腐なんでしょうか。

 

▼編集者としてレベルが低い

そして、今回の告発は、箕輪の編集者としての致命的な問題を露呈しています。

とにかく箕輪は、文章を読むという編集者として最低限必要なスキルが壊滅的に無いようです。

私は、見城がA子さんというライターの原稿をダメだと言ったのは正しいと思っています。きっとA子さんは文章ヘッタクソなんだと思います。ところが、箕輪はそもそも文章を読むスキルが無すぎて、ライターの能力や駄文を見抜けずに仕事を進めてしまいました。

つまり、最初の時点でもうこのプロジェクトはダメだったといえます。松浦のような大物は、箕輪ごときが扱うにはあまりに大きすぎる存在だったのです。

 

▼儲かっているなら金を払え

そして、どんなにA子さんが無能だったとはいえ、ここまで相手の時間を奪っておいて独断で仕事を進めておきながら、ギャラ未払いは論外です。

やっぱり金はしっかりと払っておかないといけない

箕輪はオンラインサロン(笑)で儲けまくっていると公言しているんだから、その金を使ってキッチリと、この問題を清算しておけばよかったんじゃないだろうか(本当に儲かっているのなら・・・ね)。金の使い方が本当に下手すぎます。肝心なところで金をケチるから文春砲が炸裂して、重傷を負ってしまうんだよね。

本件は箕輪が一方的に依頼しているのだから、幻冬舎が金を出さずとも、自腹切ってでも出すのが礼儀ではないでしょうか。

 

▼今は昭和ではなくて令和の時代です

私は同業者として思いますが、そろそろ見城や箕輪みたいな昭和の時代の古くせー考え方は、出版界からいい加減なくなって欲しいです。

こういう人たちは、とにかく自分たちが時代遅れで脳みそが昭和であることを認めたがらないから、ほんとにタチが悪いのです。

もはや幻冬舎見城徹的なやり方は時代遅れで、オワコンです。箕輪とその取り巻きは、いつまでも昭和なやり方ではなく、令和の時代にあった手法に転換するべきだと思います。

箕輪の昭和な編集イズムを知るには、この記事で紹介している本を読むのがベストだと思います。まあ、真新しいことは何も書いていませんが、このブログ経由で買っていただければ私に金が入るのでお願いします(笑)。そして、宣伝したので、箕輪様、僕にもギャラをください(笑)。

 

マンガ 死ぬこと以外かすり傷 (NewsPicks Comic)

マンガ 死ぬこと以外かすり傷 (NewsPicks Comic)

 

 

財力がない奴がペットなんか飼うな!

我が家に保護猫を2匹迎えることになりました。

いわゆる保護猫カフェからの譲渡です。

初代飼い主 → 保護活動やっている人 → 保護猫カフェ → 俺の家 という流れでやってきました。

初代飼い主は、ツイッターをやっていました。ツイートを遡って調べてみたら、猫を21匹も飼っていました。いわゆる多頭飼育崩壊です。引っ越しのために猫が買えなくなったのだそうです。

ツイートに載っている写真を見ると、ほとんどゴミ屋敷のような劣悪な環境で飼育されていました。しかもこの飼い主が身勝手なのは、猫に去勢手術をさせずに猫をどんどん増やし、そのたびにもらってくれる人を探しているという有様でした。

もちろん、ツイッターは炎上していました。当然ですね。

なぜ猫を増やしたのかと聞かれた飼い主は、「去勢手術するお金がなかった」と言い訳していましたが、一方で『ラブライブ!』や『けものフレンズ』のアニメグッズを買い漁っていました。家族は宗教団体にはまっており、おそらく左翼なんでしょうけれど、飼い主は給料アップさせろというデモにも参加していました。

あのね、デモに参加したって1円にもなりませんからね。バイトでもして去勢費用を稼げよ!!

呆れてものが言えません。

一言、言いたいのですが。

金がないならペットなんか買うな!

ペットは不要不急の存在です。いなくても生活できます。経済力に余裕がなければ、原則として飼ってはいけないと思います。ペットは大切な命だからです。ACジャパンの「にゃんぱく宣言」というCMが話題になっていますが、生涯添い遂げることができる覚悟が求められるのです。

 

 

僕は最近のペットブームに対して危機感を持っています。飼えなくなった猫が保健所に溢れるのではないかと、心配です。

1970年代に『あらいぐまラスカル』が流行したとき、アライグマが輸入されました。ところが、アライさんは見た目は萌えますが実態は凶暴なので、手に負えなくなる飼い主が続出し、そこいらに捨てる馬鹿が相次ぎました。結果アライグマは害獣とされ、駆除されているのだ~~!!

アライさんはまったく悪くありません。人間の身勝手な行動によって動物たちの命が失われているわけです。

ペットはファッションではありません。大切な命です。かわいいというだけで犬や猫を飼い、捨てることにならないか。飼う前に自問自答する必要があります。

お金がない人はインターネットの動画などで我慢するのが一番だと思います。

 

 

さて我が家は、猫2匹を迎えてしまいました。癒し効果はありますが、とても責任が重いです。

僕は猫の餌代を稼ぐためにデイトレードでお金を稼ぐ毎日です。元の飼い主だってしょうもない左翼活動なんかしないで、コンビニのバイトでもなんでもいいから頑張って去勢手術代ぐらい捻出すれば、ずっと一緒にいられたと思うんですがね。

とにかく身勝手な飼い主が減ることを、僕は願っています。

動物の命は大切にしましょう!

 

 

炎上しやすいアーティストは、発言を“検閲”してくれる有能なマネージャーをつけろ!

 

 

劇作家の平田オリザの発言がTwitterで大炎上しています。

一連の平田のツイートを見る限りでは、彼はなぜ自分の発言が炎上しているのか、まったく理解できていないようです。

おそらく周りにイエスマンしか置いていない人間なのでしょう。ものすごく上から目線の発言の連発で(本人はそう思っていないのでしょうが)、とんでもなく傲慢な人間だというのがわかります。

もっとも、こういった内弁慶浮世離れした人は普通にいます。演劇界のみならず、アーティストはこういう傲慢な人って珍しくありませんよね。

こういったアーティストの内面は、今まではマネージャーや雑誌やテレビの編集担当者が検閲していたため、そのまま世に出ることはありませんでした。そうやってイメージを保たれていたのです。

ところが、最近のネット社会では、アーティストが自ら情報発信ができるようになりました。マネージャーのチェックが無いまま、アーティストの発言が世に出てしまったことで、イメージがガラッと変わり、一気にファンを失ってしまった人も少なくありません。

ちなみに、私自身は、アーティストは作品そのものが評価されるべきであり、そいつの人間性なんてぶっちゃけどうでもいいと思います

だいたいアーティストなんて、性格がクソな人間ばっかりです。しかし、かつては一般大衆からしてみればアーティストなんて雲の上の存在であり、人間性なんてそこまで興味をもたれなかったと思います。ですから、発言がそこまで問題視されることはありませんでした。

ところが、今の時代はAKB48のように、アーティストは“会いに行ける”存在になり、ネットで交流できる存在になり、距離感がグッと縮まりました。そのため、アーティストの人間性がその人の作品の評価に直結するようになっています。したがって、炎上しやすいアーティストは、発言に極度に気をつける必要があるのです。

時計評論家の広田雅将氏が、失言するアーティストはマネージャーをつけるべきだ、と発言しています。これにはまったく同感です。

宮崎駿はものすごくやばい思想の持ち主ですが、鈴木敏夫という有能なプロデューサーがいたおかげで作家としても成功できました。鈴木にうまく発言をコントロールしてもらえた面があると思います。

創価学会池田大作は、あまりにリップサービスが旺盛で危険な発言をするので(キン〇ンコ発言など)、以前は生中継だった信者へのスピーチを録画に変更しました。

この2者は成功事例といえますが、その一方で、失言を連発しているアーティストや経営者は後を絶ちません。

涼宮ハルヒの憂鬱』で主人公を演じた声優の平野綾は、Twitterでファンと喧嘩をしまくり、発言がエスカレートして一気にファンを失ってしまいました。

同じ『ハルヒ』に関わったアニメーターの山本寛Twitterで大炎上を巻き起こし、やはりファンを失いました。

幻冬舎社長の見城徹Twitterを開始すると程なくして炎上が起こりました。見城は平田オリザ同様になぜ自分の発言が問題視されるのかわからなかったようで、火に薪をくべまくる結果になり、大火災を巻き起こし、わずか数カ月でTwitterを休止に追い込まれてしまいました。

このようにネットは諸刃の剣です。評価を上げることもあれば、地に落とすこともある。0か100かくらいの極端な世界だと思います。

繰り返しますが、アーティストは性格クソでも過激思想の持ち主でもいいんです。ただし、そういう人はTwitterをやめてください。マジで。余計なことばっかり書いて炎上すると、周りの人にも飛び火して、大迷惑をかけます。自分1人の火傷では済まなくなるのが、最近のネット社会ですから。

もしTwitterをやりたいなら、マネージャーをつけて、発言を検閲してもらうべきだと思います。

 

たった一人の熱狂 (幻冬舎文庫)

たった一人の熱狂 (幻冬舎文庫)

  • 作者:見城 徹
  • 発売日: 2016/04/12
  • メディア: 文庫
 
読書という荒野 (幻冬舎文庫)

読書という荒野 (幻冬舎文庫)

  • 作者:見城 徹
  • 発売日: 2020/04/03
  • メディア: 文庫
 
ネット炎上の研究

ネット炎上の研究

 

 

コロナウイルスが原因で潰れた企業の共通点

コロナウイルスが原因で倒産する企業が続出しています。

しかし、帝国データバンクなどの調査を見てみると、そもそもコロナウイルスが原因ではなく、もともとその企業の体質に問題があって倒産したケースが多いように思います。

例えば、関東地方を中心に展開していた整骨院チェーン「MJG」。怪しい商売をして埼玉県から措置命令を受け、さらに従業員と労使トラブルがあってもめていました。典型的なブラック企業です。これは、潰れた原因はコロナはまったく関係ありませんよね。

積極的な新規出店に伴う管理体制が追いつかず、不採算店舗が増加。また、借入金の返済負担が重く、資金繰りが悪化していた。こうしたなか、根拠なく体脂肪を減らせるとの宣伝をしたとして、2019年11月18日に埼玉県から景品表示法違反(優良誤認)で再発防止を求める措置命令を受けたことに加え、今年2月には社員より労使トラブル保険診療の不正請求などを告発され、信用が低下。

帝国データバンク 倒産速報より引用

また、すでにオワコンになっていたジャンルの企業が潰れたケースもあります。オワコンになればその産業は死にます。歴史上、何度も繰り返されていますよね。

明治時代中期に鉄道網が普及したら、それまでの人力車がオワコンになった。自動車が普及したら馬車がオワコンになった。戦後にエネルギー革命が起こると石油の価値があがり、石炭がオワコンになった(そのせいで軍艦島は人がいなくなって廃墟になった)。そういうことです。

例えば、パチンコはコロナの影響で店が開けられないので苦境に陥っていると言いますが、そもそもコロナになる前からどんどん店舗の数が減っていました。市場規模が縮小しまくっていました。スマホゲームに客を奪われ、店には暇そうなジジババばかりで若者を取り込めていませんでした。

さらに言うと、パチンコのゲーム自体が数十年前からほとんどゲーム性が変わっていない。昨今の刺激的なゲームなどと比べたら単純であり、非常につまんないものです。ギャンブル性がなければとっくに死んでいたでしょう。警視庁や国家公安委員会の役人の天下りとして存続しているだけの産業です。

したがって、パチンコ屋はどんどん潰れても仕方ないと思います。さらに言えばものすごくグレーな産業なわけですよね。これをわざわざ税金を投入して守る意味ってあるのかどうか、甚だ疑問です。

またホテル・旅館業界なども苦境に陥っていると言いますが、潰れている旅館を見てみるとやはり経営の体質に問題があり、潰れても仕方ないようなものばかりです。例えばこの「冨士見荘」はわかりやすい例です。

個人消費低迷が続きレジャー向け支出が減少していたことや、国内外の温泉・リゾート施設との競合激化もあってその後の業況は低迷、2017年12月期の年収入高は約9700万円にダウンしていた。設備投資資金を借入で賄ったことで財務面も逼迫し、2013年には決済不履行を起こすなど資金繰りの厳しさが表面化していた。近時は、中国人ツアーの受け入れに特化し業況改善を図っていた(以下略)

帝国データバンク 倒産速報より引用

インバウンドに極端に依存していたり、無理な投資をして増改築をしたホテルはこれからどんどん潰れていくでしょう。

したがって、コロナが直接的に倒産の引き金を引いた例は、そこまで多くありません。もともと経営上の問題があっていつ潰れてもおかしくなかった企業が、コロナが原因で倒産が早まったといえます。

なんでもかんでもコロナのせいにしてはいけないと思います。マスゴミも、なんでもコロナコロナと騒ぐのではなく、企業が潰れたのであれば、ちゃんと本質的な部分に触れて報道しないとダメです。

 

「新型コロナ恐慌」後の世界

「新型コロナ恐慌」後の世界

  • 作者:渡邉哲也
  • 発売日: 2020/03/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

コロナで貧しくなったのが原因で、大学に通えないだって???

コロナで家庭が貧困に陥ったとか、バイトが無くなって金がないという理由で、大学を退学したいと言い出している大学生がいるようです。

僕はこのニュースを聞いて、愕然としました。

だって、退学なんかしなくたって、通える方法なんていくらでもあるでしょ? 奨学金もあるし、大学に相談すれば学費を免除してくれる制度もある。クラウドファンディングで金を集めたり、著名人に「俺はこういう研究がしたいんだ」と直訴する方法だってある。

とにかく金なんていくらでも工面できるし、通い続ける方法は無限にあります。

それを調べる努力すら怠る時点で、大学生としてどうよ? と俺は思いますけどね。

学問にもっとも必要な「調べる」という基礎的行為をできない奴なんて、大学生なのでしょうか。大学に通う意味なんてないんじゃないですかね。そもそも、本気で学問をしたいと志すのであれば、退学なんてそう簡単には言い出さない。言い出した奴らは別に大した学生じゃないので、退学しても問題ないと思ってしまいます。

繰り返しますが、「調べる」っていうのは学問の基礎なのです。

感情的に動いたり、妄想で意見を述べるのは、学問ではない。その典型が、まともに調べもせずに「ゲームは有害」と思い込みで妄想で意見をつくり、主張する人ですね。

何度も何度も繰り返しますが、とにかく「調べる」ことは大学生に必須のスキルです。

こういう緊急事態にこそ、大学生としての能力が試されるのです。それを発揮できない奴なんて、大学出た後に社会人になっても、大したことはできないと思いますよ。

 

 

スポーツはもうオワコンなんだから、オリンピックは中止でいいよ。

子どもたちの間でとにかくスポーツ人気はありません

1960年代に「巨人・大鵬・卵焼き」という言葉がありました。男の子が好きなものを並べた中に、スポーツに関連する用語が2つも入っています。しかし、そんなスポーツが、かつてのような憧れの対象ではなくなっているのです。

1960年代ははっきり言って、スポーツくらいしか娯楽が無かったから、必然的に憧れの対象になったのでしょう。ところが、今はスポーツより面白いものがいっぱいあります。ゲームもあればYouTubeもある。

スポーツは今や、10代にとっては単なる「授業でやっているから」「部活があるから」やっている程度のものに過ぎなくなっています。

それこそ、スポーツに対する固定観念を変える必要があります。

スポーツはみんなが大好き、みんなが熱狂できると思っている人は老人世代に多いのだが、考えればわかることで、CDだって今やミリオンが簡単に出なくなった時代、国民みんなで盛り上がれるエンタメなんて無いのです。

ではなぜ、子どもたちはスポーツに興味がなくなっているのでしょうか?

香川県議会でゲームをやり玉に挙げて、家でゲームは1時間などと規制するしょうもない条例ができました。しかし、じゃあ、子供が外で遊べる場所なんてあるんでしょうか?

今、空き地でボール遊びをしてるだけで、文句を言ってくるクソ住民がいます。幼稚園の子どもの声がうるさいなどと言い、ホモ・サピエンスの絶滅運動に熱心な住民もいます。こんな状況で、果たして未来のアスリートなんて育成できるんですか?

スポーツができない環境なのです。

さらに、正直言ってスポーツはめちゃくちゃ金がかかります。もはやスポーツ選手に求められるのは、才能、努力よりも資金力です。

金の部分を多くのスポーツ選手は語ろうとしませんが、今や一人に何億と言う金がつぎ込まれ(税金も多い)、その結果、ようやくメダルに手が届いている。この部分を無視してはいけないと思います。

スポーツがオワコン化している時代で、オリンピックの延期に3千億円も投じて、果たしてそれを回収することはできるのでしょうか。僕は難しいと思っています。

安倍晋三はとにかく、オリンピック中止を決断すべきです。ここで潔く、損切りすべきです。来年にコロナが終息している見込みはありません。もし再度延期になったら、余計に追加費用がかかる。仮に日本が封じ込められても、オリンピックは外国から選手がやってくるから、世界で終息宣言が出ていないといけない。

1年で果たして、可能なのでしょうかね?

さて、本当はスポーツ選手の連中も、国民に寄り添いたい、国民に勇気を与えたいなどと本気で思っているのであれば、オリンピック中止に向けて活動すべきだと思います。

 

↓ レアモノになるかも???? 買ってくださいw