頭のネジが手巻きで止まっている かがり美少女の中の人ブログ

<注意事項というか義務! 本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!!!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。このブログを読んで不快になったり、便秘になったり、ウンコが下痢便になったりなどのトラブルが生じても、クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

接客業で、メンタルが強い店員しか生き残れないのは問題だ。

▼強いメンタルが必須なのに給料が安い

今の日本の接客業は、客の要求を理不尽なことも含めて、なんでもかんでも無視せずに聞き入れようとしている(対応しようとしている)ようです。

ファストファッションはもちろん、高級ブランドでも、店員が客から罵倒されまくっている光景を目にします。それを店員は素直に頷いて聞いているのです。

そういう現場の雰囲気を見ていると、なんとも言えない辛い気持ちになってしまいます。そこまで客の言うことって、絶対なのでしょうか。確かに店側に非があるクレームも多いことでしょう。しかし、かなり理不尽でめちゃくちゃなものもある。そんなものまで、親身になって聞かねばならないのでしょうか。

それだったら、相応な給料を与えるべきです。しかし、日本の接客業は総じて給料が安いのです。例えば、大人の事情で固有名詞は出せませんが某高級時計店や某ブランドなどは、売っているモノは高額でセレブを相手にしているのに、店員の給料はびっくりするくらい安いです。

私は元店員から金額を聞いて、ガストの中で「嘘でしょ!?」と大声を出してしまったくらいです。この給料で高いサービスを提供しろと言っても、無理なんじゃないかと思うくらいだけれど、店員はそれをこなしているのです。驚きです。

 

▼求められるのは高度な接客や商品知識よりスルースキル

私が親しい某ブランドの某氏が言っていましたが、現代の接客業は、ある程度メンタルの強い人しか生き残れない世界になってしまっているそうです。

すなわち、客の罵声やいちゃもんを聞き流せる、スルースキルの高い人しか現場に残れなくなってしまったように思う、とのことです。

 確かにメンタルが強いことは、不特定多数の人と顔を合わせる接客業では重要なスキルと思います。しかし、その一方で、接客の仕方っていろいろあると思うんです。商品知識が自慢の人、お客さんに寄り添う接客ができる人、トークが上手い人。本来であれば、接客の仕方に正解は無いはずなのです。

しかし、昨今は某ブランドだとメーカー側が店員の接客スタイルにまで茶々を入れるようになっているそうで、まるでロボットのような画一的な振る舞いを要求されるようです。そして、客の要求も聞かないといけない。大変すぎですよね。

ある店員は「自分の存在意義って何だろう」と言っていましたが、そう思うのも無理がない気がしました。

 

▼塩対応の店員を作り出しているのは顧客の問題

店員がモンスタークレーマーへの対応に疲れ、離職し、最終的にスルースキルだけが高い人しか残らないと、どうなるでしょうか。

塩対応の店員ばっかりになるよね。

最近、店員が塩対応だとツイッターで文句を言っている人がいます。しかし、そういうお店を作り出してしまっているのは、店員に無理な要求ばかりしている顧客側にも問題があると私は考えます。

私はかなりいろんな店員に話を聞いていますが、対話を重ねるうちに、世界に絶賛される日本のお・も・て・な・しは、店員の疲弊の上につくられているように思えてなりませんでした。それぐらい現場は疲弊しています。

我々顧客も、店員への思いやりの心を忘れずに、優しい気持ちで買い物できるようになりたいものです。

 

町おこしin羽後町―美少女イラストを使ってやってみた

町おこしin羽後町―美少女イラストを使ってやってみた

 

 

「かがり美少女イラストコンテスト」は公的機関が主催するイベントではありません。

「かがり美少女イラストコンテスト」に関する意見やクレームは基本的にメールでしか受け付けていないのですが、たまに電話をよこす人がいます。めんどくさいのと、私が耳が遠いので電話での対応はしておらず、メールでお願いしています。

そして、なぜかそういった電話が羽後町役場や道の駅うごなどの公的な機関に連絡が行くことがあります。おそらく、このイベントが町役場などの公的な機関が主催していると思っている人がいるのだと思いますが、違います。

あくまでも個人がやっているイベントです。役場に電話しても対応のしようがありません。意見は以下のメアドまでお願いいたします。

 

kagariugo(あっと)yahoo.co.jp

※(あっと)を@に替えてください

 

こちらで対応していますので、よろしくお願いいたします。

ツイッターのDMへの連絡でもOKです。

田舎では、フェミニストが卒倒しそうな発言を「女性」がする。

▼結婚への圧力が気の毒だ

先日、久々に田舎に行きましたが、結婚に関する話が多くてうんざりしました。私は既婚者なので、自分のことではないです。

「うちの息子 or 娘にいい結婚相手いないか」

「息子 or 娘にいい相手を紹介してやってくれ」

・・・という類の相談が来まくったのです(汗)。がっくり。

前にこのブログでも書きましたけど、田舎から若者が離れてしまう原因は、こういった親世代からの結婚に対する圧力じゃないかなあと私は思います。

現に、親どころか親戚からもとめどなく「結婚しろ」と言われまくっている友人がいます。「30過ぎたのに嫁も貰わないとは何事だ」と文句を言われているそうですが、気の毒で仕方ありません。

 

▼「女性」の方がフェミニストがキレそうなことを言う?

ツイッターでは過激な発言をするフェミニストがたびたび話題になっていますが、田舎に行くとフェミニストが卒倒しそうな発言を、あろうことか、「女性」が言っていることが多いのです。

「女は子どもを産むのが義務!」

「旦那のために尽くせない女はダメ」

・・・こんな言葉を、女性が言うんだよ(汗)。右寄りのオッサンの発言じゃないぜ。特に50歳以上の女性や、高齢者に多いです。ちなみに、前述の「30過ぎたのに嫁も~」と友人に言っているのは、80歳過ぎのばあちゃんです。都会の人たちは信じられないかもしれませんが、これは結構、多くの地方であるあるな話ではないかと思います。

昔は「結婚して子どもをつくり、家のために働く」のが、いわば田舎のルール(?)でした。したがって、彼女たちは悪気があって言っているわけではないし、アドバイスや激励のつもりなんでしょう。

しかし、当然ですが今の時代にそういった考えは合いません。こうした話をズバッと言われると、女性はもちろん男性も傷つくと思います。

 

▼国会議員が失言しても落選しない理由

ところで、国会議員がいろいろこの手の失言をします。「女性は産む機械」と発言した人もいましたし、最近ではLGBTを否定する発言をする人もいます。

こうした失言はマスコミで叩かれ、ツイッターでも炎上します。ところが、その割には、議員の地元ではそれほど問題視されることがありません。現に、得票数には大して影響しないのです。

なぜ、失言しても落選しないのでしょうか。

結局、地方では、そういった発言を支持する人が多いか、そもそも田舎では一般的な考えのため何が問題なのかわからない、というケースが多いということなのです。こうした田舎の風土が肌に合わないという人は、絶対に田舎に移住してはいけないと思いますし、私はそうアドバイスしています。

 

町おこしin羽後町―美少女イラストを使ってやってみた

町おこしin羽後町―美少女イラストを使ってやってみた

 

 

どうして西武百貨店のシチズンの売り場は一向に美しくならないのか?

f:id:kagariugo:20191019101630j:plain

↑ 2019(令和元)年10月18日に撮影した、西武百貨店池袋本店6階にある、シチズンの時計売り場。これらの時計は20万円~50万円ほどの高価格帯の腕時計です。しかし、悲劇的なほど乱雑な状態で陳列されています。

f:id:kagariugo:20191019101801j:plain

↑ 一方、こちらは同日(2019(令和元)年10月18日)に撮影した、東武百貨店池袋店6階の時計売り場の様子。同じ池袋駅にある百貨店でも、ここまで極端に陳列の仕方、売り場の美しさが異なるのです。

 

▼売り場がリニューアルされたのにショーケースの中は・・・

暇だったので、池袋にある西武百貨店を久々に冷やかしに行きました。

時計売り場に行くと、今まであった場所から移転し、リニューアルされていました。

ところが、ショーケースの中はまったく美しくなっていませんでした。写真1枚目の通りです。

これはあまりにひどい。ひどすぎる。開いた口がふさがりませんでした。

私はこれまで、ブログやツイッターで何度も西武百貨店の時計売り場の惨状を報告してきました。さらに、シチズンの担当者にも写真を見せながら、このままではダメですよと話しました。下記は売り場移転前、2019(令和元)年3月15日に書いたブログです。

あれから約7ヶ月経ちました。

ところが、まったく改善されないどころか、悪化しているのです。こんなに乱雑な時計売り場は初めて見ました。これが許容されるなら、西武百貨店マジでやばいです。高級品を売ってる自覚がないと言わざるを得ません。というか、朝礼の時とかに、売り場をチェックしていないんですかね???????

 

f:id:kagariugo:20191019104209j:plain

↑ とにかく陳列の仕方が異常に汚いです。値札がはみ出たり、商品を包む保護テープが剥がれかけていたり、なんかちぢれ毛のように値札の糸が出ていたりと、ここまでめっちゃくちゃな売り場は他にありません。これが田舎の時計屋ではなく、東京の、池袋の中心的な百貨店の売り場である点に、現在の時計業界・百貨店業界の惨状が表れているように思います。

 

シチズンはもっとお店をちゃんと指導してくれ

シチズンは派手な広告費をかけて、人気のスポーツ選手と契約し、コマーシャルをばんばん打っています。しかし、宣伝に金をつぎ込むよりも、まずは早急に売り場を改善するように売店の指導を徹底することに力を注いでいただきたい。

こんな売り場が常態化してるようなら、ブランド終わりますよ。

そもそも、メーカーの営業マンはちゃんと売り場を見ているんでしょうか。自社の商品がこんな状態で並んでいて、悲しくならないのでしょうか。甚だ疑問です。

私だったら、こんなに雑に商品を陳列されたらブチギレして、その場で契約を切りますよ。ましてや、少なくとも約7ヶ月もこんな状態が続いているんです。その間、商品イメージを棄損し続けていると言ってもいいくらい、酷いことだと考えます。

 

▼どんどん閉店する西武百貨店

百貨店業界を取り巻く状況は芳しくありません。そごう・西武百貨店は創業者の出身地に立つ大津店をはじめ、日本各地の店舗の閉店を決定しています。一気に5店舗を潰すのですから、かなりバッサリと切る感じです。

さらにあろうことか、なんと西武百貨店本体の売却説まで浮上しているようです。

百貨店オワコン論が唱えられるようになってきました。ただ、私は思うに、百貨店がダメになっている理由は、高級品を売っているくせに売り場が小汚かったり、店員の接客がイオンよりも雑だったりするなど、商売の基本がぜんぜんなっていない点にあります。

池袋で言えば、値引きしてるビックカメラヤマダ電機などの量販店の方が売り場が綺麗です。さらに、店員の商品知識は量販店の方が上です。定価販売が基本で高い、店員の知識がクソ、おまけに売り場が小汚い百貨店なんか誰が行くんですか

西武百貨店はいったい何のために売り場を移転し、リニューアルしたんでしょうか。さっぱりわかりません。リニューアルしてもショーケースの中が綺麗になっていません。「仏作って魂入れず」とは、こういうことを指す言葉なのでしょう。 

とにかく、西武百貨店、早急に売り場を改善してください。このままでは本当にダメです。というか、西武百貨店ツイッターやっているのに、エゴサをやっていないのでしょうか。担当者、頼むよ。河野太郎のように高度なエゴサ能力は求めないから、せめて「西武百貨店」くらいのキーワードでもいいので、エゴサしてください。

お客さんの声を、少しでも取り入れてくださいよ。

 

戦前期日本における百貨店

戦前期日本における百貨店

 

 

流通・サービスの最新常識2019 日経MJトレンド情報源

流通・サービスの最新常識2019 日経MJトレンド情報源

 

 

百貨店ワルツ (リュエルコミックス)

百貨店ワルツ (リュエルコミックス)

 

 

 

とある漫画雑誌の「紙質」がどんどん悪化している

電子書籍ではわからない紙質に注目

私は嫁が漫画家をやっているので、常日頃漫画雑誌を読んで研究しているのですが、読んでいて気づいたことがあります。

勢いがない雑誌、部数が凋落して廃刊一歩手前の雑誌は紙質が悪いのです。

雑誌名は出しませんが、とある漫画雑誌。かつては100万部以上をゆうに突破し、数々の作品がアニメ化されていましたが、今や10万部以下に落ち込んでいます。自分たちが新人賞などで発掘した漫画家を育てようとせず、外部から引き抜いたベテランの漫画家が看板を飾っています。

そして、紙質です。同じ読者層がターゲットで、同じ価格帯のライバル雑誌と比較すると、もうその差は歴然です。紙がぺらっぺら。カラーページの紙質の薄っぺらさは悲惨なものです。そして印刷が汚い。特に漫画のキャラクターや背景の黒い部分(いわゆるベタ)に、インクのムラが凄いです。

これは、電子書籍で漫画を読んでいる人はわからないことかもしれません。紙質には、そのときの雑誌の勢いが如実に表れるのです。

 

▼国力の低下がはっきり表れる「紙幣」

私は、国立印刷局が運営している「お札と切手の博物館」(東京都北区)を取材したことがあります。

学芸員の人の説明を引用しましょう。昭和初期の日本の紙幣は和紙の技術を使った高級な紙を使い、世界でもトップクラスの技術で印刷されていたといいます。ところが、1941(昭和16)年に大東亜戦争が勃発すると、紙幣の紙質がどんどん劣化インクの数も減らされ、挙句の果てには印刷ミスも連発。

1945(昭和20)年の終戦の時点で印刷されていた紙幣は、誰がどう見ても粗悪品で、日本の印刷局黒歴史と呼べる最悪なものでした。

学芸員は「国力の低下は印刷物の質にはっきりと表れます」と言っていました。これは雑誌にも置き換えることができます。「雑誌の勢いの定価は印刷物の質にはっきりと表れます」ということです。

 

▼このままではいつ廃刊になってもおかしくない

過去にも書きましたが、私は漫画雑誌は競争が起きなければいけないと思っています。どこかの雑誌が独走態勢になっているのは、健全な状態ではありません。独走している雑誌の編集部もだらけてしまい、漫画界全体の士気が低下するからです。

ライバル誌同士が切磋琢磨し、レベルの底上げを図っていく。これこそが理想的な産業の発展の仕方です。

ところが、今回取り上げた雑誌は、編集部がまともに機能しているとは到底思えません。過去の栄光にすがり、過去の読者になんとか注目させて、部数を維持しようと必死です。ですが、印刷の質、そして何よりも漫画の質の低さを見るに、危険水域です。広告もほとんど入っていません。

このままでは、いつ廃刊になってもおかしくなさそうです。編集部、頑張ってください。マジで。漫画界の未来のためにも、どうか、どうか、お願いいたします。

 

 

町おこしin羽後町

町おこしin羽後町

 

 

「秋田県は災害が少なくて安全だ」は嘘だッ!!

全国的に大きな被害をもたらした、2019(令和元)年の台風19号秋田県は隣県と比べると圧倒的に被害が少なくて済んだため、「秋田県は安全だ」と言っている人がツイッターに結構いました。

実は2011(平成23)年の東日本大震災の時にも秋田県は被害が少なかったため、「秋田県は安全だ」と言っている人が、あろうことか、自治体の職員やお偉い立場の人にもいました。

とんでもないめちゃくちゃなことを言う人たちがいるものです。

いったい何を言っているんでしょうか。

秋田県も災害いっぱい起きているんですけどね(汗)!?

この方々は、1983(昭和58)年5月26日に発生した、日本海中部地震を忘れているのでしょうか。5月26日の「県民防災の日」がなんであるのか、わかっているのでしょうか。

県民防災の日が近づくと、秋田魁新報や県内メディアで報じられますし、役所では防災訓練を行なったりしています。しかし、最近はそれも形骸化していて、何のために実施しているのか分からない人も増えています。現に若い人に話を聞くと、知らない人が結構いるんですよね。いやはや。

それに、秋田県が降るでしょうが。これを災害と言わずして、何と言うのでしょうか。

日本は基本的にどこだって災害のリスクがあります。ここだから安全ということは無いんです。「大きな災害が起きていないよ」というところに限って、調べてみると実は大きな災害に遭っていたりします。慢心せず、自然災害には常に警戒したいものです。

なお、日本海中部地震に関しては、秋田県出身の漫画家の矢口高雄大先生が『激濤』という漫画を描いています。下にリンクを貼っておきますので、ぜひ一読をおすすめします。

 

激濤 マグニチュード7.7 (1)

激濤 マグニチュード7.7 (1)

 

 

ノーベル賞の受賞者が決まった時の報道で、マスコミ各社のレベルがわかる

今週はノーベル賞ウィークです。

日本人がノーベル賞を受賞すると、毎回のように、マスコミ各社によるレベルの低いチンカスのような報道が行われます(爆)。一番ましなのは、僕がぶっ壊れて欲しいと思っているNHK朝日新聞です(汗)。よりによって。

マスコミは基本的に、候補に挙がっている科学者に関しては、予定稿を作っています。細野秀雄氏とか、吉野彰氏とか、藤島昭氏とかですね。そういえば、以前に産経新聞が、村上春樹氏のために準備していた予定稿をネットに流しちゃったこともありましたね。

ただ、まったくのノーマークの研究者が受賞したときは、本当に悲惨です。社内がパニックになり、悲劇的にめちゃくちゃな原稿になります。そして、ノーベル賞ってそういうケースが起こりうる賞なんです。

医学生理学賞の山中伸弥氏は受賞時点で超メジャー研究者でしたが、化学賞の田中耕一氏や下村脩氏なんて、業界的でも知らなかった人が多いのではないでしょうか。

ノーベル賞って、わかりやすく言えば「最初に発見(発明)した人」に贈られる賞なので、業界内で知られている人(普及に貢献した人)が受賞しないことがあるのです。ノーベル賞の関係者のエゴサ能力はなかなかのものがあります。

特に田中氏は当時まったく無名な研究者だったため、「サラリーマンがノーベル賞受賞!!」と、肝心の研究内容をろくに報じずにごまかすマスコミばっかりでした。同年には小柴昌俊氏も物理学賞を受賞しているのですが、マスコミの関心事は田中氏のほうだったため、不仲説週刊文春で報じられるなど、最初から最後まで低レベルでした。

田中氏が受賞した平成14(2002)年当時、私は高校生でしたが、理系の友人が「この新聞記事、何言っているのかわかんねー」と指摘していたのが懐かしいです。今だったらネットで調べてコピペしたりとか、まあいくらでもできますけど、当時はネットも黎明期であり、研究内容を十分に調べきれずに報じたマスコミが多かったようです。

さてさて、今週は誰が受賞するでしょうか。別に私はノーベル賞どうだっていいんですが、嫌味な人間なので、マスコミの報道に注目しています。報道の仕方、特に受賞内容を分かりやすく解説できるかどうかで、各社のレベルがわかりますよ。難しいことをわかりやすく伝えることは、マスコミの基本だからです。

 

ノーベル賞117年の記録

ノーベル賞117年の記録

 
こどもノーベル賞新聞

こどもノーベル賞新聞