かがり美少女の中の人ブログ

かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内が、好き勝手なことをつぶやいています。最低最悪なクソな内容多し。今流行っている「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。だから、たまに(いや、かなりの頻度で)嫌な感じのことを書きますが、ゆるしてニャン☆

しつこく書きますが、転売を規制するな!!!!!

 

f:id:kagariugo:20190503194235p:plain

▼転売屋がいるメリットは大きい

昨今、ツイッターやネットでも、転売屋叩きが盛んです。

とにかくメルカリやヤフオクに、売値よりちょっとでも高い値段で出品する奴が出てくれば、「転売屋だ!」と言って叩きまくるのです。みんな物凄い正義感ですね。感心します。

さて、このブログで前にも書きましたが、僕は転売全肯定論者です。

理由は簡単です。

転売屋のおかげで助かっている人がいるからです。

そもそも、転売屋がいなくならない理由も、これです。

転売屋からは、金さえ出せば目当てのものが確実に買えるからです。

 

▼地方在住者は転売屋から買う方が安い

限定のアニメグッズを例に話をしましょう。

僕は秋田県の田舎に生まれました。交通の便が激しく悪く、東京や仙台のイベントに行く交通費、さらに宿泊費だけでも数万円かかる環境でした。さらに、現地に行って行列に並んでも、目当てのものが確実に買えるかはわかりません。僕は身体がもともと弱いため、人込みや行列が苦手で、炎天下のもと並んだりすると病気になりやすいリスクもあります。

こういった事情がある僕にとって、転売屋は神様のような存在でした。交通費や宿泊費を出して東京に行くよりも、転売屋から買った方が安く、時間も体力も浪費せずに済みます。さらに売り切れのリスクがなく、確実に買えます。つまり、転売屋から買う方が、現地に行くよりも遥かに楽でリスクも少ないのです。

現地に行くという行為は、かなりハードルが高いものです。会場の近くに住んでいるため、数百円、数千円程度の交通費で行くことができ、イベントが行われるタイミングを狙って仕事や学校を自由自在に休める(こうしたホワイト企業に就職できている人はそもそもセレブです)人なら、何ら問題ないでしょう。

しかし、誰もがそんな都合よく予定を調整できるとは限りませんよね。様々な事情で当日に現地に行けないけれど、どうしても欲しいグッズがある人だっています。しかし企業(公式)がそうした人を救済してくれることは、滅多にありません。よって、転売屋から買うという選択肢は残されるべきなのです。

 

▼企業側の商売の仕方にこそ問題がある

世論を味方につけ、企業も、そして政治屋どもも転売屋撲滅に躍起になっています。しかし、それならば企業側には相応の対策を求めたいです。そもそも、僕は転売屋が発生する原因は、企業の売り方に問題があるためだと考えています。

企業はプレミアム感を出すためにグッズの量産をせず、通販もしない例がたくさんあります。さらに、売り出す期間は極めて限られていたりします。これは、金も時間もかかる地方在住者にとっては極めて不公平と言わざるを得ません。

まず、限定ではなく受注生産に切り替えるなど、注文を受けた分は確実に生産するようにしていただきたい。そして、前述のとおり、現地に行けなかったけれど欲しいという人の救済策を講じていただきたい。要は、その場所でしか買えない、数が100個限定など、プレミアムが付く要素があるので転売屋が発生するのであり、需要に見合った数が市場に行き渡れば、転売屋は自然に消滅します。

僕は、転売屋を生み出してしまう限定商法にこそ根本的な問題がある気がしてなりません。

それにしても、アンチ転売屋の皆さんは、大して儲からない転売屋を叩く一方で、限定商法で巨額の利益を上げている企業を叩かないのはどうしてなのでしょうか。転売屋を叩きたくなる気持ちはわかりますが、感情論だけで叩くのは、止めて欲しいものだと思います。 

 

▼転売屋という言葉を言い換えよう

そもそも、転売屋もリスクがあります。品物を手に入れるのは並大抵の苦労ではありません。例えば、先日の令和元年初日の明治神宮御朱印なんか、転売屋は数時間並んで1枚手に入れて、転売してもたった数千円しか儲かっていないのです。

これはむしろ、行けない人のために並んでくれたボランティアと言っていいレベルです。以前のブログにも書きましたが、僕は転売屋に対し、「あなたが苦労してくれたおかげで楽に手に入るんだ、ありがとう」と、労いの言葉をかけてあげたいほど感謝することが多いのです。

繰り返します。

交通費と宿泊費をかけて現地に行き、さらに朝イチで数時間も並ばされ、体力と時間を浪費し、それでも買えないことがある。僕の場合は体調を崩して数日間寝込む危険性もある。こうした数々のリスクを考えたら、転売屋に払う数万円の上乗せなんて屁のような額です。ぜんぜん安い安すぎると僕は思うのです。

転売屋という言葉にはかなり悪意が込められています。僕は、この言葉は適切ではないと思います。購入代行業者とでも言い換えるべきだと考えます。

 

町おこしin羽後町

町おこしin羽後町

 

御朱印を集める人がこんなに増えたことが衝撃だ

 

f:id:kagariugo:20190502104200j:plain

↑ 川越の蓮馨寺で貰った令和元年5月1日付の御朱印。 写真:山内貴範

 

▼令和初日の御朱印を求めて大行列

令和元年5月1日、各地の神社や寺に御朱印を求めて大勢の人が並んだようです。

なんと世界最大級のパワースポットの一つ、明治神宮では最長で10時間待ち!!!!

衝撃の光景です。コミケの超大手サークルを上回る行列です。そして大方の予想通り転売屋が出現し、メルカリにはその日のうちに御朱印が出品されたようです(笑)。

それにしても、10時間待ちって・・・午前中の11時に並んだら、貰えるのが夜の21時なんですけど(汗)!! 最後に並んだ人は果たして御朱印をゲットできたのでしょうか?

僕も令和ブームに乗っかるべく、近くの川越にある蓮馨寺、川越八幡宮に行きました。蓮馨寺の方は5分ほどですぐもらえましたが、川越八幡宮は30人ほど並んでいて、40分くらいは待ったと思います。ちなみに、川越八幡宮は観光スポットではない、いわゆる地域の神社です。

今や御朱印は一大ブームになっています。そして、こうしたニュース報道が追い風となり、さらにコレクターが増えるのではないかと予想できます。

 

▼なぜ御朱印が受けているのか

なぜ、御朱印がこんなに流行っているのでしょうか?

スタンプラリー感覚で楽しめて、日付が入るので記念になりますから、コレクター気質の日本人の趣味に合っているのかもしれません。なおかつ、1枚1枚手書きであることがほとんどで、既製品のお守りやお札よりも特別感があります。それでいて300~500円程度と、安いわけです。

以前にこのブログで、新興宗教よりも伝統宗教の神社や寺が若い人の間でブームになっていると書きました。そのきっかけになったものの一つが、伊勢神宮出雲大社のダブル式年遷宮でしょう。

伊勢と出雲の効果で、マガジンハウスが出版するおしゃれ系の雑誌や、ネット上にも神社の特集が組まれました。以前から女性誌では江〇啓之パワースポット巡りの記事が掲載され、江〇が神社に行けと煽っていましたので、読者もとっつきやすかったのでしょう。

で、神社は新興宗教のようなカチガチの規則もなく、手軽に参拝できて、なんと御朱印までもらえる。こうしたゆるさが、人々の心を捉えたのだと思います。雑誌各社もこぞってかわいくてインスタ映えする御朱印帳を売り出すようになりました。こうして、御朱印ブームが広がっていったのだと思います。

 

▼不人気を超人気に変える企画をやりたい

さて、僕が御朱印集めを始めたのは、建築巡りを本格的にやっていた15年前、大学時代の頃です。今でこそ若いキャピキャピした女子御朱印集めに興じておりますが、この頃は御朱印なんて集めているのはじーさんばーさんくらいのもので、若い人の姿は皆無に等しいものでした。

仁和寺に行ったら御朱印を書いてるばーさん職員から、「若いのに珍しいわね~」と言われたほどです。

当時はどこの神社や寺でも、御朱印社務所に行けばすぐもらえました。明治神宮は言うに及ばず、東寺、法隆寺伏見稲荷大社などの超有名社寺でさえ、待ち時間ゼロだったりしたものです。それが今や、10~20分待ちは当たり前という状態。先日、東寺に行ったら平日なのに列ができていて、貰うのを諦めたほどです。

僕がこの御朱印ブームでわかったことは、マイナーなものや不人気なものだって、大人気になる可能性があるということです。

日本刀だってそうですよね。10年ほど前まで、東京国立博物館の日本刀コーナーは、人影がゼロのこともある超不人気展示でした。それが今や、展示会を行えば長蛇の列。現在、入手困難でプレミア価格のロレックスのデイトナGMTマスター2だって、かつては見向きもされない腕時計だったのです。

コンサルタントからライターまで担当する僕としては、ボロ株を超成長株に化けさせるような企画を作っていきたいなあと、令和初日に決意した次第です。

 

願いを叶える! 古今東西、すごい御朱印だけ集めました。 (サクラムック)

願いを叶える! 古今東西、すごい御朱印だけ集めました。 (サクラムック)

 

バブル絶頂期、デイトナを買わずにデイデイトを買った人のお話

f:id:kagariugo:20190429164128j:plain

↑ デイデイトはロレックスの最高峰と言われ、バブル期の日本では大人気だった。 写真:山内貴範(時計とフィギュアは中の人の私物)

 

デイトナよりもデイトジャスト

ロレックスの「デイトナ」は不思議な時計である。

現在、定価が約128万円だが、世界的に人気が高く入手困難であるため、並行価格で260万円ほどする。昨今は、毎日のようにロレックスを扱う店を巡回するデイトナランナー”と呼ばれる人々がいる。

しかし、その一方で、ある世代からすれば「これがそんなに人気があるの?」という反応が返ってくる時計でもある。ほんの30年ほど前まで、まったく人気のない時計だったからだ。店頭で売れ残りの常連だった。地方の時計店を回れば、「在庫処分で定価の半額で売った」という、今ではあり得ない話を耳にすることがある。

昭和から平成の過渡期、ロレックスの花形といえば、デイデイト、デイトジャストだった。以前にこのブログでインタビューした時計店によれば、ロレックスを扱う問屋から、「(人気のない)デイトナ仕入れてくれたら、人気のあるデイトジャストを回す」と言われたほどだという。それが今ではまったく逆である。

いかに、当時のデイトナが人気がなかったのかがわかるエピソードだ。

 

▼田舎で起こった腕時計ブーム

秋田県の公務員だった故・T氏は、平成元年(1989)、退職記念にデイデイトを買った。彼は死ぬまでその時計を愛用し、記念日の旅行では常に身に着けていた。ここから先の話は、彼へのインタビューの内容をもとにまとめたものである。

当時、秋田県内のある地域では、医者、弁護士、さらに裕福な農家を中心に高級腕時計を買うのがブームだったそうだ。ちなみにT氏によれば、当時の公務員は「肩身が狭かった」という。

「当時は、優秀な人は民間企業に入るか独立して店を持っていた。銀行も人気だったな。俺の兄弟には会社の社長になった人もいて、『公務員は仕事ができない人がなるものだ』と言われたけれど、懸命に頑張ってきた自負はある。

周りには羽振りのいい人がいて、飲み屋に行くと、パテックフィリップや、オーデマピゲの時計を自慢されたな。

僕は時計に興味なんかなくて、最初はどうしてそんなものを見せびらかすんだろうと、最初は嫌で仕方なかった。でも不思議なものでさ、欲しいという想いが募ってきちゃったんだよね(笑)」

 

▼パテックフィリップを買おうとするが・・・

彼はバブルの絶頂期に定年退職した。退職金を受け取り、いよいよ高級腕時計を買おうと決意したT氏は、記念に友人と一緒に東京に旅行をした。ちなみに友人は材木商を営む熱心な時計愛好家で、腕にはホワイトゴールドのパテックフィリップが輝いていたという。

寝台特急「あけぼの」に乗り、上野駅に到着。アメ横で朝食を摂ったのち、タクシーで浅草に移動して浅草寺を参拝。昼過ぎに百貨店へと向かった。お目当てはもちろん、パテックフィリップだった。

けれども、ショーケースに並んでいる時計の値札を見て、唖然とする。彼の予算では到底手が届くものではなかった。そこで、友人のアドバイスで方針を変更する。

「友人はロレックスが良いと言ってきたんだよ。ロレックスは僕の周りでは人気が無かったんだ。でも、友人が『パテックほどの高級感はないけれど満足できるはずだから、買った方がいい』と言ってきたんですよ。僕は彼を信頼していたし、彼が言うならロレックスもいいかなと思えてきたね」

そうは言っても、T氏にとって初めての高級腕時計である。ショーケースを隈なく見渡しながら吟味していると、ある時計に目が行った。

デイトナがあったんですよ。僕は結構、それがかっこいいと思って、試着もしてみた。でも、友人は『T君、それは人気のない、安っぽい時計ですよ。君は仕事を頑張ってきたんだし、そんなの買ってどうするの? 記念に買うなら金無垢じゃなきゃ!』と囃し立てるから、止めたんだよね」

 

▼買った時計を生涯、愛した

結果、一晩悩んだ末に、T氏が選んだのはデイデイトだった。ロレックスを代表する、金無垢の腕時計だ。

「大満足ですよ。もちろん、パテックは買えなかったし(笑)、昨今の値上がりを見るとデイトナを買っておけばよかったなと思ったことはある。でもそれは結果だからね。僕はデイデイトにして間違っていなかったと思うし、思い出は金額では替えられないと思っているよ」

パテックこそ買えなかったけれど、彼が生涯、そのロレックスを大切にしていたことは、保存状態からもわかる。買った日の保証書や箱、取扱説明書のみならず、購入した百貨店のレシートまで残してある。箱の中には「退職記念に購入」と、手書きのメモまで添えられている。几帳面な性格がよくわかるものだ。

彼は他の時計に浮気をせず、死ぬまでその時計を愛したのである。

ひとつひとつの腕時計には物語がある。T氏の話を聞くと、デイデイトが彼のもとに来たのもまた、運命だったのかなと感じずにはいられない。

 

REAL ROLEX(21) (CARTOPMOOK)

REAL ROLEX(21) (CARTOPMOOK)

 

ザ・シチズンは就活に文句なしでおすすめ!

f:id:kagariugo:20190425182952j:plain

↑ ザ・シチズン知名度がまったくないものの、実用時計としては最強の時計です。 写真:山内貴範(時計は中の人の私物です)

 

▼最強の就活時計!

前回のブログで、就活に着けていく時計はぶっちゃけ何でもいいと書いたら、「無責任だ」「何かいいものを挙げろ」という趣旨のDMが来たので(汗)、1点挙げます。

文句なしで、「ザ・シチズン」です!!!!!

この時計には以下のような特徴があります。

 

(1)グランドセイコーより圧倒的に知名度がない

(2)そもそも知名度がない

(3)普通の時計にしか見えない

(4)シチズンの最高峰ラインで、それにしては値段が手ごろ

(5)メンテナンスの体制が万全

(6)就活後もずっと使える普遍的デザイン

(7)時間がとにかく見やすい

(8)とにかく時間が正確

 

▼デメリットはメリット

(1)~(3)は時計をバカにしているわけではありません。デメリットのように思えますが、就活には最強のメリットです。

就活の時計を気にする人は、目立ちすぎると嫌だと思っている人が多いはず。そんな人にうってつけの時計です。ザ・シチズンはまったく目立ちません。地味です。知名度ありません。だからこそ、知る人ぞ知る時計を所有する喜びがあります。

シチズンの他のモデルのようにスポーツ選手を使った大々的な宣伝もしていないため、人とかぶりません。

先程、地味な時計と書きました。しかし、それは他人から見たときの話です。一番上の写真を見ればわかりますが、風貌に両面無反射コーティングを施してあるため、圧倒的に文字盤が美しいです。これは所有者しか味わえない、ザ・シチズンオーナーならではの快感だと思います。

ザ・シチズンは、そもそも自慢してマウントをとるための時計ではありません(時計で目立ちたいならロレックスの金無垢を買いましょう)。しかし、この知る人ぞ知る感が良いのです。普通の時計だね、地味だね、と言われるのが快感になる変な時計でもあるのです(笑)。

 

▼就活といえど、一生モノを買おう

僕は就活のために中途半端な時計を買うのは、どうかなと思います。就活のために安い無難な時計を買い、就職が決まったら着けなくなってしまった人がまわりに結構いたためです。それでは時計がかわいそうです。

できれば就職してからも使い続けられるものがいいでしょう。だからこそ、最初からいい時計を買うべきです。

ザ・シチズンは量販店であれば20万円前後で買うことができ、頑張れば手が届く意味でも(4)だと思います。そして、ギリギリ、学生が親に「いい時計買って!」とねだれる金額ではないでしょうか!? 知らんけど!

また、(5)にあるようにメンテナンス体制が国産では最高レベルに良く、10年保証が付いてきます。さらに新品で正規品を買えば保証期間中に無料の定期点検も受けられます。これは手厚いサービスであり、国産の良い面が出ていると思います。

だから、(6)なのです。長く使える普遍的で質の高いデザインで、スーツにもばっちりでしょう。嫌味がないデザインですから、様々な場面で使えるのも魅力です。

 

▼実用腕時計の完成形

(7)は前述のとおり、風貌に両面無反射コーティングを施しているため、文字盤が見やすいです。さらに針やインデックスの仕上げが美しく、とにかく時間が読み取りやすい。

(8)は、これがザ・シチズンの最大の特徴だと思いますが、クォーツモデルで年差±5秒です。これは凄まじいことです。とにかく正確な時計が欲しい人には最適です。さらに、パーペチュアルカレンダーがついているので、例えば31日がない月の翌日に竜頭を引っ張ってカレンダーを合わせる必要がありません。これらの点は、ライバルのグランドセイコーよりも優れています。

実用腕時計としては申し分ないスペックであり、シチズンが考える究極の時計といえるのではないでしょうか?

繰り返しますが、マウントをとるための時計ではありません。知名度ありません。目立ちません。しかし、所有欲は満たしてくれます。どうですか、欲しくなりませんか???

ちなみに、僕のすすめでロレックス買った人は10人以上いますが、ザ・シチズンを買ってくれた人は誰もいない・・・ この時計を売るのは想像以上に難しいと思います。誰か買ってください。お願いいたします(笑)!!

 

就活で身に着ける時計は何がいいの?

f:id:kagariugo:20190420101948p:plain

▼就活には何が必要?

大学生の「シュウカツ!」が始まっています。ぼくのフレンドでも就活をしている人が何人もいます。ちなみに「アイカツ!」の監督は、「けものフレンズ」で監督を務めた木村隆一監督です。

アイカツ!」によれば「芸能人はカードが命!」らしいのですが、就活生は何が命なのでしょうか?

身だしなみ?

学歴?

大学時代にやっていたサークル活動? ボランティア?

・・・それとも腕時計

 

▼腕時計なんて見られない

以前に某マナー講師を取材した時、「高級腕時計を就活に身に着けていくなんて論外!」「ロレックスなどはダメ!」と言われました。ちなみに僕はロレックスの金無垢のデイデイトを着けていましたが、「そういう時計はダメですよ!」と言われましたwww

f:id:kagariugo:20190425111908j:plain

↑ ダメな時計の代表例 写真:山内貴範(時計とマギレコのいろはちゃんのクリアファイルは中の人の私物)

 

一方で、某企業の採用担当は「時計なんて興味ないから別に見ない」「採用の可否には関係ない」と言っていました。

僕は仕事柄いろんな偉い人に会っていますが、時計に興味のある人ってそこまでたくさんいません。知っていてもロレックスやオメガくらい。ちなみに、グランドセイコー知名度ほぼありません

ロレックスもぜんぜんアリです。スタンダードなデイトジャストやオイスターパーペチュアルは好印象です。ぜひ、三重の名店さんやサテ〇ドールさんやラ〇ンさんで買いましょう!

結論を言えば、時計なんて何を着けていっても良いということです。マナー講師や就活講座の講師の言うことは胡散臭いものばかりですので、無視しても問題ありません。まあ、明らかにダイヤギラギラ、金無垢など明らかに目立ちすぎるものはちょっと・・・と思いますが、基本的には何を着けていっても大丈夫といえるでしょう。

 

▼好きなものを着けた方がテンションが上がる

むしろ、遠目で時計を見て、瞬時にブランド名やモデル名を解析できる人は時計ヲタです。ひょっとするとコレクションを持っている可能性があります。指摘してくれたら、時計ヲタにとっては入社後のフレンズ候補ですので、薀蓄を話すくらいの余裕を持ちたいものです。

面接の場で時計が高価だのなんだのと、ぐだぐだと文句を言って落とすような企業は、そもそも論外(やばい会社である率が高い)です。

時計は一種のお守りです。堂々と好きな時計を着けて就活に行くのがベストだと思います。採用担当に見られる印象より、自分自身のテンションアゲアゲアイテムになるかどうかが重要なのです。

  

成功する就活生は何に取り組んでいるのか: 「納得内定」を獲得した2人の大学生の話

成功する就活生は何に取り組んでいるのか: 「納得内定」を獲得した2人の大学生の話

 
面接官の心を操れ! 無敵の就職心理戦略

面接官の心を操れ! 無敵の就職心理戦略

 

24時間テレビの出演者、ギャラ貰ったっていいじゃん!

f:id:kagariugo:20190424124005p:plain

テレビはアニメしか見ない人間なので、「24時間テレビ」を1回も見たことないのですが、この番組が放送される時期になると、きまって「出演者がギャラを貰っているのが問題だ」「チャリティー番組なんだからノーギャラでやれ!」と言う人が必ず湧いてきます。

でも、豪華な出演者が揃うおかげで、莫大な募金が集まるわけです。おそらく、ノーギャラの出演者ばかりにして微妙な番組を作ったら、募金額は絶対減るでしょう。だから、別に出演者がギャラを貰ってもいいじゃんと思うのですが? ダメ?

もし、番組関係者が募金を着服していたり、その中から制作費を補填していたりしたら論外です。それはチャリティーの精神に反しますし、クソだと思いますし、「〇ね!!」と思いますよ。そういう不正を働いていないのなら、まったく問題ありません。番組制作費と募金は別枠と考えているわけですからね。

他にも24時間テレビに寄せられる批判としてよく挙げられるのが、「障害者を使って無理やり感動番組にしている!」「胡散臭い」というものがありますが、そもそもテレビなんてそんなもんでしょ?

どのチャンネルも無理やり作った感動番組ばかりであり、相当に胡散臭い(特に健康番組など)と思うんですが。どうですかね?