かがり美少女の中の人ブログ

かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内が、好き勝手なことをつぶやいています。最低最悪なクソな内容多し。今流行っている「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。だから、たまに(いや、かなりの頻度で)嫌な感じのことを書きますが、ゆるしてニャン☆

フリーライターがギャラ未払いに遭わないようにするには

ライターやイラストレーターが、ギャラを払ってもらえなかったという事例をよく聞きます。僕の友人のイラストレーターも、ギャラの支払いを3ヶ月延ばされた挙句、持ち逃げされるという被害に遭いました。制作費はすべて自分持ちだったそうですから、当然、すべて損害というわけです。

さて、僕は8年間くらいライターをやってきていますが、一度もギャラの未払いに遭遇した経験がありません。しかもほとんどの仕事が、契約書もない、口約束で受けている仕事ですが、トラブルに遭ったことはまったく無いのです。

サラリーマンは毎月決まった日に決まった額の給料が振り込みされます。しかし、フリーランスの場合、どんな売れっ子でも売り上げに波がありますし、経費を立て替えていることも少なくないので、ギャラの未払いがあると死活問題です。

フリーランスは自分の身を自分で守らねばなりません。何があっても、基本的には自己責任です。そのぶん、働いたら働いただけ稼げますし、自分のペースで仕事ができるので、コツさえ掴めばプライベートを充実させることはできます。そして、場合によっては大きなリターンを見込めるのも、フリーランスの魅力と言えます。

では、ギャラ未払いに遭わないためには、どうすればいいのでしょうか?

f:id:kagariugo:20181018233712j:plain

1:無名の企業の仕事を受けない

おそらく、もっとも有益な方法はこれです。

僕はライターを始めた最初から、小学館、学研、JTBなどの有名どころにしか営業に行きませんでした。企業の広報誌も僕の主力なのですが、鉄道会社や建設会社などの大手しかやっていません。

その他の取引先の出版社は、大手~中堅がほとんどです。ライターの間でキツいスケジュールで悪名高い某社や、某社や、某社(すべて想像にお任せいたします)であっても、名の知れたところであればギャラを払ってもらえなかったことは一度もありません。

話を聞くと、ネット関係の小さな会社や、聞いたこともない類の編集プロダクションの仕事で、未払いが発生したという事例が結構多い。特にイラストレーターは、実態がわからないようなネットゲームの会社などが、未払いをやらかしやすいようです。

営業に行くなら有名どころに絞りましょう。無名どころに行こうが、有名どころに行こうが、労力は同じだからです。


2:相手のオフィスや責任者を見ておく

最近は、相手に一度も会わずに、メールやLINEのやり取りだけで仕事が完結してしまう例が多いと思います。ですが、初めての取引先となる相手のオフィスの様子は、絶対に見ておきましょう。

やばそうな会社って、オフィスの雰囲気で結構わかりますよね。壁紙がはがれまくっている、トイレがぶっ壊れている、社員の覇気が明らかにない会社などなどです。経営状態が芳しくない会社は、オフィスが荒んでいます。

僕がこれまで遭遇した中で特にやばかったのは、打ち合わせの時にいきなり社長がキレて、社員を怒鳴り始めたところです。これは、かなり引きました(笑)。もちろん仕事は断りました。

あと、よくツイッターで話題になりますが、禁則事項です)の社員指導ポスターが貼ってある会社、要注意です。

上記の特徴をもつ会社に、結構僕は取材先で遭遇します。そして、調べてみるとかなりの高確率でブラック企業です。ブラック企業社員に対して支払う給料が安いわけですが、外注に払うギャラも安いですから、ろくな仕事になりません。

 

まとめ

正直、基本的なことしか書いていないのですが、上記の原則を守れば、ギャラ未払いはかなり回避できるはずです。

大手でもギャラの未払いに発生したという話を聞きますが、無名どころと比べたら遥かに少ないと思います。

とにかく、自分の身は自分で守りましょうフリーランスの仕事は、ギャラが振り込まれるまでが仕事です。原稿を納品して、ほっとしたいところですが、最後まで気を抜かないことが重要なのです。

 

町おこしin羽後町―美少女イラストを使ってやってみた

町おこしin羽後町―美少女イラストを使ってやってみた

 

 

ライターの仕事は、〆切さえちゃんと守れば稼げる

もう慣れっ子になっていますが、ベテランのライターが投げた仕事が回ってきました。しかも物凄い無茶なスケジュールです。明日から秋田に出張なんですけど・・・(汗)

よく「山内さんはライターなのになんでロレックス買えるの?」と言われることがあります。以前、ネットで某ライターが「ライターは儲からない」「ライターは不安定で給料が安い」と言っていましたが、やり方次第では生活に困らない程度に稼げます

それは、

(1)早く書く

(2)〆切を守る

・・・ということです。

コツはたったこれだけしかありません。

このブログを見てわかるように、僕は文章が凄まじく下手くそです。さらに言えば、売れっ子で知名度が高い物書きではまったくありません。

けれども、原稿を書くスピードに関しては自信があります。〆切も守りますし、落としません。

〆切を守るなんて、そんなの当たり前だと言う人がいるかもしれません。製造業などでは、納期に間に合わないと違約金が発生する業種もありますよね。

ところが、この業界って〆切を守らない人が本当に多い(らしい)のです。もっとも、僕は同業者の友達がいないので憶測です。でも、僕のところに急な仕事が回ってくるので、それなりに本当のようです。口約束で仕事をするのが慣例になっているため、なあなあになっているのかもしれません。

一番困るのが、ギリギリまで粘って「書けません」と言いだす人です。この手の人は多くて、僕は、某大学教授や某大学の偉い人など、いろいろな方が断った穴埋めの仕事を引き受けてきました。
あまり具体的に書くと刺されそうなので・・・ 詳らかにしないようにしたいと思いますが・・・

f:id:kagariugo:20181017170737j:plain

↑ まどマギのキーホルダー(本文とはまったく関係ありません)

 

例えば、禁則事項です)の研究で有名な某先生が〆切を1週間過ぎても原稿がこない、電話を何回しても連絡がつかない、山内さん、代わりに著書を参考にまとめてくれないかという依頼が来たことがあります。

で、校了が翌日に迫っていたので、“力業”で、数時間かけて無理やりまとめました。

無事に校了・・・になると思いきや、またもや事件が発生します。なんと先生がギリギリになって原稿をUP。急遽、直前で差し替えになったという出来事がありました。僕の原稿料は支払われましたが、お蔵入りに。こんな対応をしなきゃいけない、編集者の仕事はきついです。

それでいて、トラブルが起こったりすると、作家側は編集者の悪口をツイッターに書いたりするのです。編集者は会社員ですので、反論を書きたくても書けません。一方的に、作家の意見だけが広がってしまうのです。精神病みますね、これは。

ちなみに、僕は自分の文章に手を加えられることを嫌がりません。というのも、元の原稿が下手くそなので、手を加えてもらった方がいい原稿になるからです(笑)。確実に言えますが、AIが書いた方が絶対に僕の文章よりも上手いですね。

人によっては、一字一句直されるのを嫌がる人もいます。まあそれが本来の物書きの姿勢なのかもしれませんが、僕はこだわりはないので、柔軟です。そのへんも、編集者が頼みやすい理由なのかもしれませんが。

繰り返します。

〆切は守りましょう!

 

町おこしin羽後町―美少女イラストを使ってやってみた

町おこしin羽後町―美少女イラストを使ってやってみた

 

 

「民家」から選ばれる国宝を予想してみよう

毎年、5月と10月に建造物の重要文化財・国宝の指定が答申されます。このブログを書いているのが10月16日ですので、もうすぐです。

で、僕が毎回期待しているのは「民家の国宝はそろそろ出ないのかな~」ということです。

実は、民家の国宝は1件もありません。近世以前の民家の重要文化財は353件もあるのですが、ゼロです、ゼロ!!!!! これはおかしい!!!! 仏像日本刀の国宝はいっぱいあるのに、なぜ民家はゼロなのでしょうか?

そもそも、国宝はどういうものが選ばれるのでしょうか。文化庁のサイトを見てみると、「絵画・彫刻等の美術工芸品及び建造物である有形文化財のうち重要なものを重要文化財に指定し、世界文化の見地から価値の高いもので、たぐいない国民の宝たるもの」とあります。

難しくて長いので要約すると、重要文化財のうち、すごいのが国宝です。つまり、国宝も重要文化財に含まれるわけですね。したがって、重要文化財に指定されているものの中から国宝が選ばれるのです。

民家の国宝がなんでないのか、理由はよくわからないのですが、まあいずれ出てくると思います。そこで、指定されそうなものを予想してみましょう。ノーベル賞の予想と比べたら相当地味ですが、まったりとお付き合いください。

まず、真っ先に選ばれるであろう物件は、兵庫県神戸市にある現存する日本最古の民家「箱木家住宅」です。そして、兵庫県姫路市にある「古井家住宅」でしょう。室町時代まで遡れる民家は4件しかないそうですが、その中でも箱木家と古井家はトップ2です。

f:id:kagariugo:20181016102252j:plain

↑ 昨年、ようやく「古井家住宅」を見てきました。僕が好きなのはその名字です。古井家・・・って、そのまんまやん!!!!

 

明治以降の近代和風建築は力作ぞろいですが、その中から岐阜県高山市の「吉島家住宅」も選びたいと思います。これは日本の町家でもっとも美しいと言われるものです。純粋に建築としての美しさに着目して選べば、これでしょう。

その後、地域格差を是正するために、それぞれの地域の建築様式を象徴する民家が選ばれるはずです。例えば、東北地方から選ばれるであろう物件は、秋田県由利本荘市の「土田家住宅」、秋田県羽後町の「鈴木家住宅」です。これらは日本海側に分布する中門造りの代表格で、東北最古の民家のトップ2といわれています。

また、秋田県出身の人間としては、秋田県に建築の国宝が1件もない(工芸品はある)ので、ぜひどっちかを指定してほしいと思っています・・・

f:id:kagariugo:20181016102750j:plain

↑ 中門造りの代表格「鈴木家住宅」は東北最古級の民家であるだけでなく、背後の山林なども含めて土地も重要文化財に指定されています。昔の景観がそのまま残っているという点が重要です。さらに、今もこの家に当主が住んでいる点もポイントが高いです。

 

先日、能登半島で見てきた石川県輪島市の「上時国家住宅」も、これはもはや民家ではなくて城じゃないのか・・・というレベルで凄すぎたので候補。北前船の交易や庄屋を務めて財を成した超セレブの住宅で、日本最大級の茅葺き民家の一つです。

f:id:kagariugo:20181016102551j:plain

↑ 「上時国家住宅」はお金持ち度も建築の規模も異次元レベルに凄いです。建築されたのは江戸末期で、比較的年代は新しいですが、民家の一つの到達点として国宝級ではないかと。

 

あとは、室町時代まで遡る奈良県五條市の「堀家住宅」はその由緒の立派さも含めて国宝級ですし、九州で最古級といわれる 福岡県新宮町の「横大路家住宅」あたりも有力なのでは。 町家では奈良県橿原市の「今西家住宅」も良いですね。これは古い街並みが残っている橿原の今井町を象徴する、ほとんど城にしか見えない家です。

僕は民家の専門家ではありませんので、今まで見てきたものの中から、純粋にスゲー! と思ったものを選んでみました。

おそらく、箱木家、古井家あたりが指定されてから、順次、全国の物件が指定されていくと思います。

全国の自治体の皆さん!

世界遺産ばかりが注目されがちですが、国宝に目を向けるのもありだと思いますよ!

 

 

腕時計は好きなものを買いましょう! ~腕時計で人生は変わるのか?

最近、ツイッターで、腕時計に関するこんなツイートがバズりました。

この方はどんな腕時計を買ったのだろうと気になって調べてみたら、本人がIWCと言っていました。

僕はIWCはすごく好きなブランドです。欲しいです。秦大輝さん、要らないなら僕に売ってください(格安で)!!!!!!!!!

しかし、IWCは時計愛好家の間では評判が良いのですが、一般的な知名度は低いです。「世間の見られ方が変わる」ことや、見栄を張ることを望むのであれば、相応しくないブランドかもしれません。そもそもIWCの時計はシンプルなデザインが多いため、時計に詳しい人でなければ、それと気づきにくいのです。

一般的に高級腕時計ブランドといえば、ロレックスが頂点で、その次がオメガだと思っている人が多いのではないでしょうか?

ところが、世の中には“世界3大腕時計ブランド”というものが存在します。ロレックスがこれに入っていると思う人は少なくないと思いますが、入っていません。下記のブランドが、世界3大腕時計ブランドです。

パテック フィリップ

ヴァシュロン・コンスタンタン

オーデマ・ピゲ

時計愛好家であれば常識ですが、一般の方であれば1個も知らないという人は結構いると思います。ちなみに僕は時計に興味持つまで、1個も知りませんでした(爆)

この記事では、前述の3ブランドに、A.ランゲ&ゾーネを加えて“時計四天王”と呼んでいます。

ちなみに、僕はA.ランゲ&ゾーネの1815/アップ&ダウンという時計をもっています。最高にお気に入りで、家宝です。重要な商談や、会食の場には必ずつけていくほどです。

ところが、「山内君、いい時計つけているね~~!」と反応してくれるのは、もれなく時計ヲタです。ヲタ度の濃いダンディーなおじさまにはモテモテでした。しかし、若い女の子から「山内さん! 素敵な時計ですね!!」と言われたことは1回もありません(爆)。

f:id:kagariugo:20181015232742j:plain

↑ 僕が所有するA.ランゲ&ゾーネの腕時計。お金が一気になくなりましたが、買ってよかったと心から思える大満足の逸品です。とにかく何もかもが美しいです(語彙力)

 

では、キャバクラや飲み屋で、若い女の子から反応がいいブランドは何でしょうか。

言うまでもなく、ロレックスです。特に金無垢のロレックスをつけていれば、女の子の反応が違います。モテます。セレブ、金持ちだと思われます。

僕はライターの仕事のインタビューで、金無垢のデイデイトをよく使っています。これをつけていれば相手(特に芸能人や経営者)の反応が、笑えるレベルで変わります。某経営者は、それまでは杜撰極まりない対応をしていたのですが、僕の腕元からロレックスが見えた途端、丁重になりだしました(笑)。

こういうことはしょっちゅうです。ロレックスの知名度は群を抜いているのです。

f:id:kagariugo:20181015233022j:plain

↑ 僕が使っているロレックスの金無垢時計「デイデイト」。この時計は僕の腕に馴染んで重さがちょうどいいので、メイン時計になっています。最初は金無垢に抵抗ありましたが、もう慣れました(笑)

 

見栄を張りたいならロレックス一択です。リセールバリューも良いですから、飽きたらすぐ売れて、しかも損失も少ない。最強です。

日本を代表する超セレブな斎藤一人大先生も、「金のロレックスを買いなさい」と講演しています。

ですが、僕は腕時計は周りの意見に流されるのではなく、自分の好きなものを買うのが一番だと思います。何より、人生が変わらなかったことを時計のせいにしてはいけませんね。1000000000%、自分のせいです。責任転嫁されては、時計がかわいそうです・・・

時計を身に着けることでモチベーションが高まるなど、そういう効果を得ている人はいます。人生の転機に、いい腕時計を買って、気合を注入している人もいるのではないでしょうか。そういう想いを抱いて買えば、精神的にもいい影響を与えると思います。

何より、時計は純粋に趣味として楽しいです。こんな小さなケースの中に、複雑な機械が入っていて、時を刻むのです。素敵です。ロマンがあります。人類の叡智を楽しめるだけでも、素晴らしいものだと思いますね。

繰り返しますが、腕時計は好きなもの、気に入ったものを買いましょう!

自分の審美眼を信じて買いましょう!

間違っても、モテたいなどと、ヨコシマな考えをもってはいけません

そして、腕時計の世界にどっぷりはまって、ぜひ僕のフレンズになってください!!できれば若い女の子だとすごく嬉しいです!!!!!!

秋田県のJAが合併 ~美少女イラストあきたこまちが、この先生きのこるには

▼国内最大規模のJAの誕生

秋田県内にある14のJAが、2024年度をめどに統合すると報じられています。

統合すれば、国内最大規模のJAが誕生するようです。

実は以前から統合は噂されていて、県北、県央、県南の3つくらいになるのではと言われていました。それがなんと、秋田県全域というのですから、びっくりです。

昨今、JAの存在が日本の農業の癌になっているとして、解体を唱える人も多くいます。確かに組織として改善しないといけない点が多々あります。不祥事も相次いでいます。県内の某JAは凄まじい事件をやらかして大バッシングを浴びました。

 

▼個性的な取り組みをしているJAうご

その一方で、県内にあるJAは独自色を出して、農産物を売り込む努力を続けています。羽後町にある2つのJAのうち、JAうごは県内最小の規模であることを生かして、個性的な取り組みをしています。

僕は、2008年にかがり美少女イラストコンテストのお土産品として、地元のJAうごと協力して、美少女イラスト入りあきたこまちの製作にかかわりました。

間違いなく、JAうごだからこそできた商品です。小さなJAなので上に意見が通りやすかったため、製作を決断してもらえたといえます。

この商品は全国ニュースでも取り上げられるほど話題になり、NHKのクローズアップ現代などでも紹介されました。

 

▼組織が大きくなると存続できるか

その後、JAうごといろいろひと悶着あって、僕は企画から外れています。

とはいえ、この商品は今年で10周年を迎えました。継続してきたことには驚いています。ひとえに企画にかかわった方々と、継続して購入してくださっている方々のおかげだと思っています。

秋田県内のJAがひとつにまとまれば、組織の基盤は盤石になるでしょう。ですが、組織が大きくなりすぎると、こういった個性的な商品を生み出しにくくなるのではないかと、危惧しています。

というか、この美少女イラストあきたこまちは、継続されるのでしょうか???

企画者として、今後に注目していきたいと思います。

町おこしin羽後町―美少女イラストを使ってやってみた

町おこしin羽後町―美少女イラストを使ってやってみた

 

 

田舎に住んでいると高級腕時計が買えない問題

僕は秋田県羽後町の出身ですが、かつては田舎町でも高級腕時計がごくごく普通に買えました

栄光時計やホッタなどの問屋と取引があれば、ロレックスはもちろん、パテックフィリップやオーデマピゲなどの高級時計を注文できたのです。羽後町西馬音内の「柴田時計店」も栄光時計からロレックスを仕入れて、何人かに販売しているそうです。時計店としてある程度の実績があれば、問題なくほとんどのブランドを扱えました

ところが、この10年ほどの間に、時計メーカーが取扱店を絞るようになりました。

いままで日本の代理店に販売を任せていたメーカーが日本に法人を作るようになると、問屋任せの流通システムを転換し、一気に地方の時計店が高級腕時計を取り扱いできなくなっていきました。直営店をオープンするブランドも増えました。

腕時計のブランドイメージの向上のためには、直営店を作ったり、ブティックを設けるブランディングは有益です。しかし、それだと東京などの大都市でしか高級腕時計を楽しめなくなってしまい、都市と地方の格差が生まれまくってしまいます。

僕が考える問題は以下の点です。

 

1:地方で高級腕時計が買えない

例えば、ロレックスの正規店は、東北地方だと今や宮城県仙台市に1店だけ。パテックフィリップも1店しかありません。どこのブランドも取扱店を絞りすぎています。

地方に住んでいると、東京や大都市に行かないと目当ての腕時計を正規で買えなくなっています。正規店が通販をやってくれればいいのですが、ブランドとの規約上通販ができない店もたくさんあります。

となれば、地方在住者は通販できる並行店で買わざるを得ません。僕が以前に某ブランドに「秋田県には正規店が無いのですが、どうすればいいでしょう」と聞いたところ、「東京で買ってください」とストレートに言われました(笑)

いや、確かにその通りなんですけどね・・・

それよりも、購入を検討している人が実物に触れないのは痛いです。腕時計は目にして触って、良さがわかるもの。大都市でしか手に取れない現状では、潜在的なファンを失っているのではないでしょうか。

 

2:どこの百貨店も時計店も似たような雰囲気になっちゃった

昨今の腕時計ブランドは販売店に専用の什器を入れるように要求してきます。資金難などから改装できなかった時計店は、契約を切られるケースが多いです。

確かに、高級感を高め、ブランド化のためには重要なことだと思います。

均質なサービスが提供される一方で、時計店の個性は失われました東京でも、大阪でも、福岡でも、ブランドが指定した什器を入れていますから、どこも似た雰囲気になっています。(この件は、宇都宮の正規時計店「カマシマ」さんが指摘しています)。

僕は日本中の時計店を回っていますが、「あれ、このインテリアはどこだっけ?」と思ったことがありました。ちょうど東横インに泊まったときに感じることと、似ています。僕は東横インのヘビーユーザーなのですが、どこのホテルも内装を統一しているので、たまにどこに泊まっているのかわからなくなる(笑)

東横インはそれでいいのですが、高級腕時計を売る店が画一的なのは・・・いかがなものでしょうか?

 

アップルウォッチなどのスマートウォッチが普及し、売り上げではロレックスを抜いたという報道がありました。

僕は、アップルウォッチと従来の機械式腕時計は、まったく異なる分野のものだと思いますが、それでも時計業界が岐路に立たされているのは間違いないでしょう。

時間を知りたいならスマホがありますから、現に、腕時計をしている人が減少しています。腕時計ファンの開拓は急務だと思うのですが、どうも昨今の時計業界は、新しいファンを開拓することよりも、一部のお金を使ってくれる特定のファンに向けたマーケティングを展開しているような気がしてならないのです。

今後、クルマの自動運転などが実用化されれば、地方に住む人も増えてくるはず。既に、有名ブロガーやIT関係の起業家では地方を拠点にしている人もいます。

そんな現状において、地方の正規店をどんどん絞り、大都市だけに集中させる時計業界の手法が時代に逆行している気がするのは、僕だけでしょうか?

 

ゼロからわかるロレックス 改訂版 (CARTOPMOOK)

ゼロからわかるロレックス 改訂版 (CARTOPMOOK)

 

 

ロレックス正規店の闇

僕は腕時計が好きなので、いろいろなブランドの品物を持っていますが、ロレックスが一番本数を多く持っています。

文句なしでロレックスは良い腕時計です。時計初心者にも自信をもってすすめることができます。僕のすすめでロレックスを買った友人は何人もいます。そして、みんなが「買ってよかった」と言っているブランドです。

 

f:id:kagariugo:20181012104939j:plain

↑ 羽後町のワインバー「蔵しこ」にて。時計は僕の私物です。

 

ただ、最近はロレックスの人気モデル(デイトナ、GMTマスター2、サブマリーナーなど)を正規店で買うことが難しくなってきています。

時計店には正規店並行店の2種類があります。正規店はメーカーから問屋を通して入ってきた新品の商品を並べるお店。並行店は海外でバイヤーが買い付けてきた商品を並べるお店で、中古品なども扱います。

正規店は原則、定価販売なので(といっても外商割引などが効く店はいくつもありますが)、並行店のメリットは正規店より安いことでした。ところが、最近は正規店に品物がないため、並行店でロレックスを買おうとすると正規の値段よりも高いです。いつしか、並行店のメリットは正規店にないモデルの在庫がある点になってしまいました。

新型のデイトナなどは定価が128万円くらいですが、いまや並行店で新品を買うと240~250万円くらいします。正規店で新品を買って、そのまま並行店にもっていけば80万円くらいは余裕で儲かってしまいます。

そんなこんなで、腕時計に興味がない(お金には興味がある)人も買い漁り、投機のような状況になっています。品物がとにかく無すぎて、最近はあまり人におすすめできなくなりつつあるのです・・・

正規店で定価で買えれば、文句なしで良い腕時計なのですが。

 

f:id:kagariugo:20181012105812j:plain

↑ 中央にあるデイトナは4年くらい使っていますが、今や買った時の値段よりも高く売れてしまう。右のエクスプローラー2はかつて正規店でいくらでも見かけましたが、これも最近は品物が枯渇しています。全部、僕の私物です。

 

そんなこともあってでしょうか、今年、某百貨店で転売屋と外商がグルになって、希少モデルの転売ビジネスを進めていたという疑惑がネットで騒がれました。

世の中はお金持ちに有利になるようになっているので、ある意味止む無しと言った面はあります。ただ、普通に外商経由のルートがいくらでもあるにもかかわらず、「来店したお客様に平等に販売しています」とか嘘を言って、本音と建て前を使い分けるのは辞めてほしいと思います。日本社会の非常にダメなところです。

実際、一見さんにもレアモデルを平等に販売しているお店は存在しています。そういうお店に対しても、毎日のようにレアモデルを探しに来ている人にも失礼です。それだったら、最初から「3本買ったらレアモデルを回します」とでも言ってくれた方が、遥かに親切だと思いませんか?

人気があるからと言って店員が天狗になっている例もたくさん見ています。例えば、今年、某正規店の担当者は「デイトナはロレックスを月に3本くらい買っていただければ、ひょっとしたら、お回しすることは可能ですよ」と言っていました。凄まじく上から目線でむかついたので、こいつからは絶対に買わね~~!!! と思いました。

さて、先の某百貨店の件は結局、真相は闇に葬られた感じですが、それを超える問題行動をしていたお店はいくつもあります。

ロレックスのパーツの横流しをしていた正規店とか、某高級時計店は(〇〇〇〇禁則事項です)の時計を買った人にロレックスをおまけでプレゼントしていたことがばれて、正規をクビになったとか・・・ 

あちこちの時計店で話を聞いていると、「A店はこんなことをしていた」とか、とにかくいろんな問題が飛び出してきて興味深いです。まあ、ここには書けないような話がいっぱいあります(笑)

f:id:kagariugo:20181012111041j:plain

↑ サブマリーナーは昨年の一時期は普通に買えた時計でしたが、今は正規店に並ぶと即売れだそうです(汗) これももちろん僕の私物です。夏場は最適な時計です。

 

ロレックスはアンチも結構いますが、人気があるブランドにはアンチがつきものです。プロ野球で言えばジャイアンツのようなものでしょう。アンチ巨人はたくさんいますが、しかし、ジャイアンツが無くなったらプロ野球は絶対に面白くなくなるでしょう。絶対的な存在がいることで業界全体が活性化するし、ファンも燃えるわけですね。

ロレックスが人気無くなったら、腕時計全体の人気が凋落してしまうと思います。

ただ、人気がありすぎるので、時計店を変な方向に向かわせてしまう一種の魔力があるようですね。 怖いものです。のめり込みすぎ、注意です。

ゼロからわかるロレックス 改訂版 (CARTOPMOOK)

ゼロからわかるロレックス 改訂版 (CARTOPMOOK)