頭のネジが手巻きで止まっている かがり美少女の中の人ブログ

<注意事項というか義務! 本文を読む前にこの注意書きを5回以上読むこと!!!!!> かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内がストレス発散するためのクソブログです。頭のネジが手巻きで止まっている人が書いていますので、最低最悪なクソのような内容ばかりです。したがって「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。このブログを読んで不快になったり、便秘になったり、ウンコが下痢便になったりなどのトラブルが生じても、クレームは一切受け付けません。商品を買ってくれると僕にお金が入るから、買ってね!!

転売屋を叩く奴らは安く買えたら喜ぶくせに、たった数千円高いだけで文句を言う

f:id:kagariugo:20190911200615p:plain


▼やっぱり転売屋は俺にとって必要な存在なのだ

久々に転売の話を書きます。もう何回も書いている通り、私は転売全肯定論者です。私は転売屋ではなく、転売屋から買っている側です。転売屋のおかげで欲しいものが確実に手に入って、幾度となく助かっているため、転売屋がいないと困ります。

なぜ私が転売屋を崇拝しているのか、そのあたりの詳細は過去記事を読んでください。

 

▼転売屋を叩く理由の多くは嫉妬心

さて、アンチ転売屋は依然として多いです。ツイッターだと転売反対論が多くを占めているようです。もっとも、これほどアンチ転売屋が多いと、声を大にして「転売屋は必要だ」と言えない風潮なので、声を上げない転売肯定論者も多いと思います。

それにしても、転売屋叩きの意見を読んでみると、単なる嫉妬心で叩いているものばかりで、ほぼ感情論です。つまり、自分が商品を手に入らなかったのは転売屋のせいだと言いたいわけです。違います

チケットやグッズが多くの人の手に渡らない問題は、実際は転売屋のせいというよりは、元締めの業者の問題による部分が大きいと思います。販売方法に問題がある、ライブ会場のキャパが少ない、無暗に販売数を絞る(限定商法)、会場に行って買えない人への救済措置(通販など)が無いなどです。

アンチ転売屋は転売屋を叩くことには熱心ですが、元締めの業者を叩こうとしないのはなぜなのでしょうか。不思議で仕方ありません。あと、やたらと定価で入手することにこだわる傾向にあります。定価ってそんなに重要か?

 

▼安かった場合は文句を言わないアンチ転売屋

アンチ転売屋に問いたいのですが、あなたたちは定価よりもたった数千円、数万円高い程度で文句を言っているわけですが、じゃあ定価よりも安かった場合は文句を言うのでしょうか。たぶん、言わないと思います。嬉々として買うのではないでしょうか。

私の知り合いで転売ビジネスをやっている人がいるのですが、需要予測が外れ、在庫を抱えてしまい、安く放出することも少なくないそうです。転売を全面的に禁ずるのであれば、安く売ることだって反対してほしいものです。

また、リサイクルショップにあなた方が不要になったものを「転売」し、定価よりも高く買い取ってもらえた場合は、どうでしょうか。「定価より高いので、差額は要りません」なんて言うバカはいませんよね?

喜んで、儲かった分の差額をちゃっかりと受け取ると思います。

このように、アンチ転売屋の姿勢は、まったく筋が通っていないのです。他人がちょっとでも儲かるのがそんなに許せないんでしょうかね。そういう嫉妬心にまみれた人、私はとっても嫌いです。転売屋は便利な存在です。私みたいにもっと積極的に転売屋を利用すればいいのにと思います。

  

月30万以上を確実に稼ぐ!  メルカリで中国輸入→転売実践講座

月30万以上を確実に稼ぐ! メルカリで中国輸入→転売実践講座

 
Amazon転売 売上アップの絶対法則 70

Amazon転売 売上アップの絶対法則 70

 

時計屋がどこも同じ雰囲気になって没個性的すぎる

 

f:id:kagariugo:20190916095942j:plain

↑ 「宇都宮の名店」カマシさんがこうしたお店のコンセプトを堂々とホームページに掲げることは、現代の時計業界への問題提起でもある。

 

東横インは全国同じ造りで素晴らしい

私はビジネスホテルの東横インの超ヘビーユーザーなのですが、それはなぜかというと、全国どこでも部屋が同じ造りで安心感があるためです。プライベートで旅行するときはそこそこ良いホテルにも泊まりますが、あくまでも仕事の出張における定宿は東横インです。

というのも、僕はマスゴミの人間であるため、ホテルで原稿を書く必要があるのです。余裕があるときは出張先でメシを食いに行ったりしますが、緊急の執筆依頼の場合はホテルにチェックインしてすぐ原稿というパターンは日常茶飯事です。

その際、いつも同じ空間だと集中して執筆に専念でき、第二の事務所感覚で東横インを使うことができます。東横インは全国どこにでもあり、とにかく画一的な造りなので、とても助かるというわけです。

( ↓ )こんな本も出ていますが、はい、「クセになる」どころか、「中毒になる」魅力が東横インにはあります(笑)。

なぜか「クセになる」ホテル 東横インの秘密

なぜか「クセになる」ホテル 東横インの秘密

 

 

▼“東横イン化”している高級時計屋

さて、本題です。今回は何を言いたいのかといいますと、高級時計屋の話です。

最近、時計屋が全国どこでも、東横インのように同じ雰囲気になっています。それは、メーカーが指定する什器を入れることが契約の条件になっていたりするため、同じブランドを扱っている店だと必然的に店内の雰囲気が同じになってしまうのです。

そのため、北海道のA店、大阪府のB店、鹿児島県のC店を訪れても、店内写真を見せられただけではどの時計屋なのかわからないくらい、没個性的になっています。

メーカー側に言われるがままに什器を入れ、店員は研修でブランドにふさわしい立ち振る舞いを教育されるから、人も物もなおさら画一的な雰囲気になるというわけです。店の個性がどんどん失われています。

ちょうど、東横インに宿泊している者が感じることです。東横インの前社長が、「全国同じ造りだから、どこの東横インに泊まっているのかたまにわからなくなると言っていた利用者がいた」という趣旨をネタで話していました。それと同じ現象が、時計屋でも起こっているのです。

 

カマシマさんの問題提起

しかしながら、コスパ重視でビジネスライクの東横インとは違い、時計屋は本来であればそれと対極に位置する高級で非日常的な空間であるはずです。にもかかわらず、やっていることは同じなのです。

さらに言えば、店の雰囲気を全国同じで画一化させるのって、ユニクロやGUなどのファストファッションのブランドがもっとも積極的にやってきたこと、であるはず。高級ブランドこそ、店の雰囲気を地域風土にあわせて変えるなど、余裕をもった内装設計をすべきだと思うのですが、やっていることはファストファッション的なことです。

不思議だなあと思います。

 

f:id:kagariugo:20190916100715j:plain

「宇都宮の名店」ことカマシさんが上記のような問題提起をしていました。これには全面的に同感です。

かつては時計屋、すなわち小売りが強い時代でした。ところが今はメーカーが強くなり、「提示する条件を呑めないから契約を打ち切ります」と言うようになりました。結果、メーカー主導の店づくりが進んでいるわけです。その結果、全国どこでも同じ雰囲気の店になっているわけです。

 

▼全国同じだと面白みがなくなる

カマシマさんが言っている通りだと思います。かっこいいけれど、画一的で、つまらない。店員も言っていることが同じだ。メーカーが提示する条件が呑めない店は淘汰され、資本力があり、メーカーの言いなりになっている店だけが生き残っていく。

これって健全なんでしょうかね?

カマシマさんはかなりの目利きです。ブライトリングを日本で最初期に販売した店として知られていますし、地方都市にありながら、バーゼルワールドに赴いて独自にブランドと契約を結び、代理店になるなど、先進的なことをどんどんやっています。

しかし、カマシマさんも言っていましたが、やはり専用の什器を入れない現状だと、契約を切られそうなブランドが多いとのことです。今のままのスタイルを貫くのは限界がありそうです。

ですが、こういった個性がある時計屋が、せめて、地域に1店くらいはあったっていいんじゃないかなと思います。

いかがでしょうか?

 

町おこしin羽後町

町おこしin羽後町

 
「学力日本一!」  秋田県東成瀬村のすごい学習法

「学力日本一!」 秋田県東成瀬村のすごい学習法

 

腕時計のリセールバリューが良いことのメリットを検証してみる

f:id:kagariugo:20190911202126p:plain

時計愛好家の方には、腕時計のリセールバリューを気にして買うのはあまりよくないと言っている方がいます。僕も基本的には同感です。

熱心な時計愛好家にリセールバリューの話をすると良い印象を持たれないのは、昨今、緑のブランドを筆頭に、パテックフィリップやオーデマピゲなどの一部のモデルがリセールバリュー重視で買われていることに対する、警鐘の意味もあると思います。

一方で、某時計店の店員さんが言うには、リセールバリューが良いことはメリットもあるそうです。

それは転売すれば金が儲かる…などの理由ではないですよ。

ずばり、腕時計を何回も買うチャンスがあることです。

私自身、腕時計をいろいろ買ってみてわかったのですが、自分に合う腕時計なんて、それこそ何本も腕時計を買ってみなければわかりません。また、店頭ではよい腕時計だと思ったのに、家に帰ったらイマイチに感じた、もしくは使っているうちに自分に合わないと感じた経験がある人も、多いと思います。

例えば、ブランド品買取の「大黒屋」のホームページによると、ロレックスのディープシーという腕時計は、着けてみて「大きすぎる」「重い」と感じて、手放す人が多いのだとか。

イメージと違うと感じた腕時計であっても、リセールバリューが良ければ、思い切って売却し、差額で別の腕時計を買うことができます。買って売り、買って売りを何度も繰り返している時計愛好家はたくさんいます。回数を重ねるほど、運命の1本に出合う確率は必然的に高まります

結論として、リセールバリューは良いに越したことはありません。

ただし、そればっかり気にして買うと、腕時計選びが途端につまらなくなりますから、気にし過ぎは禁物です。また、腕時計選びは他人の意見を参考にするのは重要ですが、意見に流されすぎるのもダメです。自分の審美眼を信じ、購入するかどうかの最終判断は、必ず自分自身で行うようにしたいものです。

 

※ ちなみに、私に「最初の1本として高級腕時計を買いたい」と質問した場合、問答無用でロレックスをおすすめいたします。

 

ゼロからわかる ロレックス アンティーク編 (CARTOPMOOK)

ゼロからわかる ロレックス アンティーク編 (CARTOPMOOK)

 

伝説の時計販売員Hさんは本当に凄い

▼カリスマ店員Hさんは健在だ

私はこれまで全国各地の時計店を正規・並行問わず訪問しまくり、雑誌に載ったりしている有名店員にも会ってきていますが、その中でも凄いなあと思った店員の1人がG県のI店のHさんです。

こないだ行ってきた国産時計の展示会でも、某社や某社の社員がHさんのことを話していました。知る人ぞ知る知名度は健在だなあと実感しました。

最近は、諸事情により、Hさんが店頭に立つ機会が減っています。本人も「時計に興味がなくなった!」「最近の時計はわからない!」と言っているのですが、それでも、最近のブログを見ると審美眼の高さが感じられます。

f:id:kagariugo:20190911065934j:plain

f:id:kagariugo:20190911065949j:plain

これはHさんのブログのスクショです(無断でごめんなさい)。

Hさんはこの前後で、セイコーのことをさんざんディスっていて、特にグランドセイコーを猛烈に批判しています。グランドセイコーはクォーツの精度がクソでぼったくり、アストロンなどの電波時計はトラブルが多い… と書いた一方で、ちゃんとセイコーのおすすめのモデルをすすめているのです。

 

▼お客さんを迷わせない、時計選びのプロ

買うべき時計、買っちゃダメな時計

しっかり自分の目で見極め、お客さんにすすめる。

これって簡単にできるようで、できないんですよ。

百貨店に行くとわかりますが、基本的に店員は売り場の商品をディスりません。なんでもかんでもすすめてきます。初めて時計を買う人は、次から次へと商品をトレーに乗せられ、話を聞いているうちにどれもよさそうに見えてしまい、何を買えばいいのか迷ってしまいます。

Hさんの販売手法は明快です。お客さんを迷わせません

ちなみにHさんの能力は数字にもちゃんと表れていて、何しろG県内でロレックスの販売実績トップクレドールに至っては専門店部門で全国3位という、想像を絶する販売実績を挙げています。Hさんが勤務する店に行くと、こんな小さな街の時計屋がなぜ、と衝撃を受けると思います。

Hさんはロレックスを扱っていた時も、スポーツモデルではなく、一般的なデイトジャストなどのドレスモデルを売りまくって驚異的な販売実績を作ってしまった人で、「デイトナなんか犬でも売れる。あんなもん売って威張っているのは大した店員じゃない」とサラッと口にするほどです。

 

▼時計愛が凄く、視野も広い

はじめてHさんのブログを見た時は、なんだこれ、めっちゃくちゃな店員だなあと思ったものですが、読み込んでみるとなるほどと思うことばかり。そして実際にお会いしてみると、さらに驚かされました。時計業界の現状も的確に分析され、何より時計のことが好きなんだなあと伝わってきました。

そして私がHさんが凄いと思うのが、幅広い価格帯の時計を語れる、視野の広さです。ロレックスやクレドールの高価格帯商品を売れる人が、ちゃんとドルチェ&エクセリーヌなどの求めやすい価格帯のおすすめ時計を挙げることができるのです。これも・・・意外とできる店員が少ないです。

特に百貨店の店員に多いのですが、自分の担当するブランド以外、さっぱり知識がない人ばかりですからね。昨今、特に都市部の店員のスキルが落ちてきています。Hさんのような方が業界に旋風を巻き起こして欲しいです。

ユーザー目線に立った時計選びをしてくれるHさんは、本当に頼もしい店員だと思います。最近お会いしていないのですが、職場にぜひ復帰していただきたい。そしてまた数々の伝説を作って欲しいと願っています。

 

とある企業の社長交代劇で、インタビューがパーになった話

 

f:id:kagariugo:20190910183026p:plain

 

私がマスゴミやライターの仕事をやっていて壮絶的に修羅場だったことは、あまりに多いので書ききれないというか、そもそもいつも修羅場な気がするのですが、インパクトが強かったのは、某企業の社長交代劇の影響で原稿が全部パーになり、校了ギリギリの数時間で替わりの原稿を書いた仕事です。

20××(平成××)年、ある出版社で、私は編集者に依頼されて、若者向けのムック本の製作に関わっていました。その中に、他のライターの担当でしたが、某企業の社長のインタビュー記事がありました。

詳細は忘れましたけど、若者に向けた仕事のアドバイス、そして熱いエールをいただく…みたいなインタビューだったと思います。

この出版社はいつも校了(入稿ではない)直前になっても編集部の意見がまとまらず、ライターに校了直前に原稿を依頼する(ゆえに執筆時間がほとんどない)ケースが珍しくありません。んで、このムック本も案の定、進行が遅れていました。

私は原稿執筆速度が爆速なので、依頼されたページはすべて原稿を書き終えていました。校正も済んでいました(なんて優秀なんでしょう)。しかし、社長インタビューだけは編集部でスケジュール調整が大変だったとかで、校了1週間前くらいに行われたと思います。ギリギリでした。

とはいえ、それは他のライターの仕事ですので、私は自分のパートはすべて終えています。校了日の前日、私はもう用済みになっていたので、別の仕事で飲み屋に行き、酔っ払っていました。

すると、いきなり携帯が鳴りました。

「山内さん、すみません! 10ページ分、追加で原稿を書くことできますか?」

「は?」

意味が分からなかったので、聞き返しました。

「俺の原稿になんか不備あったの?」

「違います・・・ 社長のインタビューがまるまる全部なくなったのです」

「え~~~~~????」

「企業で突然の社長交代劇がありまして、広報担当から、そのインタビューは使うなと言われてしまったんです。最後まで粘ったのですが、別の記事に差し替えないといけなくなってしまいました。力を貸してもらえませんか?」

「でも明日校了でしょ?」

「はい・・・ レイアウトを作り直さないといけなくなり、朝の8時までにはUPしないと間に合わないんです・・・」

私が腕に巻いていたロレックスのデイデイトに目をやると、深夜の1時を指していました。残された時間は7時間しかありません。

私は漫画喫茶に飛び込みました。しかもこのムック本は、よりによって若手の入社したての編集者が担当していたのです。トラブルが発生した時の対応も、まったく慣れていませんでした。このままでは尚更間に合いません。

そこで、私の方で無理やり台割を作り直すことにしました。私が担当していた記事を強引に引き延ばし、どうにか校了に間に合わせたのです。

かくして、ムック本は完成しました。

編集者からはめっちゃくちゃ感謝されましたし、新入社員になって早々これですから、いろいろな意味で経験になったかもしれません。

その一方で、私は企業の広報担当に複雑な思いを抱きました。

広報担当は、社長交代劇を知っていたのでしょうか。知っていて、敢えてインタビューを受けたのでしょうか。だとしたら相当悪質です。しかしながら、広報担当にまったく知らされず、裏で社長交代劇が進められていた可能性もあります。こうなると、広報担当も気の毒としか言いようがありません。

真相は闇の中です。

この企業の業界は業績が悪化しています。もうオワコンだと言っている人もいます。はっきり言って、内部で内輪もめなんかやっている場合ではないはずです。一致団結して業績改善に努めるべきだと思います。

 

町おこしin羽後町―美少女イラストを使ってやってみた

町おこしin羽後町―美少女イラストを使ってやってみた

 

ルイヴィトンに防水スプレーやガラスコーティングはダメ

 

f:id:kagariugo:20190910165457p:plain

 

▼第三者が手を加えて、良いことは無い

昨日、ツイッター上でガラスコーティング誰かさんのせいで話題になったので、頭のネジが手巻きで止まっている私が、徹底的に研究してみました。

日本人が大量に所有している海外ブランドの定番中の定番といえば、フランスのルイヴィトンです。私もまあまあそこそこの数を所有しています。使いやすく、デザインが普遍的で、しかも頑丈なので、親子で使っている人も珍しくありません。

昨日は台風15号のせいで仕事がなくなり、暇だったので、長年、私のルイヴィトンの担当だった元社員のM氏に、ガラスコーティングについて詳しく聞いてみました。

まあ、言うまでもなく、ルイヴィトンの製品にもやっちゃダメだそうです。そもそも前回の記事でも書いたように、メーカーが公式に認めていない第三者勝手に製品に手を加えると、破滅の道を辿ります。M氏はこう解説します。

「防水スプレーなどでもそうですけど、僕らの方では他社製品を使うことで、製品に良くない影響を与えてしまった場合の責任が取れません。だから、不用意にそういった第三者の商品やサービスを使うことを推奨していないのです」

まあ、要するに、余計なことをすんなということです。

 

▼防水スプレーを噴射してはダメ

ネットで検索すると、ルイヴィトンに適していると称する防水スプレーを売っている業者がたくさん出てきます。もちろん公式のものではありません。

私はなぜルイヴィトンに防水スプレーなんて必要なのか、よくわからなかったのですが、モノグラムラインではいわゆるヌメ革という革を使っています。あのハンドバッグの肌色の部分だといえばわかりやすいです。

この部分が雨に濡れると変色したり、シミのような斑になることがあるため、防水スプレーを事前にやっておけば予防になりますよと勧める業者がいるのです。

しかし、こういった変なスプレーを使ったことで、本来のヌメ革の風合いが損なわれてしまうことがあるのです。そのため、M氏は販売の際にこう説明するようにしたそうです。

「ヌメ革の製品を販売するときは、あらかじめ、雨に弱いですよと話をします。そして、防水スプレーなどはやらないでと話していましたから、トラブルはあまり見かけませんでしたね」

 

▼なぜこうしたサービスが存在するのか

時計評論家の広田雅将さんは、ツイッター上で、ガラスコーティングを腕時計の革ベルトに施工するのは「百害あって一利なし」と断言します。一方で、アンティーク腕時計の文字盤には有用と認めつつも、施工が難しいとも指摘しています。施工を行う人の技術はもちろん、知識にも左右されるということでしょう。

一概に革製品と言っても、メーカーによってその加工の仕方が様々です。例えばA社では問題なかったけれど、B社ではトラブルが発生する例はままあります。また、メーカー内でもまったく違う加工をしている製品だってあるのです。

したがって、製品に熟知していない第三者が手を加えるのは極めて危険といえます。にもかかわらず、こうした中途半端なサービスが、なぜまかり通るのでしょうか。M氏はこう分析します。

「まず、正規の金額でサービスを受けられない人からの需要があります。また、先の防水スプレーのように、正規では品質を保証できないために敢えて行っていないサービスも、一部には需要があるのでしょう。今回のガラスコーティングもネットで調べれば問題はわかるはず。悪く言えば、“情弱”を相手にした商売のように感じます」

とにかく、広田さんも指摘するように、本来であれば一朝一夕でできるような施工ではないということです。せっかく正規で製品を買ったのであれば、第三者に手を加えさせてしまう前に、店に相談するのが間違いないようです。 

 

▼修理(リペア)は正規に持ち込んだ方が良い

このブログでも、ロレックスのオーバーホールを民間の、しかも技術が無いクソ業者に持ち込んでしまった挙句、時計を破壊されたり、さらには正規と変わらない料金をとる悪質な業者の話題を書きました。

基本的に、現行品は正規で修理するのがベストです。ルイヴィトンの場合、非常に頑丈なので、修理の持ち込みが毎日のようにあるそうです。M氏は当時をこう振り返ります。

「鞄を民間の業者で修理してしまい、持ってきたときには、もう手が施せないほどになっていたケースがありました。しっかりとした技術と知識がない業者が製品をダメにしてしまい、『どうにかなりませんか?』と持ち込まれるのは、悲しかったですね」

この場合だと、最初から正規に持ち込んだ方が、結果的に修理代が安くついたはずです。お金をケチったために、大事なバッグをダメにしてしまうのはあまりにもったいないといえます。最後に、M氏はこう話します。

「結局は、正規の方が、何かあったときも責任の所在がはっきりしてるので、おすすめです。確かに正規は民間よりも値段が高いのですが、信頼度は抜群です。正規がもつ責任と質の高いサービスに対し、お金を払えるかという価値観が重要ですね」

公式が認めていないサービスを利用するときは、くれぐれも、自己責任でお願いいたします。 

 

 

私がデイトナランナーに対して批判的な理由

f:id:kagariugo:20190910111507p:plain

 

頭のネジが手巻きで止まっている、かがり美少女の中の人です。こんにちは。

以前、このブログの読者から「デイトナランナーに対して厳しく書きすぎじゃないですか?」と言われたことがあります。

たぶんこのへんの記事がデイトナランナーの癪に障ったようで、ツイッターに載せたところ彼らから批判が殺到し、有名な方々に一斉にブロックされまくりました。そのおかげで、私のツイッター平和になりました(笑)。

私は、最初はデイトナランナーに肯定的で、面白がって見ていました。それは私だけでなく、初期の頃であれば、案外応援していたという人も多いのではないでしょうか。

しかし、デイトナを入手できた人が出てくると、どんどん新参者が増えまくってきました。その結果、どう考えてもそれはお店に迷惑をかけまくっているだろというレベルの酷いランナーが増えすぎました。

彼らの多くは腕時計が好きというよりは、レアモノが好きなのです(レアモノと言っても正規店で定価で買うのが難しいだけで、並行店に行けば山ほど在庫があるんですが)。そして、それを入手したことをネットで披露し、「おめでとうございます!」のリプや「いいね」を集めて、快楽を得たいようです。

もっとも、快楽を好むのは人間の性ですので別に構わないと思うのですが、私が思う彼らの一番厄介というか迷惑な点は、お店で知った情報をいちいちネットに書くことです。単なる訪問報告で終わればいいのですが、本来であればお店の常連のみが知り得るような情報やお店のサービスを、平気でネットに書いてしまうのです。

例えば、通常では回収しなければいけないタグなどの付属品を、「時計が好きな人のために」ということで、こっそりとオマケでつけてくれているお店が何軒かありました。しかし、あろうことか、購入報告の写真でそういったオマケまで載せたバカがいるのです。私はすぐにリプを書いて、画像を差し替えるように言いました。

どんな分野でも同じですが、そういうお店のサービスはネットに披露するのではなく、仲間内などでこっそりと楽しむものなのです。お店のサービスを不特定多数に披露してしまうと、ずっと通い続けていた熱心な顧客までもが不利益を被るのです。なんでそれがわからないのでしょうか。

要は、彼らは、ステンレスのデイトナなどのスポーツモデルを入手できさえすれば、どこの店だっていいわけですから、そのお店の昔からの常連や顧客のことなどお構いなしなのです。

そして、一部のランナーに至っては、お店が常連を優遇したりするのは不公平だと言っていたりします。意味不明な話です。常連を大切にするのは、お店として当然のことだと思うのですが。

最近はそれが、他のブランドに飛び火したようです。パテックフィリップやオーデマピゲの入手困難なモデルの予約ができたと言って、わざわざご丁寧に予約の証明書や明細までもネットに載せる人がいます。レアモノ好きはとにかく予約できたことですら嬉しく感じるのかもしれませんが、これも、お店にとっては嬉しくない行為です。厄介な問い合わせが殺到しますからね。

もっとも、最近はロレックスの並行相場が下降気味になってきました。デイトナの定価と並行相場の差が今ほど極端でなくなれば、ランナーは次第に消えていき、元のような平和な状態に戻ると予想されます。そうなれば、店員も接客に専念できるようになり、ランナーが言うような「塩対応」を受けるケースも、激減すると考えられます。

 

[ロレックス]Rolex 腕時計 116520BKSO メンズ [並行輸入品]