かがり美少女の中の人ブログ

かがり美少女イラストコンテスト主催者の山内が、好き勝手なことをつぶやいています。最低最悪なクソな内容多し。今流行っている「自己責任」で読んでね( ^ω^ )。だから、たまに(いや、かなりの頻度で)嫌な感じのことを書きますが、ゆるしてニャン☆

ザ・シチズンは就活に文句なしでおすすめ!

f:id:kagariugo:20190425182952j:plain

↑ ザ・シチズン知名度がまったくないものの、実用時計としては最強の時計です。 写真:山内貴範(時計は中の人の私物です)

 

▼最強の就活時計!

前回のブログで、就活に着けていく時計はぶっちゃけ何でもいいと書いたら、「無責任だ」「何かいいものを挙げろ」という趣旨のDMが来たので(汗)、1点挙げます。

文句なしで、「ザ・シチズン」です!!!!!

この時計には以下のような特徴があります。

 

(1)グランドセイコーより圧倒的に知名度がない

(2)そもそも知名度がない

(3)普通の時計にしか見えない

(4)シチズンの最高峰ラインで、それにしては値段が手ごろ

(5)メンテナンスの体制が万全

(6)就活後もずっと使える普遍的デザイン

(7)時間がとにかく見やすい

(8)とにかく時間が正確

 

▼デメリットはメリット

(1)~(3)は時計をバカにしているわけではありません。デメリットのように思えますが、就活には最強のメリットです。

就活の時計を気にする人は、目立ちすぎると嫌だと思っている人が多いはず。そんな人にうってつけの時計です。ザ・シチズンはまったく目立ちません。地味です。知名度ありません。だからこそ、知る人ぞ知る時計を所有する喜びがあります。

シチズンの他のモデルのようにスポーツ選手を使った大々的な宣伝もしていないため、人とかぶりません。

先程、地味な時計と書きました。しかし、それは他人から見たときの話です。一番上の写真を見ればわかりますが、風貌に両面無反射コーティングを施してあるため、圧倒的に文字盤が美しいです。これは所有者しか味わえない、ザ・シチズンオーナーならではの快感だと思います。

ザ・シチズンは、そもそも自慢してマウントをとるための時計ではありません(時計で目立ちたいならロレックスの金無垢を買いましょう)。しかし、この知る人ぞ知る感が良いのです。普通の時計だね、地味だね、と言われるのが快感になる変な時計でもあるのです(笑)。

 

▼就活といえど、一生モノを買おう

僕は就活のために中途半端な時計を買うのは、どうかなと思います。就活のために安い無難な時計を買い、就職が決まったら着けなくなってしまった人がまわりに結構いたためです。それでは時計がかわいそうです。

できれば就職してからも使い続けられるものがいいでしょう。だからこそ、最初からいい時計を買うべきです。

ザ・シチズンは量販店であれば20万円前後で買うことができ、頑張れば手が届く意味でも(4)だと思います。そして、ギリギリ、学生が親に「いい時計買って!」とねだれる金額ではないでしょうか!? 知らんけど!

また、(5)にあるようにメンテナンス体制が国産では最高レベルに良く、10年保証が付いてきます。さらに新品で正規品を買えば保証期間中に無料の定期点検も受けられます。これは手厚いサービスであり、国産の良い面が出ていると思います。

だから、(6)なのです。長く使える普遍的で質の高いデザインで、スーツにもばっちりでしょう。嫌味がないデザインですから、様々な場面で使えるのも魅力です。

 

▼実用腕時計の完成形

(7)は前述のとおり、風貌に両面無反射コーティングを施しているため、文字盤が見やすいです。さらに針やインデックスの仕上げが美しく、とにかく時間が読み取りやすい。

(8)は、これがザ・シチズンの最大の特徴だと思いますが、クォーツモデルで年差±5秒です。これは凄まじいことです。とにかく正確な時計が欲しい人には最適です。さらに、パーペチュアルカレンダーがついているので、例えば31日がない月の翌日に竜頭を引っ張ってカレンダーを合わせる必要がありません。これらの点は、ライバルのグランドセイコーよりも優れています。

実用腕時計としては申し分ないスペックであり、シチズンが考える究極の時計といえるのではないでしょうか?

繰り返しますが、マウントをとるための時計ではありません。知名度ありません。目立ちません。しかし、所有欲は満たしてくれます。どうですか、欲しくなりませんか???

ちなみに、僕のすすめでロレックス買った人は10人以上いますが、ザ・シチズンを買ってくれた人は誰もいない・・・ この時計を売るのは想像以上に難しいと思います。誰か買ってください。お願いいたします(笑)!!

 

就活で身に着ける時計は何がいいの?

f:id:kagariugo:20190420101948p:plain

▼就活には何が必要?

大学生の「シュウカツ!」が始まっています。ぼくのフレンドでも就活をしている人が何人もいます。ちなみに「アイカツ!」の監督は、「けものフレンズ」で監督を務めた木村隆一監督です。

アイカツ!」によれば「芸能人はカードが命!」らしいのですが、就活生は何が命なのでしょうか?

身だしなみ?

学歴?

大学時代にやっていたサークル活動? ボランティア?

・・・それとも腕時計

 

▼腕時計なんて見られない

以前に某マナー講師を取材した時、「高級腕時計を就活に身に着けていくなんて論外!」「ロレックスなどはダメ!」と言われました。ちなみに僕はロレックスの金無垢のデイデイトを着けていましたが、「そういう時計はダメですよ!」と言われましたwww

f:id:kagariugo:20190425111908j:plain

↑ ダメな時計の代表例 写真:山内貴範(時計とマギレコのいろはちゃんのクリアファイルは中の人の私物)

 

一方で、某企業の採用担当は「時計なんて興味ないから別に見ない」「採用の可否には関係ない」と言っていました。

僕は仕事柄いろんな偉い人に会っていますが、時計に興味のある人ってそこまでたくさんいません。知っていてもロレックスやオメガくらい。ちなみに、グランドセイコー知名度ほぼありません

ロレックスもぜんぜんアリです。スタンダードなデイトジャストやオイスターパーペチュアルは好印象です。ぜひ、三重の名店さんやサテ〇ドールさんやラ〇ンさんで買いましょう!

結論を言えば、時計なんて何を着けていっても良いということです。マナー講師や就活講座の講師の言うことは胡散臭いものばかりですので、無視しても問題ありません。まあ、明らかにダイヤギラギラ、金無垢など明らかに目立ちすぎるものはちょっと・・・と思いますが、基本的には何を着けていっても大丈夫といえるでしょう。

 

▼好きなものを着けた方がテンションが上がる

むしろ、遠目で時計を見て、瞬時にブランド名やモデル名を解析できる人は時計ヲタです。ひょっとするとコレクションを持っている可能性があります。指摘してくれたら、時計ヲタにとっては入社後のフレンズ候補ですので、薀蓄を話すくらいの余裕を持ちたいものです。

面接の場で時計が高価だのなんだのと、ぐだぐだと文句を言って落とすような企業は、そもそも論外(やばい会社である率が高い)です。

時計は一種のお守りです。堂々と好きな時計を着けて就活に行くのがベストだと思います。採用担当に見られる印象より、自分自身のテンションアゲアゲアイテムになるかどうかが重要なのです。

  

成功する就活生は何に取り組んでいるのか: 「納得内定」を獲得した2人の大学生の話

成功する就活生は何に取り組んでいるのか: 「納得内定」を獲得した2人の大学生の話

 
面接官の心を操れ! 無敵の就職心理戦略

面接官の心を操れ! 無敵の就職心理戦略

 

24時間テレビの出演者、ギャラ貰ったっていいじゃん!

f:id:kagariugo:20190424124005p:plain

テレビはアニメしか見ない人間なので、「24時間テレビ」を1回も見たことないのですが、この番組が放送される時期になると、きまって「出演者がギャラを貰っているのが問題だ」「チャリティー番組なんだからノーギャラでやれ!」と言う人が必ず湧いてきます。

でも、豪華な出演者が揃うおかげで、莫大な募金が集まるわけです。おそらく、ノーギャラの出演者ばかりにして微妙な番組を作ったら、募金額は絶対減るでしょう。だから、別に出演者がギャラを貰ってもいいじゃんと思うのですが? ダメ?

もし、番組関係者が募金を着服していたり、その中から制作費を補填していたりしたら論外です。それはチャリティーの精神に反しますし、クソだと思いますし、「〇ね!!」と思いますよ。そういう不正を働いていないのなら、まったく問題ありません。番組制作費と募金は別枠と考えているわけですからね。

他にも24時間テレビに寄せられる批判としてよく挙げられるのが、「障害者を使って無理やり感動番組にしている!」「胡散臭い」というものがありますが、そもそもテレビなんてそんなもんでしょ?

どのチャンネルも無理やり作った感動番組ばかりであり、相当に胡散臭い(特に健康番組など)と思うんですが。どうですかね?

 

山菜泥棒は白昼堂々、軽トラ1台分盗んでいく!

f:id:kagariugo:20190422103428p:plain

▼白昼堂々盗んでいく山菜泥棒

昨日、このブログで山菜のことを書いたら、山菜泥棒が多すぎるという告発をいただいたので紹介しましょう。

秋田県某町の山間部に山を持っているA氏の家では、今ぐらいの時期になると山菜採りの名人・・・と言う名の窃盗団がやってきて、生えている山菜を軽トラ1台分持っていくといいます。

ひで~なあ。軽トラ事故って〇ねばいいのに!!!!!!

A氏曰く、「向こうも、盗ったやつ売るから生活かかっているんでしょうけど」とのことですが、もちろん犯罪ですよね。

そいつらは隣町に住んでいるらしく、近くに住んでないためかやりたい放題。近所の人に聞いた話では、白昼堂々とやるらしいです。ばれていてもやるわけです。あまりに盗んでいく奴が多いので、「私有地」と書いた看板を立てて警告しているそうなのですが、そんなのお構いなしだそうです。

 

▼山菜泥棒はばれにくい

よく、サクランボなどの高価な果物を狙った農作物泥棒がニュースになりますが、山菜泥棒はマツタケ泥棒などを除けばあまりニュースになりません。ワラビ泥棒、ゼンマイ泥棒の話なんて、ほとんど聞きませんよね。

それは言うまでもなく、山菜採りそのものがグレーゾーンだからです。私有地から山菜を持ち出す窃盗行為をみんなが堂々とやっているためです。

確かに山って所有者がいるのに、あまり他人の土地という認識が薄いですよね。同じ私有地でも、畑から農作物を盗ると泥棒なのですが、山から山菜は黙認。「管理されている野菜とは違う。山菜なんて勝手に生えているものじゃん!」と言う奴がいましたが、むちゃくちゃですよ、それ。

A氏は言います。

近所の人が常識の範囲内で採っていくのはいいのですが、売るのが目的の人って根こそぎ持っていくんですよね。山菜って根こそぎ採ると、次の年、そのエリアには生えなくなるので、ある程度残すのがルールなのですけど・・・」

 

▼美しい日本には道徳心が大切だ!

このように、山菜採りは山の所有者の観音菩薩のようなあたたかく慈悲深い精神によって許されているのです。そうした優しい心を蹂躙する山菜泥棒どもは地獄に落ちて欲しいものです。

繰り返しますが、山には所有者がいます。黙認されているからと言って、採り過ぎは禁物です。てゆーか、マジで自重しろ!!!!!

こういう私利私欲に走り、道徳心を軽んじる連中がいるから、そりゃ安倍晋三が道徳教育を重視し、日本会議が戦前の教育勅語を復活させようとするのはいたって自然な流れだと思います。

以上! 左翼どもの間で大ブームになっている論理の飛躍で、文章を〆ることにしましょうwww

 

 

 

田舎の山菜&キノコ採りのマナーは最悪だ

f:id:kagariugo:20190421145954p:plain

秋田県人は山菜が好きすぎる

ですね。山菜シーズン真っ只中になってきました。秋田県の人々は山菜がなぜかめちゃくちゃ好きです。日常的に食卓に上がるため、若い人も食いまくります。

僕も好きです。というか、小学生のころから、家族と一緒に山菜採りをしまくっていました。じーさんは名人でしたし、親戚のおじさまも上手かったです。ワラビやゼンマイ、ミズ、タケノコ、タラノメなどなど。食卓には山菜が並びました。

んで、いつしか僕も単独で山に入るようになり、そのおかげで余計な知識がいろいろと付きました。高校時代にテストで赤点をとった時は、某教師にキノコを賄賂として贈呈して追試を免れるという最悪な闇取引を働いたこともありました(爆)。

そんなこともあって、山で遭難しても、食える植物とダメな植物の見分けくらいは楽勝でつく・・・はずです。

 

▼山菜採りはえげつない世界だ

小学生の頃から山菜採りとキノコ採りをやっていますが、当時の羽後町の山菜採りの人はマナーが最悪でした。

タラノメやコゴミを根こそぎ採る、他人の家の土地に勝手に入るなど、やりたい放題やっている奴がたくさんいました。というか、厳密に言えば山菜採り自体が、他人の土地に入って採っているケースがほとんどなので、かなりのグレーゾーンなんですけどね・・・(爆)

特に、マツタケマイタケなどのレアキノコ熾烈な争奪戦が展開されていました。まあ、マツタケやマイタケって採れるポイントをおさえれば見つかるので、実際はそんなにレアではないんですけどね・・・ でもブランド価値があり、食べたい人の需要があるのでレア扱いされているのです。ロレックスのデイトナのようなポジションのキノコですね。

んで、小学生のときにマイタケを採って籠に入れて下山していたら、麓から上ってきたくそじじいに「よこせ!」と恫喝されたこともあります(爆)。もちろん、僕が入っていた山はそいつの土地ではないのですが、子ども相手にえげつないことをする奴が、めちゃくちゃたくさんいました。

自然に親しむロハスな山菜&キノコ採りのはずなのに、羽後町の山で幾多の戦いを繰り広げて、大人、というか年寄りがクソな連中ばっかりだということを良く学びました。大人社会の嫌な面を見せつけられ、ろくな思い出がないのですが、それでも大量の収穫があると親が褒めてくれて、金をくれたり、漫画を買ってくれたので嬉しかったですね。

 

▼山菜をパクる悪い奴らが多い

羽後町のお隣、東由利で行われている黄桜すいプロジェクトの中の人が、このようにツイートしました。

何をいまさら・・・という感じでした。

というのも、これら、ぜんぶ我が家で経験済みなんですよね(爆)。

ゼンマイは外の日当たりの良い場所に干すので、しょっちゅうパクられていました。というか、田舎の家なんてカギもかけませんでしたし、近所の人が勝手に敷地に入ってきたりしていましたから、畑のものも盗られたりしていました。

 

▼大らかで寛容な精神も田舎の特徴

ただ、うちのじーさんはゼンマイをパクられても、また採ればいいやという感覚でした。今だとこういう行為がばれると、ツイッター公開処刑されるでしょう。しかし、一昔前まではこういった悪質な行為に対しても寛容といいますか、大らかな心で許す風土があったように思います。

それもある意味、田舎の特徴だと思います。

今はどうなっているか知らんですが、黄桜すいの中の人が書いているくらいですし、田舎の壮絶なマナーの無さやモラルの欠如は、相変わらずなんだなあと思います。僕は埼玉に住んで10年くらいですが、こんなこと、埼玉では一度も経験していないです。

田舎暮らしが注目されていますが、こうした田舎の風土が苦手と言う人は、田舎に住むべきではないと、強く念を押したいと思います。

 

YOSHIKI様のディナーショーチケット、転売屋価格18万円はむしろ安い

f:id:kagariugo:20190407003826p:plain


▼チケットの定価は安すぎる

X JAPANのYOSHIKI(年齢非公表)が19日、8月に開催される自らのディナーショーのチケットが高額転売されている現状に「何これ。。転売はやめましょう」と警鐘を鳴らした。

ディナーショーのチケットの定価は7万5600~8万6400円。一方、インターネット上の高額転売の取引額は18万円以上にのぼるものもある。ファンの声で現状を知ったYOSHIKIは自身のツイッターで「何これ。。転売はやめましょう」と反応。ファンに高額転売しないよう呼びかけた。

こう書いたら、“良識ある人”たちや、“YOSHIKIの真のファン(を自称する人)”から怒られるかもしれないけど、YOSHIKI様のディナーショーチケットが転売屋価格で18万円くらいなら、僕はぜんぜん安いと思います。

記事によれば、X JAPANの代表的な曲はもちろん、なんと未発表の新曲も聴ける。YOSHIKI様がプロデュースするワインも振る舞われる。それで定価は7万5600~8万6400円。あ~~~~ これは、はっきり言って定価が安すぎです。そりゃ転売屋出るよ。

 

▼オークション制の導入がもっとも有効だ

チケットの転売屋を壊滅させるには、最初からオークション制にするのが最も有効だと思います。これは「チケット転売肯定論」を提唱するlivehisさんが詳しく論じていますので、下記サイトは必見です。
おおむね僕も同感です。ライブによっては、最前列の真ん中と中途半端な席の端っこが同じ値段なこともあります。これはどう考えてもおかしいです。要は、適正価格ではない破格の値段で売っているから転売が発生するのであり、最初から公式が適正価格で売れば、転売屋をかなりやっつけられるのです。

そのためにはオークションがもっとも有効です。本当に行きたい人なら、良い席のために金を出します。確実に運営に入る金は大きくなりますし、転売屋に流れる金も確実に減るでしょう。

アンチ転売屋の人が言う意見は、「本当に好きなファンがチケットを買えない」というものです。オークションならすべて解決です。なぜなら、本当に好きな人は金を出すからです。そもそも「本当に好きなファン」という言葉が抽象的すぎます。ファンのレベルを客観的に図ることはできません。唯一図れる指標が、金をどれだけ出せるかだけだと思います。

 

▼転売屋から買うのはコスパがいい

僕はこう見えて意外と音楽やミュージカルが好きで、結構行っているのですが、コンサートはその場でしか体験できない極めて貴重な経験だと思います。しかし、現在のチケット購入は運任せによる部分も大きく、狙っている席がとれるとは限りません。

ゆえに、狙っている席があれば確実にとれる転売屋から買うのは相当にメリットがあり、何よりファンクラブに入るなどの手間や諸経費がかからず、コスパが格段にいいのです。

なお、X JAPAN は僕が音楽にはまるきっかけになったバンドであり、別格です。ライブはいろいろ行きまくっていますが、X JAPAN神聖すぎて、未だにライブに行っていません(爆)

 

ヤフオク裏ビジネス―実録!転売屋の見た豪快儲け話・壮絶大損話

ヤフオク裏ビジネス―実録!転売屋の見た豪快儲け話・壮絶大損話

 

KADOKAWAが秋田県でやろうとしていた町おこしプロジェクト、結局どうなったの?

f:id:kagariugo:20190418232933j:plain

↑ 秋田県の佐竹知事と、KADOKAWAのなんか偉そうな人が一緒に行った記者会見。手前には県庁をリストラされたスギッチと、けものフレンズ」でなんかやらかした大先生の代表作のぬいぐるみが置かれています。 画像:美の国あきたネットより引用

 

秋田県の明るい話を書いたら・・・

いつもこのブログでクソの極みな記事を書いているので、嫁にもっと明るくて楽しい話を書けと言われたので、せっかく秋田県の明るい話題を発掘しようとして、前回「秋田県は国指定重要無形民俗文化財が日本一多いんだぞ!」「凄いんだぞ!」という話を書いたら、そんなのじゃ秋田県の閉塞感は拭えないぞとでも言わんばかりに暗い話に引っ張ろうとする人が出てきて、萎えています。

あのさあ、秋田県に閉塞感が漂っているとよく言われるけど、それって何でもかんでもマイナスに捉えるから負のエネルギーが漂ってしまうんですよ。

雇用確保も、人口の増加も、賃金UPも、暗いことばっかり言っていたら一向に改善が望めないんだぜ。なんで秋田県の日本一である国指定重要無形民俗文化財の数を、前向きに捕えようとしないんでしょうか。マイナス思考にしか物事を捉えられない人は、永遠に何も変えることはできないと思います。

 

▼クール・リジョンって知ってる?

はあ。凄まじく微妙な気持ちになったので、じゃあ、秋田県のダメな話を書くことにします(爆)。まあ、これは秋田県だけじゃなく、いろんなところがダメな話なんですけど。

皆様、KADOKAWAってご存知ですか?

あ~~ けものフレンズ」でやらかした企業ですね。

その通りです。

f:id:kagariugo:20190418234505j:plain

↑ 世界中のフレンズを震撼させた、たつき監督のツイート。

 

そのKADOKAWA秋田県でやろうとしていたクール・リジョンというプロジェクト、知っていますか? え? 知らない?? 知らない人のためにリンク貼っておきますね。平成26年(2014)に発表され、秋田県KADOKAWAがタッグを組んで、地域おこしプロジェクトを行おうとしていたのです。

 

KADOKAWAの壮大な計画

佐竹知事も出席して結構大々的に記者会見が行われました。んで、様々なプロジェクトが計画されていました。以下、プレスリリースより抜粋します。

(1):「角川大映映画展」 2014 年 4 月 19 日(土)~6 月 15 日(日)の 58 日間、「秋田県立美術館」(県民ギャラリー)で開催。

(2) :地域 No.1「秋田魁新報」と地域密着型の連携企画を協議中 

(3) :「秋田大学」、「秋田県立大学」などと新しい形の実践型産学連携によるワークショップ 

(4) :秋田の銘菓とアニメのキャラクターがコラボレーションしたお土産プロジェクト 

(5) :「スーパー秋田美人選抜選挙 2014」(仮称) 

(6)KADOKAWA による“秋田のご当地本”を企画中 

(7)KADOKAWA による映像制作プロジェクト 

(8)KADOKAWA が秋田の観光振興をサポート

(9)KADOKAWA の絵本「いぶりがっこちゃん」で秋田を応援 

おそらく、県の方ではろくにアイディアを出さずに、KADOKAWAが一方的に提案してきて、県がそれに便乗したのだと思いますが、何はともあれ実施されていたらそこそこの話題になったと思います。

では、実態はどうなったのでしょうか。秋田県立美術館で(1)の「角川大映映画展」 は開催されましたが、それ以外はほとんど実施されずに自然消滅しました。(4)の秋田の銘菓とアニメのキャラクターがコラボレーションしたお土産プロジェクトは、何点か出たような出ていないような・・・記憶が曖昧です(汗)。

 

▼外部に丸投げではダメ

地方創生ブームが起こっているので、東京の業者が地方に売り込みをしまくっています。主に町おこしのプロジェクトの企画やコンサルなどです。んで、自治体も予算を消化したかったり、とりあえずなんかやっていることをPRしたいので、提案に便乗します。

最近では「動画を作ってYOU TUBEに掲載しましょうよ!」という提案が多いそうです。業者に丸投げすれば、それなりにかっこよい映像ができます。

ですが、この手の業者丸投げのプロモーションが、県民にとってプラスにならないのは明らかです。東京の業者に貴重な税金を流してしまいます。さらに、町の中にある豪華なハコモノは目立ちますが、動画はぜんぜん再生されなくても、ネット上なので目立ちません。ハコモノよりもタチが悪いといえます。

KADOKAWAのクール・リジョンもその類の提案といえます。この企画が消滅したのは、KADOKAWAも県の担当者もぜんぜんやる気がなかったから。これに尽きます。そして、県内の業者にもやり遂げるだけのスキルのある人が皆無だったのでしょう。

地方創生は東京の業者を肥えさせるためのものではありません。県民が、自分たちの街の方向性を考える機会なのです。また、黙っているだけでは地域の未来は何も変わりません。10年後、20年後、自分たちの街をどうしたいのか。県民一人一人が考える必要があるのです。